Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ワクチンが提供される中、パンデミック部門が拡大

ワクチンが提供される中、パンデミック部門が拡大

2021年1月31日(日)、ブリュッセルでCOVID-19制限措置に反対する無許可デモで、機動隊員と揉み合いになった抗議者(AP通信)
2021年1月31日(日)、ブリュッセルでCOVID-19制限措置に反対する無許可デモで、機動隊員と揉み合いになった抗議者(AP通信)
Short Url:
01 Feb 2021 09:02:14 GMT9

新型コロナウイルスのパンデミックが分離不安を生み出している。2021年の間にワクチンの配布が改善されるとの報告があり、まだ100%確認されていないが、一般人の中での突然変異のために、毎年ワクチンを投与しなければならない可能性もある。いずれにしても、パンデミックが長引けば長引くほど、突然変異、ワクチンの品種、すべてが社会を分裂させ続けることになるだろう。世界の政治や経済への短期的な影響と、それがワクチンを接種している/していない人々に何を意味するのかは、大きな政策課題である。私たちは、新しいタイプの分断された二極化した世界に向かっている。

この世界的な感染症の恐ろしい原因は、貧富の差が蔓延している経済的な不平等である。収入の低い人々は、キーワーカーの仕事(一般的にははるかに低賃金)をしている可能性が高く、そのため、自宅で仕事をしている裕福な地域の人々よりも感染者と接触する可能性が高くなる。また、彼らは高速インターネットを持っている可能性が低く、オンラインで食品を配達する余裕がない。しかし、最も重要なのは、貧しい地域の人口密度は豊かな地域よりもはるかに高いため、日常生活の中で感染者と接触するリスクもはるかに高いという点だ。

ロックダウン、外出禁止令、家にいなければならないことによる精神的な影響は、確実に定着している。現在の地政学と感染症の有毒な組み合わせによって引き起こされる不安に対処しなければならないことは、多くの人にとってまだ完全に異常な環境である。COVID-19の流行の間に起こった社会文化の断絶の中で、感情が分裂し始めている。今、感染症が始まって1年、そして今後一年以上続くが、レポートカードは悲惨なものとなっている。いくつかの情報源は、COVID-19の接触の追跡は何年も続くだろうと指摘している。一部の社会は、ここ10年にわたる病原体の蔓延に耐えられるかもしれないが、他の社会はそうではない。

私たちは、世界中の多くの都市でロックダウンが精神衛生に与える影響を目の当たりにしている。暴徒は家に留まることを拒み、他の人はそれに従い、社会は分裂している。精神衛生は、政治的スペクトラム全体で、口角泡を飛ばす人々にも適用されるかもしれない。一方で、こうした「病原体の時代」の政治的影響は、特に1月6日の米国議会議事堂の暴動の後では明らかである。ドナルド・トランプの弾劾裁判が間近に迫っているが、政治の病原体の増強によって引き起こされた分裂は、バベルの塔効果を例証している。バベルの塔効果とは、人々が一見異言を話しているように見えて、世界中の他の争われている都市で精神的なプレッシャーと潜在的な物理的副作用を強めるものだ。

ロックダウン、外出禁止令、家に閉じこもることを要求されたことによる精神的な影響は、今、確実に定着している。

セオドア・カラシック博士

アナリストたちが主張しているように、COVID-19のパンデミックとそれに伴う景気後退は、多くの人々の精神衛生に悪影響を与えているだけでなく、すでに精神疾患や薬物乱用障害に苦しんでいる人々に新たな障壁を生み出している。今年に入ってからもパンデミックが続いており、ウイルスの拡散を遅らせるために取られた措置(社会的距離、企業や学校の閉鎖、自宅待機命令など)が、さらに大きな孤立と潜在的な経済的苦悩につながるため、精神衛生上の負担が増大する可能性が高い。

1年経った今、この状況は一部の人を引き裂いており、爆発的な結果をもたらしている。不安の後には怒りがやってくる。怒りは議論をより暴力的な対立に変え始めている。アメリカにとって、心理的なダメージは、精神的にも肉体的にも健康に影響を与える有害な物語を生み出している。バイデン政権はこの傾向を逆転させることを望んでおり、最初の100日間で結果が出ると期待されている。しかし、長期的なダメージはすでに存在している。

今年の後半になると、その分断がより鮮明になってくる。ワクチンを接種した人たち — これを「VC」(vaccinated for COVID-19 / COVID-19のワクチンを接種した人たち)と呼ぼう — は、社会の至るところで自由に移動できるようになる。交通機関は、これらのVCに対して開放されるだろう。しかし、非VCのために、物語は異なってくる。適切な資格がなければ、彼らはコミュニティ内での移動を含め、通常の生活に戻ることができない。VCになれなかった人は、自分の世界がいかに狭くなっているかに気付いた時には、絶望的な状況に陥っていることだろう。そして、集団免疫や一般的な免疫から、ワクチンを必要としない人もいる。

社会に分裂を生み出すパンデミックの能力は、(特に潜在的なVCと非VCの結果について)、ロックダウンや暴力の発生に伴い、精神保健と物質使用に関する長期的および短期的な影響を及ぼす可能性が高い。既存の障害を持つ人も、新たに影響を受けた人も、おそらく今後数年の間に精神保健や薬物乱用サービスの拡大が必要になるだろう。また、家庭内暴力も、その病原体と社会への影響から、劇的に増加している要因の一つである。COVID-19と家庭内暴力は、事実上、二重のパンデミックを生み出している。自殺もまた、大きな問題であり、ますます厄介な問題となっている。重要なことに、自殺予防サービスは燃え尽きてしまう可能性があり、パンデミックの長寿と深刻性を考えると、COVID-19はこれらの課題の多くを拡大させ、利用可能になった新しい資源が蝕んでいる。

  • セオドア・カラシック博士は、ワシントンDCのガルフステート・アナリティクスのシニア・アドバイザー。元ランド社のシニア・ポリティカル・サイエンティストで、10年間アラブ首長国連邦(UAE)に滞在し、安全保障問題を中心に研究していた。Twitter@tkarasik
特に人気
オススメ

return to top