Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 中東和平に新たな希望の光

中東和平に新たな希望の光

ガザ地区南部のラファにあるUNRWAの援助物資配給センターで休むパレスチナ人男性。(ファイル/AFP)
ガザ地区南部のラファにあるUNRWAの援助物資配給センターで休むパレスチナ人男性。(ファイル/AFP)
Short Url:
24 Jan 2021 07:01:53 GMT9
24 Jan 2021 07:01:53 GMT9

イスラエルとパレスチナ人の間の包括的な和平合意についての言及は、近い将来、人々を大いに驚かせることになる。約20年の間、これまでの全ての計画は、イスラエルとパレスチナの少なくとも一方の不本意または実行する能力の欠如のため、彼らの習慣的な地位と行動パターンから脱却できず、失敗に終わってきた。

しかし、ここ数カ月、特にイスラエルといくつかのアラブ諸国との間で国交正常化協定が締結されて以来、さらには最近では米大統領選の結果を受け、和平プロセスを軌道に乗せるための小さな勢いのようなものが感じられるようになった。これは単なる希望的観測に過ぎないのだろうか。そうかもしれないが、しかし、平和への希望の光というものは、少なくとも多少の検討と、それをより可能性の高いものにするための条件の検討に値するものである。

今月初めにカイロで開催されたドイツ、フランス、ヨルダン、エジプトの外相による歓迎の集いでは、イスラエルとパレスチナ人を交渉のテーブルに戻すことで何らかの進展があるという、慎重ではあるが新たな楽観主義の表れとして、和平プロセスの復活の可能性が議論された。トランプ政権と彼の空想上のいわゆる和平計画が歴史の中に閉じ込められた今、探索的なものではあるが、少なくとも最初の対話が可能かどうかを見る双方における下調べのために外交的な取り組みを再開することができる。

オスロ合意で想定されていた和平を実現するための努力が27年以上も失敗に終わった今、国際社会は失望を捨て、かわりに決意と勇気を持ってこの問題に正面から取り組む必要がある。オスロ交渉では、イスラエル人とパレスチナ人が和平について話し合っていたという事実は、国内外の支持を集めてプロセスを前進させることができる、歓迎すべき新しい動きであった。双方の現在の社会の状況に加えて、最終的な悲劇的結末に照らせば、復活した和平プロセスは国際社会によって推進されるべきであり、限られた時間の中で結果を重視したものになるべきである。

特にパレスチナ人にとって、結果を伴わないプロセスは無益であるだけでなく、平和キャンプにとっても危険なダメージを与えることになるだろう。70年以上の間、何百万人もの人々が難民として生活し、そして占領と封鎖の下で半世紀以上も生活しているため、パレスチナ人にとって、現場における根本的な変化を見ることができない限り、交渉自体を祝うことはほとんどない。何の結果も得られない終わりのない会談のさらなる長期化は、占領の永続化とはいわないにしても、占領を長引かせ、事実上、その正当化をも意味してしまう。

オスロ合意で想定されていた和平を実現するための努力が27年以上も失敗に終わった今、国際社会は失望を捨て、この問題に正面から取り組む必要がある。

ヨシ・メケルバーグ

包括的な和平合意の達成は不可能であるために、現状の定着の阻止や悪化の食い止めを試みることには意味がないというムードが近年、国際社会で蔓延しているのも、同様に心配な点である。イスラエル政府は過去4年間、米国の追い風を受けて入植地を拡大し、ヨルダン川西岸の一部を併合しようと考えていた。このことは、エルサレムを首都とする場所については言うまでもなく、独立したパレスチナ国家が実現するかどうかについて疑問を抱かせることになった。一方で、数十年にわたる苦境に対する公正かつ公平な答えを心底必要としている550万人のパレスチナ難民の窮状は無視されている。

イスラエルとパレスチナ人の間の膠着した関係を復活させたいと願うカイロで集まった人々の誠意を疑う理由はないが、これを現実にするために何を準備しているのかを問うことは正当である。今後数ヶ月間、イスラエルとパレスチナの政治はそれぞれの選挙で頭がいっぱいとなり、妥協の精神での有意義な対話は不可能に近いものになるだろう。それでも、新しく、可能性のある積極的な米政権、正常化協定、パレスチナ自治政府への選挙の見通し、そして過去の協定へのイスラエルのコミットメントに基づくパレスチナ自治政府の協力の回復を考えると、今では力を合わせ、和平対話のための下準備を押し進める機会があるといえる。

カイロ会合終了時の共同声明で、参加者は、実現のために自身の影響力を行使できる限り、交渉の基盤となりうるであろうものを定めた。近年、国際社会の多くが、イスラエルが占領下のパレスチナ自治区で行った一方的な行動を事実として受け入れる方向にシフトしており、これが和平交渉の新たな基準となることをほぼ認めようとしている。しかし、このアプローチは、たとえ暗黙なものであっても逆効果であり、国際法のルールと役割を損なうものであり、道徳的にも非難されるべきものである。

したがって、過去の国連決議が将来の交渉の基礎とならなければならないというカイロでの4人の外相の発言は、領土的妥協に関する将来の交渉は1967年6月の境界線に基づいて行われるべきだということを意味し、非常に重要なものとなった。領土の妥協は必要かもしれないが、ヨルダン川西岸に入植地を建設し、50万人以上のユダヤ人入植者を入れるというイスラエルの違法行為を正当化することに基づいてはならない。代わりに、声明は、入植地プロジェクトが、東エルサレムにあるパレスチナ人の首都との二国家間解決に基づく和平合意の見通しを損なうという事実を批判している。

トランプ大統領の退陣に世界が安堵のため息をついているもう一つの兆候は、カイロの声明で「パレスチナ難民への人道支援と生活に必要不可欠なサービスの提供における国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の不可欠な役割」が強調されたことである。国際社会がUNRWAへの約束を守るよう求めるこのような呼びかけは、UNRWAの慢性的な資源不足を考えると時宜を得ているが、難民の権利が認識され、対処されることを確実にするために、将来の交渉にパレスチナ難民コミュニティの代表を含めるための措置も取られなければならない。

国際社会が和平プロセスの復活に真剣に取り組むならば、カイロで示されたビジョンに従わなければならない。そしてまた、今年イスラエルとパレスチナで選出された人が誰であろうと、このビジョンから逸脱すれば深刻な結果を招くことを理解していることを確かにしなければならない。

  • ヨシ・メケルバーグ氏はリージェンツ・ユニバーシティ・ロンドンの国際関係学教授で、国際関係学・社会科学プログラムの主任を務める。また、チャタム・ハウスのMENAプログラムのアソシエイトフェローでもある。国際的なメディアに定期的に寄稿している。Twitter:@YMekelberg
特に人気
オススメ

return to top