Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • ギリシャとイスラエルの国防相、関係の重要性を強調

ギリシャとイスラエルの国防相、関係の重要性を強調

2022年1月20日、共同声明のため、沿岸都市テルアビブのイスラエル国防省を訪れ、握手するイスラエルのベニー・ガンツ国防相(右)とギリシャのニコス・パナジオトプロス国防相(左)。(AP)
2022年1月20日、共同声明のため、沿岸都市テルアビブのイスラエル国防省を訪れ、握手するイスラエルのベニー・ガンツ国防相(右)とギリシャのニコス・パナジオトプロス国防相(左)。(AP)
Short Url:
19 Nov 2022 08:11:26 GMT9
19 Nov 2022 08:11:26 GMT9
  • イスラエルとトルコはかつて地域における緊密な同盟国だったが、イスラエルのパレスチナ人に対する政策を露骨に批判するトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領の下で関係がますます緊迫してきた。
  • ギリシャは伝統的にイスラエルや中東のアラブ諸国と良好な関係を保っており、トルコとの緊張が高まる中、同盟関係の強化を模索している。

アテネ:イスラエルとギリシャの国防相は、ウクライナ戦争や地中海東部で続く緊張などの課題をあげ、世界や地域の脅威に対処するための強力な同盟関係を維持することの重要性を強調した。

イスラエルのベニー・ガンツ国防相は、ギリシャのニコラス・パナギオトプロス国防相とアテネで会談した後、「世界は変化している」と述べた。

「ウクライナ戦争の影響は国境を越えて広がっている。過激派による政治やテロリズムが、世界中の国々に影響を与えている」

彼は、イランの核開発計画とウクライナでのロシア軍によるイラン製無人機の使用を証拠としてあげ、イラン政権による侵略行為とされているものが「地域と世界に対する重大な脅威であり続けている」と述べた。

「今日、私たちが目にしている世界的な脅威は、将来的に発展・成長する問題の種に過ぎず、国家の安全保障、食糧供給、移民、エネルギー資源に影響を与えることは明らかだ」とガンツ氏は述べた。

先月、ガンツ氏はイスラエル国防当局のトップとして10年以上ぶりにアンカラを訪問し、トルコとの防衛関係再開の可能性を示唆した。

イスラエルとトルコはかつて地域における緊密な同盟国だったが、イスラエルのパレスチナ人に対する政策を露骨に批判するトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領の下で関係がますます緊迫してきた。

ギリシャは伝統的にイスラエルや中東のアラブ諸国と良好な関係を保っており、トルコとの緊張が高まる中、同盟関係の強化を模索している。

ガンツ氏はアテネで「グローバルな変化に直面している今、強く安定した同盟関係を確実にすることはわれわれの義務である」と述べ、地中海東部および中東地域の安定を確保することがギリシャとイスラエルの共通の利益となると付け加えた。

NATO加盟国であるギリシャとトルコは、数十年にわたり一連の問題で対立してきたが、近年、とくに東地中海の海洋境界線をめぐって関係が著しく悪化している。

エルドアン大統領を含むトルコの高官は、侵略の脅威を薄々感じている。

ギリシャのパナギオトプロス国防相は、とくにロシアのウクライナ侵攻を引き合いに出し「攻撃的な修正主義は、われわれの地域が直面する最大の課題であり、ルールに基づく国際秩序に深刻なリスクをもたらす」と述べている。

18日の会談で、パナギオトプロス氏は、ガンツ氏と「ギリシャとイスラエルの戦略的防衛パートナーシップを拡大するという共通の目標と願望」を再確認したと述べた。

両国は定期的に合同軍事演習や訓練を行っており、ギリシャは最近、イスラエルと共同で設立した新しい国際パイロット訓練センターの業務を開始した。

パナギオトプロス氏は、「われわれは、増大を続けるこの機運を維持し、さらに防衛産業における協力を充実させるつもりだ」と述べた。

AP

特に人気
オススメ

return to top