Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イランはフーシ派に殺傷兵器を供給している、とイエメンの指導者が非難

イランはフーシ派に殺傷兵器を供給している、とイエメンの指導者が非難

サヌアでフーシ派の戦闘員が装甲特殊車両の砲塔に配置されている。(資料写真/AFP)
サヌアでフーシ派の戦闘員が装甲特殊車両の砲塔に配置されている。(資料写真/AFP)
Short Url:
03 Feb 2023 05:02:31 GMT9
03 Feb 2023 05:02:31 GMT9
  • イエメン第3の都市タイズは過去8年間、フーシ派に包囲されている
  • フーシ派は、政府軍と抵抗勢力による激しい抵抗に遭い、タイズの支配に失敗した後、主要な出口を封鎖している

サイード・アル・バタティ

アル・ムッカラー:イエメン大統領指導者評議会議長は2日、イランは国際条約を破りイエメンの武装勢力フーシ派に殺傷兵器を供給していると非難した。

ラシャド・アル・アリミ氏はアデン市にいる軍当局者に対し、「イランは国連安保理決議やその他の国際条約に違反し、フーシ派に武器を供給し続けている」と述べた。イエメンの国営サバ通信が報じた。

フランス海軍が、イランがフーシ派に送った機関銃数千丁や対戦車ミサイルなどの兵器の積み荷を押収したという知らせを受け、同氏はイランを非難した。

イランはフーシ派に兵器や軍事専門知識、資金、メディア報道を提供することによって不安定化をあおっていると、イエメン政府は長年非難している。

2日にはまた、EU外交官の代表団がアデン訪問を終えたことを発表し、イエメン内戦の終結に向けた国連主導の和平努力を支持することを再確認し、国連が仲介した停戦をより恒久的な和平協定に変えるよう求めた。

EU外交官らはまた、イエメン政府に対し、制度改革を実行し、公共サービスを向上させ、経済的安定を回復するよう求めた。

「EU代表団は、欧州連合が国連イエメン特使の活動を断固として支持することを改めて表明した。停戦を延長・拡大し、停戦を公正で包括的な政治解決に変えようとする国連イエメン特使の努力に建設的に関与するよう繰り返し呼び掛けている」と同代表団は声明で発表した。

これとは別に、タイズ市郊外でここ3日間行われた戦闘で、イエメン政府軍兵士少なくとも2人とフーシ派(人数は未確定)が死亡した。イエメン軍当局者が2日、アラブニュースに伝えた。

アブドゥル・バシット・アル・バヘル氏によると、フーシ派はタイズ郊外のほぼ全域で、政府支配地域を標的にして砲撃したという。

過去24時間、フーシ派はタイズ郊外に軍隊を配備し、政府軍兵士がいる所に向けて爆発物を積んだ無人機や無人偵察機を発射した。近日中にさらなる攻撃を行うための準備だとみられている。

「敵は政府軍の防衛線を突破しようと必死になっている。政府軍は敵の攻撃を阻止し、多数の敵兵を死傷させた」とアル・バヘル氏は述べた。「フーシ派が最近攻撃したのは、ケラバ地区、防空施設周辺、そしてタイズの西と北西にある放棄された空港の近くだ」

イエメン第3の都市タイズは過去8年間、フーシ派に包囲されている。フーシ派は、政府軍と抵抗勢力による激しい抵抗に遭い、タイズの支配に失敗した後、主要な出口を封鎖している。

この包囲のせいで、命を支える物資や人道支援が現地に届いておらず、市民は危険なでこぼこ道を通って同市に出入りすることを余儀なくされている。

タイズの住民にとっては残念なことだが、国連が仲介した停戦が結ばれてもフーシ派は封鎖を緩和せず、民間人居住地域への無人機・迫撃砲・ミサイルを使った致死的攻撃をやめなかった。

昨年4月に発効した停戦は10月に破綻した。フーシ派は、停戦の延長やタイズに通じる道路の開放を拒否し、停戦を延長する前にイエメン政府が先にフーシ派支配地域の公務員に給与を支払い、石油収入を分配すべきだと主張した。

特に人気
オススメ

return to top