Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 世界はアメリカのバズーカが標的を捉えることを望む

世界はアメリカのバズーカが標的を捉えることを望む

23 Mar 2020
リンジーグラハム上院議員は、ワシントンDCのキャピトルヒルで開催される上院GOPランチミーティングの前に記者たちと会談し、米国の新型コロナウイルス刺激策の法案が月曜日までに通過することを望んでいると述べた。 2020年3月20日(Drew Angerer/Getty Images/AFP)
リンジーグラハム上院議員は、ワシントンDCのキャピトルヒルで開催される上院GOPランチミーティングの前に記者たちと会談し、米国の新型コロナウイルス刺激策の法案が月曜日までに通過することを望んでいると述べた。 2020年3月20日(Drew Angerer/Getty Images/AFP)
Short Url:

米国は、新型コロナウイルスの発生による経済および財政的影響の封じ込めのため、史上最大の「バズーカ」の発射準備を整えている。中東を含む世界の他の地域では、この米国の対策が、さらなる市場の暴落を防ぐための標的を捉え、十分に強力であることに期待するしかない。

議会は、過去のこのような対策が小さく見えるほどの、2兆ドルの景気刺激策への承認を求められている。これは、2009年の世界的な金融危機で費やした額の2倍であり、世界最大の経済のGDP10%に相当する。

刺激策には、この2週間での資産価値の大幅な下落により倒産の恐れがある銀行、企業、中小企業に対する数千億ドル相当の金融支援が含まれる。またこれには、米国の世帯が今後数週間を確実に乗り切り、消費者ベースの米国経済を救うために、大規模の個人小切手の給付も含まれる、

とドナルド・トランプ大統領は発言した。

いわゆる「ヘリコプターマネー」と呼ばれるこの案は、ウイルスの影響を受けた香港のような一部経済を好転させている。しかし、これは米国にとっては斬新な取組みであり、連邦当局による経済への大きな介入には従来通り懐疑的な目が向けられている。現在検討されているのは、悪化する健康状態の深刻度の基準である。

中東を含む他の国々は、コロナウイルスの緊急事態に対抗するための刺激策をすでに導入している。先週末、サウジアラビアは、経済を支援するための120億サウジアラビア・リヤルの多くの対策を発表しました。これは、石油収入減少の影響にも対処しています。 UAEも、実質的な刺激策を導入した。

あらゆる専門家は、2020年に世界経済が景気後退期に入るとすでに予測している。しかしながらそれが、どれほど継続するか、そして全般的な経済不況を引き起こすかどうかは、今後の米国の刺激策に対する金融市場の反応に大きく左右されるだろう。

フランク・ケイン

しかし、米国は大国である。今後数か月間、世界経済の未来が託されている。バズーカがその狙いをはずすと、トランプ大統領の任期のほぼすべての利益を一掃したこの数週間の大きな株式市場の損失がさら深刻化し、世界の債務市場と金融システム全般を大きく圧迫する可能性がある。

あらゆる専門家は、2020年に世界経済が景気後退期に入るとすでに予測している。しかしながらそれが、どれほど継続するか、そして全般的な経済不況を引き起こすかどうかは、今後の米国の刺激策に対する金融市場の反応に大きく左右されるだろう。

こうした背景に反して、日曜日の地域株式市場での相対的に小さな損失は微々たるものであった。リヤド、アブダビ、ドバイの指数はすべて損失を示したが、それは必ずしもサウジアラビアとUAEによって導入された刺激策に関する投資家の評決ではない。

コロナウイルスの危機は、OPECプラスの石油協定の期限切れ、世界的な原油価格の半減、およびその結果としての地域の石油輸出国の収益の減少とともに、この地域で同時に発生した。リヤドが刺激策に最終調整を加えていたとしても、いくつかのプロジェクトへの政府の支出を管理および削減する必要性について、王国の財務大臣が国際的なメディアに語ったことは重要である。サウジアラビアの「ヘリコプターマネー」についての言及はまだない。

国際石油市場での孤立がいつまで続くのか、誰にもわからない。一方で、米国民は一般的には自由経済と考えられている市場での、供給の安定化と規制の必要性について珍しく不平をもらしている。

その一方で、サウジアラビアは、価値の高いエネルギー製品で市場シェアを獲得するための長期的な活動の準備が整っているようである。世界的な経済情勢の回復から大きな恩恵を受けることができるだろう。

現在の暗闇の中では、かなり先の話に思えるかもしれないが、労働者と消費者が仕事や支出のために再び家を出られるようになった時にそれが始まるだろう。

米国の政策立案者にとっての金融と医療における課題は、我々全員がその回復を実感するまで十分持ちこたえられることを保証するために、今重要な措置をとらなければならないことである。バズーカが装填され、照準が合わせられる。月曜日に米国金融市場の取引が開始されたとき、その狙いが的中したのかを知ることになるだろう。

フランク・ケインは、ドバイを拠点とする受賞歴のあるビジネスジャーナリストである。 Twitter@frankkanedubai

Most Popular
Recommended

return to top