Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イランの強硬派は沈み行く船の支配権を握る

イランの強硬派は沈み行く船の支配権を握る

Short Url:
24 Feb 2020 11:02:56 GMT9
バリア・アラマディン
24 Feb 2020 11:02:56 GMT9

ひどく不正操作された選挙プロセスに参加するイラン人には気の毒なことに、国営メディアによると、290のマジレス議席のうち200が事実上すでに割り当てられていた。このように、強硬派の圧倒的な勝利はあらかじめ定められていた。マジレスへの新規参入者の多くは、その主な共通点が熱狂的過激派の世界観を持つ、軽薄で経験の浅い人物である。
これらは、16,000人の候補者の55%以上が監督者評議会によって先行して不適任となった選挙だった。現職の90人名のマジレス議員でさえ、公職に適さないと予告なく裁定された。当然のことながら、不適任となった者の90パーセントは比較的穏健派であり、テヘランのような地域でも改革派陣営は首尾一貫した候補者リストの作成に苦労していました。実際、改革派は首都で完全に一掃されたように思われ、国内の他の地域全体でも議席の約10%しか獲得していない。このような異様に不公平な手続きは、ほとんどのイラン人に投票をしないように悟らせた。アーヤトッラー・アリー・ハーメネイーは投票を「宗教的かつ愛国的な義務」であると要求したにもかかわらず、テヘランで20%と、投票率は歴史的な低さに落ち込んだ。軍隊の司令官モハマッド・バーゲリーは、「テロリストのアメリカ政権の敵意と​​悪の中枢」に対抗するために最大の投票率を要求した。現在の緊迫した地域情勢と、米国の制裁が強化されている中で、ハーメネイーは間違いなく対立の最前線に立ち政権を再生している。イラン大統領選挙後の翌年、一元的に過激化した政権の土台を整えました。しかし、非武装勢力の声をすべて消すことで、政権が市民に提供する唯一の選択肢は、大衆動員と革命である。絶え間ない暴動への冷酷な抑圧は、すでに数百人の命を奪った。

イランは、基本財の高騰と合わせて、生活水準の著しい低下を経験している。 2019年だけで、経済は9.5%縮小したが、インフレは40%と推定された。この政権は、毎年数十億ドルに達する、海外テロと準軍事作戦のバンクロールでの意味のある削減を検討する前に、市民が飢えるのを見るのを選ぶようだ。実際、現在の予算案で引用されている財務データは、延々と続く政権の財政の悲惨な状態から完全に切り離されていると広くみなされている。腐敗した、無能な指導者に対する蔓延した国民の幻滅は、最近、自国の市民で満員の民間航空機の撃墜を隠蔽しようとした政権により悪化した。政権はまた、すでに複数の死を引き起こしているコロナウイルスの大規模な発生を隠そうと努め、イランは急速に中国国外における流行の最も重大な媒介者となった。イランの偏執的な政治文化は、パンデミックに対する国際協力をとりわけ困難にしている。レバノンでは、イラクとイラン間の巡礼訪問が停止されたにもかかわらず、ゴムから帰国した女性のコロナウイルス感染の最初の報告後、ヒズボラがイランからのフライトのキャンセルを妨害したことに対し、反感があった。

改革派をまやかしとして8年間利用した後、ハーメネイーは政権をその原理主義的な初期値にリセットすることを決意したようだ。

バリア・アラムディン

急進的な政権による、より積極的な海外政策は、強硬派が抗議者に対するより積極的な弾圧を求めて闘うレバノンとイラクにとって悲惨なものになり得る。アリ・ラーリージャーニーのベイルート訪問(ヒズボラが仲介した政府設立以来の最初の重要な政治訪問)は、イランの「抵抗の枢軸」内にレバノンの位置を固めようとした。ラーリージャーニーの訪問は、テヘランの貧しい政権がベイルートの破産を食い止めるのを助けるという滑稽な保証と、欧米とアラブの資金と支援を追い払おうとする意図的な試みを象徴している。

特にドナルド・トランプが2020年のアメリカ大統領選挙後も権力を握っている場合、政権と国民の両方が、制裁と国際的孤立の重荷を免れるために、これまで以上に必死な対策を予期している。第三者には、テヘランが地域の政策を変更しようという血迷った試みで、地域の戦争を故意に引き起こすかもしれないと心配する者もいる。いくつかの非情な政権の理論家は、ルホッラー・ホメイニーの独裁が、イラン人を旗の後ろに団結させ、手に負えない、失業した若い世代の男性を兵士として前線に派遣し虐殺したサダム・​​フセインのイラクに対する血まみれの戦争に乗り出すことによってのみ勝ったと主張する。

2005年のマフムード・アフマディネジャードの選挙での勝利は、2004年のマジレス選挙で州が監督する穏健派の追放の直後に続いた。これは、私たちが目撃したプロセスに非常に似ている。アフマディネジャードの好戦的な政権は、イラクや他の州で反乱とテロの運動を主導し、同時に外交政策と核ファイルに対して非常に挑発的なアプローチをとり、2006年、ヒズボラをイスラエルとの破滅的な紛争に追い込んだ。モハンマド・ジャヴァード・ザリーフやハッサン・ルーハニのような改革派をまやかしとして8年間利用した後、ハーメネイーは政権を原理主義的な初期値にリセットすることを決心したようだ。

イランの急進派は、長い間、欧米との関与のあらゆる試みを妨害しながら、改革派の愚直さと弱さを国の経済的苦難のせいにしてきた。しかし、これらの過激派が政権のすべての主要な権力の中心を支配すると、責任は間違いなく彼らと一緒に停止する。この政権の醜い、気の狂った面を間違えることはない。

過去数年にわたり、イランによる挑発には継続的なパターンがある。湾岸海運、石油施設、軍事ターゲット、外交敷地への攻撃だ。ガーセム・ソレイマーニーのような経験豊富な司令官は、最後の最後に緊張を和らげるためだけに、この地域を何度も瀬戸際に追い込んだ。洗脳された、志を同じくする過激派によって支配され改造された体制の下では、抑制の声はない。

イスラエルと米国との直接の対立は明らかに壊滅的であろうが、火を吐く過激派は簡単に彼ら自身のレトリックとハイリスクの自尊心に捕らわれる可能性がある。すでに緊張した環境下では、ネアンデルタール人の強硬派が権力のレバーをすべて保持する体制は、地域が戦争に真っ向から突入するのを抑えることができないかもしれない。

イラン人自身にとって、この茶番の投票は民主主義と説明責任のすべての見せかけを放棄した。国内の幻滅は日ごとに悪化しており、これらの選挙の急進的な結果は、おそらく根本的に異なる方向に動いている政権とその市民の間の離別の瞬間を表している。

  • バリア・アラムディンは、中東および英国の受賞歴のあるジャーナリストおよびアナウンサーである。彼女はメディアサービスシンジケートの編集者であり、多数の国家元首へのインタビュー経験がある。
特に人気
オススメ

return to top