Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • G20:地球最大のショー

G20:地球最大のショー

Short Url:
08 Nov 2020 08:11:12 GMT9
08 Nov 2020 08:11:12 GMT9

今月、3大サミットが開かれる、「バーチャル」世界外交の祝宴がある。BRICS・APEC首脳会議は目立ちはするが、全体的な重要性の観点から、話題をさらうのはG20だ。

まず、参加国リストを見てください。サウジアラビア(今年の議長国)、中国、ドイツ、インド、日本、インドネシア、オーストラリア、ロシア、ブラジル、英国、南アフリカ、トルコ、フランス、イタリア、ドイツ、カナダ、韓国、アルゼンチン、メキシコ、EUの各国の指導者らが参加する予定で、恐らく米国も、ドナルド・トランプ氏が選挙後に怒りを爆発させない限り参加するだろう。これらの大国は、合わせると、世界のGDPの約90%、世界貿易の80%、世界人口の66%を占めている。

第二に、今月のG20は、10年以上前の国際的な金融ショック以来、最も深刻な世界的危機の中、2009年のロンドンでの会議以来、最も重要なものになる可能性がある。そのときは英国のゴードン・ブラウン首相が議長を務め、G20は国際経済を救うために1兆ドルの景気刺激策をまとめた。

実際、2009年のロンドンでの会議が成功した後、G20は、国際経済協力とグローバル・ガバナンスに関する公開討論の場としての地位をG7から奪った。フランスのニコラ・サルコジ氏は「G20は21世紀のグローバル・ガバナンスを予示している」とまで主張した。

G20が重要である第三の理由は、米国を議長国とする今年のG7の重要性が低下しているという状況により、世界外交の中心に空白が生じているということだ。トランプ氏はG7を、直接会う形で開催したがっていたが、それはパンデミックによって失敗し、代わりとなる「バーチャル」G7 2020は発表されていない。

よって、G20サミットは非常に重要だが、主要課題は、COVID-19のパンデミックに対処するための強力な対策に関して合意を築くことだろう。確かに、既にいくつかの措置が取られている。G20は、コロナウイルス危機による経済・社会的損害を最小化し、世界的な成長を回復させ、市場の安定を維持し、レジリエンスを強化するために、「どんなことでも」すると約束している。パンデミックに対する準備におけるギャップを評価し、ワクチンや医薬品のための財政的支援として、研究開発のための資金を増額することにも合意した。

よって、G20サミットは非常に重要だが、主要課題は、COVID-19のパンデミックに対処するための強力な対策に関して合意を築くことだろう。

アンドリュー・ハモンド

これらのコミットメントが重要であるにもかかわらず、パンデミックへの真に世界的な対応が発展しなかったのは、米国の世界保健機関(WHO)脱退さえ提議したトランプ氏を含む、主要な世界の指導者数人がその成果にあまり関心を持たなかったからだ。また、G20諸国の間にも重要な対立がある。特に中国と米国だ。トランプ氏は、同氏が言う「中国ウイルス」について非難し続けており、習近平氏は今年のG20の主要な会合で、成長を回復させる最善の方法として米国の貿易障壁に焦点を合わせて発言した。

この混乱した状況の中、WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長はG20の指導者らに対し、このパンデミックに対する共同の解決策を見つけるために団結し、二度とこのようなことが起こらないようにするために「新たな世界的運動を引き起こす」ことを求めた。同氏は彼らに言った。「あなたたちは、現代の重要な健康危機に立ち向かうために団結しなければなりません。私たちは、放っておけば私たちを引き裂く恐れのあるウイルスと闘っています」

これらの緊張の中、サミット合意を必要なペースで実行することがいかにたやすいかという懸念もある。これは、G20が、世界金融危機の真っただ中で、一つには、世界の指導者らに確実に合意を実行させるための正式な仕組みを持っていないこともあり、G20に押し付けられた望みを完全に果たすことにこれまで失敗してきたという重要な点を強調している。

今回のパンデミックは事実上、世界の全ての国に影響を及ぼしているため、G20に入っていない国々は、当初1990年代後半に米国がG7の国々と選んだ、同クラブの構成に関して懸念を抱いている。ノルウェーのヨーナス・ガール・ストーレ元外相は、G20が国連の普遍的な多国間主義の感覚を損ねているとして、G20を「第二次世界大戦以降、最大級の失敗」とまで呼んでいる。

2009年のサミットの主催者であるブラウン氏も、この問題をコロナウイルスとの関連で取り上げた。同氏はG20と国連に対し、パンデミックに対処するためにより緊密に協力するよう求めた。

それにもかかわらず、G20は不完全で、期待の一部にまだ応えていないが、参加国から高く評価される公開討論の場であり続ける。それはサウジアラビアが主催する会合で示されるだろう。今年のG20は、2009年以来最も重要なものになる可能性があるが、それを実現するための課題は、G20の最強国、米国と中国の、G20内での分裂の激化を含め、かなり多い。

  • アンドリュー・ハモンドはロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのLSE IDEASの準会員
特に人気
オススメ

return to top