Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イランでマフサ・アミニ氏抗議デモの弾圧、少なくとも92人が死亡:NGOイラン・ヒューマン・ライツ

イランでマフサ・アミニ氏抗議デモの弾圧、少なくとも92人が死亡:NGOイラン・ヒューマン・ライツ

この2週間、数千人のイラン国民が街頭に出て、マフサ・アミニ氏の死に抗議している。(ロイター)
この2週間、数千人のイラン国民が街頭に出て、マフサ・アミニ氏の死に抗議している。(ロイター)
2022年9月28日、デモ隊がスレイマニヤに集まり、テヘランでスカーフを不適切に着用したとして道徳警察に逮捕されたイラン人クルド人女性、マフサ・アミニ氏の殺害に抗議している。(AP)
2022年9月28日、デモ隊がスレイマニヤに集まり、テヘランでスカーフを不適切に着用したとして道徳警察に逮捕されたイラン人クルド人女性、マフサ・アミニ氏の殺害に抗議している。(AP)
Short Url:
03 Oct 2022 02:10:22 GMT9
03 Oct 2022 02:10:22 GMT9
  • イランの スィスターン・バルーチェスターン州で、15歳のバローチ族の少女が地元軍司令官にレイプされたとされ、抗議のデモが発生した
  • 世界的に非難の声が上がる中、イランの各都市の学生たちがマフサ・アミニ氏の死後の弾圧に抗議

サードゥッラ・アクタル

ノルウェーに本部を置くNGO「イラン・ヒューマン・ライツ(IHR)」は10月2日日曜日、道徳警察に逮捕されたマフサ・アミニ氏の死をきっかけに勃発した2週間の抗議デモに対するイランの弾圧により、全国で少なくとも92人が死亡したと発表した。

「国際社会は今回の犯罪を調査し、イスラム共和国によるさらなる犯罪を防ぐ義務がある」とIHRの共同創立者であるマフムード・アミリー・モグハダム氏は語った。

これまでの発表では、抗議デモで83人の死者が確認されたとのことであった。

一方、南東部スィスターン・バルーチェスターン州のザヘダン市では、先週発生した衝突により、少なくとも41人がイランの治安部隊によって殺害されたとNGO「イラン・ヒューマン・ライツ(IHR)」は伝えた。

IHRは、同じスィスターン・バルーチェスターン州の港町チャバハルの警察署長が、少数派のスンニ派バローチ族の15歳の少女をレイプしたという非難に対して、9月30日金曜日の礼拝後にザヘダン市で発生した抗議行動を治安部隊が「血をもって制圧」していると非難した。

また、IHRは地域NGO「バローチ・アクティビスト・キャンペーン(BAC)」が殺害された人々の身元を確認したと述べた。

イランによると、ザヘダン市で革命防衛隊の隊員5名が、公式メディアが「テロ事件」と表現する事件で殺害されたとのことである。

イラン革命防衛隊(IRGC)諜報局長が殺害される

IRGCのスィスターン・バルーチェスターン州諜報局長のアリ・ムサビ氏が、デモ隊との対立の中で銃撃された。

IRGCとつながりのあるタスニム通信は、ムサビ氏の死亡が病院で確認されたと報じた。

ムサビ氏の殺害は、スィスターン・バルーチェスターン州の独立および州の主要民族であるバローチ族の権利拡大のために戦っているという過激派組織ジャイシュ・アル・アドルが主張したものである。

ザヘダン市からの映像は、激しい銃撃の中、死傷したデモ参加者を運ぶ人々を映し出していた。

イスラム共和国通信(IRNA)は10月1日土曜日、死者を革命防衛隊の大佐であるハミドレザ・ハーシェミー氏、モハマド・アミン・アザーショー氏(革命防衛隊の隊員)、モハマド・アミン・アレフィ(IRGCの義勇軍であるバスィージ隊員)、サイード・ブルハン・リーギー(同・バスィージ隊員)であると発表した。

数週間に及ぶ抗議行動

この2週間、何千人ものイラン国民がマフサ・アミニ氏の死に抗議するために街頭に出ている。

デモ参加者は、イスラム共和国における女性に対する扱いやより広い範囲での弾圧に対する怒りをぶつけている。

1979年のイスラム革命以来、全国的なデモはイランを支配してきた聖職者階級の打倒を求める声に急速に発展していった。

デモには、隣国イラクとの国境沿いで活動する北西部のクルド人反対運動など、多様な民族の支持者が集まっている。

アミニ氏はイランのクルド人であり、抗議行動はクルディスタン地域で最初に発生した。

イラン国営テレビは、9月17日にデモが開始して以来、数十人のデモ参加者と警察が殺害されたと報じた。

AP通信が当局の公式声明を集計したところ、逮捕されたデモ参加者は1,500人以上となった。

9月30日金曜日、イランは、当局が敵対的な外国団体によるものだとしている抗議行動に関連する9人の外国人を、証拠を提供せずに逮捕したと発表した。

特にテヘラン以外では、デモの規模を見極めることは困難であった。

イランのメディアはデモを散発的に報じているに過ぎない。

海外に駐在するイラン人とその支援者が連帯して世界各都市に集結した。

彼らは「女性、命、自由」「独裁者に死を」と、アミニ氏の出身地であるクルディスタン州サッケズの街角で唱和した。

テヘラン大学近くのエンゲラーブ(革命)広場では、学生たちが逮捕された学生の釈放を求めてデモを行い、首都の幹線道路の交差点には機動隊が集結した。

警察はスローガンを唱えるデモ隊と激しく衝突し、そのうち数人を逮捕した。

オスロに本部を置くイランの人権団体が共有したビデオ映像には、第2の都市マシュハドや首都西部のカラジなど、他の都市での学生たちの抗議行動も映されている。

デモ隊が声をそろえて叫び、女性たちがヘッドスカーフを外しているのが確認された。

オークランドからニューヨーク、ソウルからチューリッヒまで、世界159都市で支援のためのデモが呼びかけられたと、「イラン・ヒューマン・ライツ(IHR)」のグループは述べた。

ローマでは、約1,000人の集会で、6人の女性が連帯して髪を切った。

イランの野党指導者ミール・ホセイン・ムーサヴィー氏は一方で、イラン軍に人々の生命と権利に対する義務を思い出させたと、海外に拠点を置く野党テレグラム・チャンネル「Kaleme」が報じた。

ムサビ氏が率いる「緑の運動」は、2009年のイラン大統領選挙の結果に異議を唱え、1979年のイスラム革命以来、前例のないレベルの騒動となったが、当局によって鎮圧された。

「あなたに与えられた能力は明らかに、人々を守るためのものであり、抑圧された人々を守るものではなく、権力者や迫害者に仕えるためのものではない」と同氏は語った。

(AFP、APとの共同取材)

特に人気
オススメ

return to top