Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • シェイク・サバ首長の死が、埋めるのに困難な隔たりを残す理由

シェイク・サバ首長の死が、埋めるのに困難な隔たりを残す理由

Short Url:
08 Oct 2020 08:10:53 GMT9
08 Oct 2020 08:10:53 GMT9

イギリスの女王、エリザベス2世がクウェートの首長であるシェイク・サバ・アル・アフマド・アル・サバ氏の死を悼むメッセージを発表し、生涯にわたるクウェートへの献身、2012年のイギリス訪問、「国家間における理解、互いの信義における理解」への献身を回想し、イギリスの喪失感を表した。今年2度目の湾岸諸国訪問となるチャールズ皇太子は今週、大切な友人を追悼するためにクウェートを訪問した。皇太子は、スルタン・カブース氏の死去に伴い1月にオマーンを訪問していた。

オマーンと同様、イギリスとクウェートの関係は深い。1899年に友好条約が調印され、その上に外交、通商、安全保障上のつながりが構築されてきた。これらのつながりは長年にわたって続いている。シェイク・サバ氏は外相として、また首長としての長い在任期間の間に、両国のつながりを築いてきた。これらのつながりが象徴的なものではなかったことは、1990年にサダム・フセインがクウェートを侵攻し、それに対し、他の同盟国と共にイギリスが激しい対応により果たした役割によって明らかになった。元イギリス領事の未亡人で、デームの称号を持つヴァイオレット・ディクソン夫人のクウェートへの献身は、危機の中、93歳でクウェート市の自宅から意に反して避難することを余儀なくされるほどだった。ディクソン夫人の話は両国の友情の象徴となった。

私はイギリスの中東担当次官として、2011年にクウェートの独立50周年だけでなく、クウェート解放20周年を記念する式典に光栄にも出席した。翌年、シェイク・サバ氏がイギリスを訪問し、イギリスとクウェートの共同運営グループ(UK-Kuwait Joint Steering Group)が発足した。このフォーラムは、私が友人のハレド・ジャララー(Khaled Jarallah)外務副大臣と定期的に議長を務めるもので、二国間および地域の現代的な問題に関する互いの立場についての理解をさらに深めた。

下級の外交使節だった私は、国家元首と一緒に過ごした時間はほんの一瞬だったので、序列的な世界で自分より下の人物に思いやりと尊敬を持って接してくれた人たちのことを覚えている。シェイク・サバ氏もその1人だった。私たちが共にした昼食のことは忘れられない。私たちと目の前にある18枚の小皿に盛られたメッゼを食べながら、サバ氏は馬や鷹狩り、女王とその長い治世など、さまざまなことについて私に話しかけてくれた。

こういった短い回想は偶発的なものではない。中東のように分断され複雑化した地域では、指導者の人格が国家や出来事を形作る。そして、個人の指導力が政策の方向性を決定する上で大きな意味を持つ社会では、指導者の人格はさらに大きな意味を持つ。外交への献身、調停者としての意欲的な行動、そして最も難解な紛争の中でも関係者を和解させようとする姿勢で、シェイク・サバ氏が獲得した評判は、他の人のほうがはるかによく知っているが、私が光栄にも垣間見ることができた同氏の人格と切り離すことはできない。

サバ氏が外相を務めた長い期間には、湾岸・アラブの結束を求め、それを維持する決意が表れている。サバ氏は1981年の湾岸協力会議(GCC)の設立でも重要な役割を果たした。サバ氏の決意はいつも試されていたが、サバ氏は生涯その決意を貫いた。GCCの現在の困難な状況の中で、イギリスを含む他の国々は、リスクが高く、地域に悪意を持つ外部の人々が未解決のままの状況から最も多くの利益を得る立場にあることを知りながら、相違点をどのように解決するかについての指針をクウェートに求めた。

個人的に長い記憶がある中東で、特に印象的で注目すべきなのは、2018年の初めにイラクのための会議を開催し、紛争と反乱で荒廃した国の再建のための資金を確保するために数十か国を集めたのがクウェートだったことだ。

サバ氏が外相を務めた長い期間には、湾岸・アラブの結束を求め、それを維持する決意が表れている。

アリステア・バート(Alistair Burt)

クウェート自身の数十億ドルの支援が、他国の誓約を確実なものにした。自国が占領された記憶が新しい中、イラク国民を支援するために各国を結集したシェイク・サバ氏が示した模範となる行動を見過ごしてはならない。

復興・再建とは、物質的なものを超え、紛争の惨禍を乗り越えて共に立ち上がる人々の関係性の核心にまで迫るものだ。

クウェートの人々の個人的な喪失感は別として、それを超えた人々は嘆くだけでなく、湾岸でのサバ氏の役割を誰が担うのか疑問に思うのだろうか。尊敬され、知識に長けた2人の指導者が12か月足らずで亡くなった。彼らはその気質により、長い人生の中で認識を超えて変化した地域の熱を冷ます方法を見つけることができた。彼らを失ったことで、埋めるのに困難な隔たりを残すことになった。悲嘆に暮れている人たちの中に、このような取り組みを継続し、繁栄させるための適切な人材やプロセスを見つけることが、ふさわしい遺産になるという認識があることを切に願う。

  • アリステア・バート氏はイギリスの元議会議員で、2010年から2013年までは政務次官として、2017年から2019年までは中東担当閣外大臣として、2度にわたって外務・英連邦省の行政官の職を務めた経験を持つ。Twitter @AlistairBurtUK
特に人気
オススメ

return to top