Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビア、リヤドG20 の開幕で外交手腕を発揮

サウジアラビア、リヤドG20 の開幕で外交手腕を発揮

26 Feb 2020
欧州中央銀行総裁のクリスティーヌ・ラガルド、リヤドのG20 財務大臣・中央銀行総裁会議中にムラバ宮殿での歓迎ディナーに到着。 (ロイター)
欧州中央銀行総裁のクリスティーヌ・ラガルド、リヤドのG20 財務大臣・中央銀行総裁会議中にムラバ宮殿での歓迎ディナーに到着。 (ロイター)
Short Url:

フランク・ケーン

サウジG20議長国の当局者の1人がコメントしたように、それは「始まりの終わり」であった。彼は、代表者とメディアが2日間の財務大臣・中央銀行総裁会議(FMCBG)が終わってリヤドのリッツカールトンを離れるときにこう話していたのである。FMCBGは、世界の首脳の完全な首脳会談に備えて、11月にイベントの公式サイドを正式に開始している。

それは、困難な状況でのかなり印象的なスタートであった。コロナウィルスの発生のために、世界第2位の経済大国である中国からの正式な代表団はなかったが、中国の見解は、より非公式なルートを通じて示された。

参加者の多くが、世界経済とその中での中国の役割に関する専門家の見解を携えて、土曜日に財務担当者が共に出席する前に数日間サウジアラビアの首都に滞在し、FMCBGが正式に開始される前に開催された国際金融協会の会議に出席した。

G20の財務トラックは「世界経済の安定的かつ持続可能な成長の調整を目的とした主要な国際経済に関する議論」のための初期フォーラムを提供することを目指している。それは、非公式に可能な限り首脳会談の前に大きい金融ショックがないことを確認しようとしている。

G20は金融フォーラムとして始まり、その役割は2009年と2010年に強化された。その各年に、組織は世界的な金融危機の最中に2回のサミットを開催した。G20では、大統領、首相および国家元首が到来する前に、財務上の優先事項を整えることを好んでいる。

リヤドでその議題のトップに上がったのは、国際課税の問題であった。公式のFMCBGの前に、税務専門家によるハイレベルシンポジウムがあり、課税の透明性、脱税および既存の貿易緊張を悪化させかねない一方的な「デジタル課税」の脅威における主要な問題を確認した。

これらの問題および世界経済の見通し、より大きな金融包摂の必要性、特に新興国向けの新しい借入枠組みといったその他の重要な問題のみならず、金利設定メカニズムとしてのロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の今後の廃止などのより難解な金融問題が詳細に議論された。

しかし、すべての閣僚級会議が非公開で行われたため、FMCBGの成功やその他の事実に関する公的証拠は、その討議の最後に提供された公式のコミュニケであり、実際に、通知通り文書は定刻に準備された。

G20のコミュニケ、特に首脳会談の最後の最終コミュニケは、常に妥協の産物である。 20以上の視点があるため、すべての参加者を完全に満足させる合意を作成することは不可能であろう。リヤドのFMCBGコミュニケは、基本的な統一の表現にある明確な相違を調整するのに必要な外交手腕の良い例である。

リヤド金融会議後の一般的なコンセンサスは、サウジ議長国が好スタートを切ったということであった。

フランク・ケーン

文書の作成中に、世界経済の見通しに関する計算に影響するとみられる要因として気候変動に注ぐべき注目度について、大臣と当局者の間で深刻な意見の相違があったことが報告されている。

最終的に、コミュニケは、この問題を慎重に取り扱った。それは、一般論として環境を世界的な景観を変化させる要因として言及し、「私たちの共同作業は、持続可能な発展と成長を促すために努力しなければならない」と断言した。しかし、気候変動は、世界経済の安定を脅かしかねないリスク要因として特に触れられなかった。 

一方、コミュニケの下部には、G20の金融安定委員会が「気候変動の影響」を検討しているという効果に対する短い文章があった。初めてこの文章がG20コミュニケで使用されたのである。すべての関係者は、あまりにも多くを提供したと感じることなく、満足してコミュニケに署名することができた。

これらの外交手腕は、11月の首脳会談で再び必要とされるだろう。しかし、リヤド金融会議後の一般的なコンセンサスは、サウジ議長国が好スタートを切ったということであった。

  • フランク・ケーンは、ドバイを拠点とする受賞歴のあるビジネスジャーナリストである。 Twitter: @frankkanedubai
topics
Most Popular
Recommended

return to top