Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • エルドアン氏の鼻を明かしたイスタンブール市長、政治活動禁止令に直面

エルドアン氏の鼻を明かしたイスタンブール市長、政治活動禁止令に直面

エクレム・イマームオール氏は政治活動禁止令に直面している。(Shutterstock)
エクレム・イマームオール氏は政治活動禁止令に直面している。(Shutterstock)
Short Url:
21 Sep 2022 10:09:11 GMT9
21 Sep 2022 10:09:11 GMT9

アラブニュース

  • エクレム・イマームオール氏の運命は、トルコに司法の独立の兆しがあるかどうかという点から注視されている
  • イスタンブール市長は、エルドアン氏の対抗馬となる可能性がある野党指導者の中では、最も国際的に認知されている人物だ

イスタンブール:トルコのイスタンブールの人気市長は21日、2019年の市長選でレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領の側近に圧勝したことを発端とする裁判で、政界からの追放措置を阻止しようとした。

イスタンブールのエクレム・イマームオール市長の運命は、エルドアン氏が20年来のトルコ国内の支配を継続しようと苦闘することとなる大統領選挙・総選挙を9ヵ月後に控え、同国に司法の独立性の兆しがあるかどうかという点から注意深く見守られている。

52歳のイマームオール市長は、エルドアン氏の対抗馬となりうる野党指導者の中では、最も国際的に認知されている人物だ。

また、イマームオール氏は、トルコの強力な指導者であるエルドアン氏に対して、個人として最も激しい対抗意識を持っている。

AFPの記者は、極めて注目度の高い裁判から抗議者を遠ざけるための警備上の予防措置として、警察がイスタンブールの裁判所に通じる道路を金属製フェンスで封鎖しているのを目撃した。

イマームオール氏は、21日遅くか週末前までに、評決を聞くために裁判所に出頭する予定だった。

イマームオール氏は2019年3月の市長選で与党候補に僅差で勝利し、イスタンブール市長として自身のキャリアをスタートさせ、イスタンブールを第二の故郷と見なしていたエルドアン氏が選挙結果を認めなかったため、当選を無効とされた。

トルコの選挙管理当局は、イマームオール氏がすでに市長に就任した後、数十万票もの「不審な票」を発見したと報告した。

その後、同年6月にやり直し選挙を実施するという決定は世界的な非難を浴び、旧与党派の有権者も含めてイマームオール氏への支持を高めることになった。

やり直しで2回目となった選挙では、イマームオール氏が80万票以上の大差をつけて勝利した。

しかし、普段は物腰の柔らかい同氏が、2019年11月、与党への積年の恨みをぶちまけた。

その時、同氏は「3月31日の選挙を中止した連中は愚か者だ」と報道陣に語ったのだ。

エルドアン氏率いる政権与党はこの発言を受け、公務員を「侮辱した」として市長を提訴した。

検察はイマームオール氏に対し、政治活動の禁止と15ヵ月の禁固刑を求刑した。

これは、投獄されることがほとんどない、比較的軽い刑であった。

弁護人のケマル・ポラト氏によると、イマームオール氏は禁止令を受けたとしても直ちに控訴し、裁判が終わるまで市長職を続けるつもりだという。

「イマームオール氏は、控訴審が終わるまでは現職の市長にとどまることができる。辞任する必要はないだろう」とポラト氏は述べた。

トルコの西側同盟国は、2016年に失敗した軍部の反乱の余波で、エルドアン氏が裁判所の法廷に同盟者を大量に集め、ライバルを投獄するために利用したと非難している。

エルドアン氏はこのクーデター未遂に対して徹底的な粛清を行い、数千人が「テロ」などの罪で収監された。

人権団体の指導者や公務員から野党の政治家まで、その多くが親クルド派の主要政党に所属していたあらゆる人々が、トルコ社会の大部分に恐怖を植え付けるような集団裁判の結果、投獄された。

トルコがNATOの戦略的加盟国であり、世界の不安定な地域におけるイスラム教徒主体の民主主義国家であることから、これまでエルドアン氏は欧米との関係を維持することができた。

しかし、2019年の投票をめぐる騒動によって、イマームオール氏は世界的に知られる人物となり、その判決如何によって、来年の総選挙を前に外交的な利害が一致する可能性が出てきた。

今回の裁判は、トルコの分裂した野党が、来年6月の大統領選挙で、エルドアン氏の対抗馬として誰を擁立するかをめぐり、なお議論している最中に行われているものだ。

イマームオール氏とマンスール・ヤバス氏(2019年にアンカラ市長に選出)は、選挙での勝利により、より人気のある野党政治家の選択肢として浮上した。

世論調査では、イマームオール氏とヤバス氏はともに、第1回目の投票で50%の得票に達しなかった場合に行われる決選投票で、エルドアン氏に勝つとの結果が出ている。

イマームオール氏の事務所は、与党が「彼を次の選挙から排除しようとしている」と非難した。

イマームオール氏自身は、来年の選挙に出られないようにした法廷闘争に今後数ヵ月間、引き続き備えるようにも見える。

同氏は21日、主要野党CHPのケマル・キリクダログル党首の立候補を支持すると表明した。

「あなたは、今日は野党の中心的な指導者だが、明日には国を導く指導者になる」。イマームオール氏はキリクダログル氏にこう語った。

topics
特に人気
オススメ

return to top