Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イラクの民兵による暴力が向かわせる危険な道

イラクの民兵による暴力が向かわせる危険な道

2020年10月17日に、イラクのバグダッドで親イラン派民兵とその支持者による抗議デモ中にクルド民主党の本部が燃える(APフォト)
2020年10月17日に、イラクのバグダッドで親イラン派民兵とその支持者による抗議デモ中にクルド民主党の本部が燃える(APフォト)
Short Url:
28 Oct 2020 12:10:42 GMT9
28 Oct 2020 12:10:42 GMT9

バグダッドからバスラまでイラク全土を席巻した昨年の民衆デモから今月で一周年を迎えた。若者が主体となったこのデモは、抜本的な政治改革、特にガバナンスの透明性と説明責任を要求していた。

デモ参加者はイラク人民動員部隊(PMU)の民兵に容赦なく狙われ、600人が死亡、2万6000人が負傷した。2019年11月のアヤトラ・アリー・シスターニの批判により、アーディル・アブドルマフディ首相の政権は崩壊した。

パンデミックによる落ち着きの後、現在デモ隊はバグダッドに戻り、10月1日には昨年の死者の肖像画を掲げて抗議活動を再開した。現在デモ隊は、ムスタファ・アル・カディミ新首相の支持を得ている。新首相は、国民の団結と若者による犠牲を祈念する博物館、劇場、図書館の設置と、抗議活動で亡くなった人々の記念碑を設置することを約束した。

イラクが直面している大きな問題は、PMUの一部である、様々なシーア派民兵の活動に関連している。PMUは現在、政府を支持する「穏健派」と、様々なターゲットに対して暴力を振るう「過激派」に分かれている。困難な国家状況に抗議するシーア派の若者、身代金や殺人のために誘拐されたスンニ派、クルド人の政党、そしてとりわけ米国の外交および軍事目標など、様々なターゲットに対して暴力を振るっている。

国の復興に対するこの脅威は、普段は寡黙なアル・シスターニの介入を促した。先月、彼はイラク政府に対し、排他的な支配圏を主張する「特定のグループがイラクを分裂させる」ことを止めるように呼びかけた。これは民兵の行動に対する明らかな攻撃であった。シスターニはまた、違法な武器の没収、汚職に対する処罰、そして被害を受けた人々の正義を守るための治安サービスの強化を要求した。 

国の宗教的最高権威からのこの厳しい警告の数日以内に、米国は独自の厳しい警告を発した。バルハム・サリー大統領はイラクの政治家を招集し、マイク・ポンペオ米国務長官は、米国の施設への攻撃が終わらない限り、ワシントンはバグダッドの大使館を閉鎖し、関係する民兵を攻撃すると警告したと述べた。 ホーシュヤール・ゼバリ外相は、イラクが「この殺戮を止め、責任を持って行動する」ことができるように、「武装民兵がもたらす課題」に立ち向かうようイラクの政治家に呼びかけた。

ここにきて、PMU間の分裂が明らかになってきた。PMUのファリフ・アル・ファヤド代表は、すべての攻撃を非難し、組織は国軍の下にある合法的な治安部隊であると断言した。氏はファター派のトップ、ハディ・アル・アミリ氏の支持を受けており、最近の米英施設への攻撃を批判し、すべての外国公館の保護を要求した。PMUに所属していた4つの民兵組織が離脱し、国軍への参加を求めている。国境の外では、イランのジャヴァド・ザリフ外相がアル・シスターニ氏の発言を称賛し、外務省は英国の護衛艦への攻撃を非難した。

しかし、過激派民兵は動じない。アサイブ・アフル・ハックのスポークスマンは、米国大使館への攻撃を正当化し、建物は「占領軍の軍事基地」であると述べた。9月末までに新たに、バグダッド空港の米国施設 – これは結果的に誤って近くの家を攻撃したが – アルビールの米軍、そしてテヘランがテロリストと表現しているイランのクルド人が保持する陣地への攻撃などがあった。

外国の標的以外にも、過激派の怒りは国内の敵にも向けられている。10月17日には、クルド人であるゼバリ外相の、首都の公共および外交的なグリーンゾーンを「民兵とPMUの存在から浄化する」という呼びかけに応じて、PMUのメンバーがクルド民主党(KDP)のバグダッド本部を燃やした。

その2日後には、スンニ派が多数派のサラフッディーン州から、おそらくほとんどがアサイブ・アフル・ハックのメンバーと見られる12名が誘拐され、殺害されたとの報告があった。これにより、10年前に国を混乱に陥れた派閥間抗争の再燃が懸念されている。同州の国会議員は共同で、PMUと政治的組織につながるすべての過激派を排除するよう要求している。

10年前に国を混乱に陥れた派閥間抗争の再燃が懸念されている。

タルミズ・アフマド

これは大変なことのようだ。アル・カディミ首相は、元内務大臣を国家安全保障顧問に、元国防大臣をインテリジェンス活動の責任者に任命し、治安サービスを揺さぶった。また、シーア派が支配する南部の州で違法な武器の取り締まりを開始した。しかし、そのような熱意にもかかわらず、事態が遅々として進まないので、アル・カディミ首相には民兵や武器商人を相手にするだけの力がないとの説も出てきている。

アル・カディミ氏を取り巻く新たな治安当局と、シーア派議会一派の一部とそれを支持する民兵との間では、対立が生じているようだ。

腐敗した国会の外では、アル・カディミ首相はかなりの支持を得ており、改革された政治体制では、来年6月に予定されている選挙で民衆の支持を得られるはずである。しかし、選挙までの道のりは危険な沼地の上の綱渡りになるだろう。

  • タルミズ・アフマドは作家であり、サウジアラビア、オマーン、アラブ首長国連邦の元インド大使。インドのプネにある共生国際大学のラム・サテ国際問題研究委員会の委員長を務めている。
topics
特に人気
オススメ

return to top