Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 併合の圧力と競合するナラティブ

併合の圧力と競合するナラティブ

04 Jul 2020
2020年7月1日、ガザ市で、占領下の西岸の一部をイスラエルが併合する計画に反対するパレスチナ人のデモが行われた。(AP提供写真)
2020年7月1日、ガザ市で、占領下の西岸の一部をイスラエルが併合する計画に反対するパレスチナ人のデモが行われた。(AP提供写真)
Short Url:
04 Jul 2020

ダウド・クタブ

イスラエルとパレスチナの間の紛争は、しばしば競合するナラティブの犠牲者だが、しばしばより成功したナラティブが正しいものではないことがある。例えば、イスラエルがパレスチナの占領地の約30%を一方的に併合しようとしたことを例に挙げてみよう。

イスラエルの一般的なナラティブは、最初は筋が通っているように見えるかもしれないが、それは完全に間違っている。ベンジャミン・ネタニヤフ首相は、パレスチナ人が平和を望んでおらず、あらゆる口説き文句を拒否していることを世界に納得させようとしており、イスラエルによって取られた行動は、単にイスラエルやその安全保障・宗教上のニーズを侵害するだけではなく、彼らに何らかの祖国を与えるであろうオリーブの枝を受け入れることを「強制」することを目的としている。

占領下にある人々は、「善意の」占領者の撤退と引き換えに、妥協したり、土地の一部の返還を受け入れたりする義務はない。

誰もクウェート人に、「イラクの19番目の州だから 」という理由で、サダム・フセインが自分たちの国の一部にしがみつくことに同意するかどうかを尋ねたことはない。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ロシア語を話す人々がいるという理由だけで、併合されたクリミアとウクライナ東部の一部を保持することを許されることはなかった。アルゼンチンがフォークランド諸島を占領しようとした際、交渉の余地はなく、イギリス艦隊の総力に直面することになった。

第二次世界大戦後、国際社会は、強国が隣国から土地を奪おうとする試みを容認しないことで合意した。この原則は、1967 年に全会一致で採択された国連安全保障理事会決議 242の前文で、戦争によって土地を取得することは許されないと明記されている。

1967年6月にイスラエルの占領者が攻撃的な戦争をした結果、「賞金」を受け取る権利がないという事実にもかかわらず、パレスチナ人は、小規模な土地交換が可能な合意の一部であるにもかかわらず、併合の概念を受け入れたのである。

パレスチナ解放機構のリーダーであるヤセル・アラファトは、広さと種類が同じであることを条件に、相互に合意された土地交換の概念に合意した。

ネタニヤフは、どの土地を保持するかを恣意的かつ一方的に選択したいと考えている。米国の大統領がパレスチナとイスラエルの紛争解決のためのビジョンを一方的に提案したという事実もまた、公平で相互に合意された土地交換のアイデアをあざ笑っているかのようだ。

イスラエルのナラティブに反して、パレスチナ人は和平交渉を終わらせたわけではない。ジョン・ケリー元米国務長官は、2014年の米上院での証言の中で、このことをはっきりと明らかにした。

パレスチナ人が和平を望んでいない、あるいは交渉の準備ができていないからではなく、イスラエル人が参加を拒否したために、多くの国、特に最近ではロシアが対面和平交渉を開催しようとした努力は、ここ数年で2度も失敗している。

もう一つの誤った主張は、イスラエルは最終的にイスラエルに近いパレスチナの人口の多い入植地を維持すると見られているため、その土地を併合することは、和平の可能性を損なうことにはならないという主張だ。再びだが、このナラティブは、それが一方的な仮定であるために崩壊する。それは、最新のパレスチナの平和の申し出が示唆しているように、「わずかな国境調整」を受け入れることが一つ。パレスチナの土地を予め一方的に占領することで和平会談で先手を取るのがもう一つである。

「あなたの土地は私のものである」と、(それが何らかの形で、神の権利であるため)「あなたの土地に残ったものは全て交渉可能である」という考えは、相互に合意された和平合意よりも、戦争で勝利した側からの命令のように感じられる。

イスラエル人の中には、パレスチナ人は負けたのだから、勝利したイスラエル人が決めることは何でも受け入れなければならない、という理論を確かに支持している人もいる。この考えはしかし、想像上のパレスチナ人の降伏に基づいており、無益である。パレスチナ人は、彼らの権利や土地を降伏させていないし、そうするつもりはない。そして、占領はあまりにも長い間続いているが、それは常に一時的なものであり、恒久的なものではないと理解されてきた。

併合は、広範囲であろうと限定的であろうと、国連安全保障理事会で「許されない」とされている占領を正当化しようとするものだ。世界が「権利は力なり」であり、「力は力なり」ではないと信じている限り、世界のどの国もそれを受け入れるべきではない。

この現実から目をそらそうとして、イスラエル人は、反論をしたり、別の問題を提起したりすることで、告発や難しい問題から注意をそらそうとする「whataboutism」の習性を身につけている。

パレスチナ人は、自分たちの権利や土地を手放していないし、これからも手放すことはない。

ダウド・クタブ

彼らは、国際的に宣言されたパレスチナの領土を「紛争地域」と呼ぶことで、占領されたものとしての地位を否定しようとしている。彼らは、パレスチナには決してパレスチナ国家が存在しなかったと主張して、パレスチナ人の正当な国権を否定しようとしている。パレスチナ人が自分たちの土地で自決する権利を受け入れる代わりに、「ヨルダンはパレスチナだ」とか、「パレスチナ人はジェファソニアン民主主義を実践していないから国家に値しない」というような愚かな考えを押し付けている。

パレスチナ・イスラエル紛争を終わらせる方法は、パレスチナ人の人間性と正当な権利を認めることだ。これは、パレスチナ人が参加しなかった偏ったアメリカとイスラエルのビジョンではなく、「許されない」占領を終わらせ、署名されたパレスチナ・イスラエル宣言の一部であった最終的な協議に復帰することで合意することから始めることができる。

  • ダウド・クタブはプリンストン大学の元教授であり、ラマラのアルクード大学の現代メディア研究所の創設者であり、元所長でもある。 Twitter: @daoudkuttab
topics
Most Popular
Recommended

return to top