Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • チュニジアの野党支持者ら数千人が、大統領に対し抗議

チュニジアの野党支持者ら数千人が、大統領に対し抗議

2022年10月15日土曜、チュニスでチュニジアのイスラム政党アンナハダの支持者らが、カイス・サイード大統領に抗議するデモ活動中に、プラカードや旗を持つ様子。(ロイター)
2022年10月15日土曜、チュニスでチュニジアのイスラム政党アンナハダの支持者らが、カイス・サイード大統領に抗議するデモ活動中に、プラカードや旗を持つ様子。(ロイター)
Short Url:
16 Oct 2022 02:10:19 GMT9
16 Oct 2022 02:10:19 GMT9
  • アンナハダと自由憲法党の支持者数千人が並行して集会を開催
  • 「チュニジアは血を流している。サイードは独裁者のなり損ないだ」と抗議者のヘンダ・ベン・アリー氏は言う

チュニス:2022年10月15日土曜、チュニジアの野党2党が、カイス・サイード大統領に対する過去最大規模の抗議集会を催し、燃料や食料不足に国民の怒りが高まる中で政治的権力を強化しようとする大統領の動きを糾弾した。

アンナハダと自由憲法党の支持者数千人が、首都チュニスの隣接したエリアで並行して集会を催し、サイード大統領の経済失策と反民主主義的クーデターを非難した。

「チュニジアは血を流している。サイードは独裁者のなり損ないだ。彼のせいで私たちは何年も遅れをとった。ゲームは終了だ。出て行け。」と抗議者のヘンダ・ベン・アリー氏は言った。サイード大統領は昨年、議会を閉鎖し、7月の国民投票で可決された新憲法で権限を拡大した後、大統領令による統治に移行したが、その措置はチュニジアを長年の危機から守るために必要だったと述べた。

2022年10月15日土曜に行われた1956年の仏軍撤退、チュニジアの独立を記念した演説で、サイード大統領は「独立を損ねようとする全ての者」に退去を要求したが、これは明らかに彼の政敵を意図したものであった。

サイード大統領の反対派は、彼の行動は独裁的指導者ザイン・アル・アビディン・ベン・アリを追放し「アラブの春」を引き起こした2011年の革命により保証された民主主義を危うくしていると述べた。

アンナハダと自由憲法党は長い間、敵対関係にあるが、現在は両党ともサイード大統領との戦いに重点を置いている。

一方、チュニジアの人々は国家財政の危機による長引く不景気と失業に加え、ガソリン、砂糖、牛乳などの補助物資が不足し、生活苦にあえいでいる。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top