Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • トルコ、東地中海をめぐりEUと対立

トルコ、東地中海をめぐりEUと対立

2020年10月16日、ベルギーのブリュッセルで開催中のEU首脳会議2日目。ブルガリアのボイコ・ボリソフ首相、フランスのエマニュエル・マクロン大統領、キプロスのニコス・アナスタシアディス大統領、ドイツのアンゲラ・メルケル首相がフェイスマスクをつけて話をしている。(ロイター通信)
2020年10月16日、ベルギーのブリュッセルで開催中のEU首脳会議2日目。ブルガリアのボイコ・ボリソフ首相、フランスのエマニュエル・マクロン大統領、キプロスのニコス・アナスタシアディス大統領、ドイツのアンゲラ・メルケル首相がフェイスマスクをつけて話をしている。(ロイター通信)
Short Url:
17 Oct 2020 04:10:19 GMT9
17 Oct 2020 04:10:19 GMT9
  • トルコは、天然ガス探査を再開するために、ギリシャの島々の沖に位置する争いのある海域に船舶「オルッチ・レイス」を再投入することを決定し、EUはトルコの決定に憤慨している
  • EUは制裁措置の可能性を示唆し、トルコがその立場を再考し、対話に戻るために1週間の猶予を与えていた

アラブニュース 

アンカラ:トルコ政府がその行動でEUを「挑発」しているというEUの非難に続き、東地中海におけるギリシャとトルコの対立は激化している。

トルコは、天然ガス探査を再開するために、ギリシャの島々の沖に位置する争いのある海域に船舶「オルッチ・レイス」を再投入することを決定し、EUはトルコの決定に憤慨している。EUの指導者は金曜日、この危機について議論した。

会合の最終報告書は「欧州理事会はトルコに対し、これらの行動を撤回し、一貫していて持続的な方法で緊張緩和に努めるよう要求する」としている。

木曜日、EUは制裁措置の可能性を示唆し、トルコがその立場を再考し、対話に戻るために1週間の猶予を与えていた。これらの制裁措置は12月の首脳会議まで延期されると予想されている。 

「トルコは攻撃的な行動で一貫している」とギリシャのキリアコス・ミツォタキス首相は木曜日、ブリュッセルで開幕したEU首脳会議で述べた。

大西洋評議会のチャールズ・エリナス上級研究員は、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、オルッチ・レイスを再投入したことにより、好機を逃したと述べた。

「同船の再投入で、エルドアン氏はEU、特にギリシャとトルコを対立から話し合いに戻すことに多くを費やしたドイツにかみつきました」と同氏はアラブニュースに語り、EUは当分の間、これ以上の措置を取らないと予想しているとした。 

「EUは、トルコ政府に、おそらく12月の初めまで、当初の計画に戻り、ギリシャとの協議を開始する時間を与えるでしょう。これがEUの望ましい進め方ですが、それ以上に攻撃的な行動が続けば、EUは行動せざるを得なくなるでしょう」 

同氏は、ギリシャは海軍による対立に引き込まれることはないが、トルコの行動に抵抗するために他のあらゆる手段を追求するだろうとし、交渉のみが解決につながる可能性があると述べた。しかし、エルドアン氏がどれほど本気で解決を望んでいるのか、それとも国内の政治的な理由で自分の立場に固執することを決意しているのかは明らかではなかった。

「特に炭化水素のための地震探査は言い訳に過ぎません。オルッチ・レイスの周辺に多くの軍艦がいる状況では効果的な探査が実施できないだけでなく、炭化水素が発見される可能性は非常に低いです」とエリナス氏は付け加えた。

東地中海の海上対立を利用することは、これらの行動がEUとの関係にどのような影響を与えるかにかかわらず、経済の悪化とCOVID-19のパンデミックの中で、トルコ政府が解散総選挙前に国内の支持を高めるための戦略である可能性がある。

イスラエル国家安全保障研究所のガリア・リンデンストラウス上級研究員は、アラブニュースの取材に対し、「トルコとギリシャの対立に関して、よりバランスのとれた穏健な見方をしてきたドイツでさえも、オルッチ・レイスの争いのある海域への再投入については、トルコがEUを騙しているという認識を持っている」と語った。

ドイツは東地中海での対立の激化の停止に向けて仲介しようとしてきたが、トルコが最近、この海域で主張を強めているため、いかなる外交的取り組みへの支持も弱まっている。

リンデンストラウス氏は、トルコ政府が交渉を望んでいると考えていた。

「しかし、トルコは強い立場から交渉に臨みたいと考えています。トルコによるさまざまな領域での挑発的な行動は、明らかにトルコ政府がそのような優位性を得るために行っていますが、現時点でトルコが事態の激化を止めるほど十分な強さを感じているかどうかは明らかではありません。トルコの行動は強い反発を引き起こしており、トルコ側もどこかの時点で行動を穏健化することを余儀なくされるでしょう」

トルコはまた別の西側パートナー、すなわち米国との関係を悪化させている。トルコは金曜日、ロシア製の防空システムをテストするためにミサイルを発射した。

topics
特に人気
オススメ

return to top