Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 株価を下落・上昇させる可能性のある要因に関するIPOの透明性

株価を下落・上昇させる可能性のある要因に関するIPOの透明性

リヤドのアラムコの広告を映し出す掲示板。(AFP通信 /ファイズ・ヌルルディヌ)
リヤドのアラムコの広告を映し出す掲示板。(AFP通信 /ファイズ・ヌルルディヌ)
フランク・ケーン
11 Nov 2019 07:11:56 GMT9

全ての新規公開株(IPO)の目論見書は、証券取引法によって、株式の販売に伴うリスクを潜在的な投資家に対して詳しく説明することが義務付けられている。昔からある定番の言い回しをするなら、株式を公開する企業は「株価は下落も上昇もする可能性がある」と説明する義務がある。

そこで、国際的な資本市場が求める透明性の精神に基づき、アラムコの目論見書は、IPOの中で、潜在的な投資家に対し、長い詳細な「忠告」欄を設けている。

これらの中には、石油企業やエネルギー企業につきものの要因もあれば、中東やサウジの石油企業固有の要因もある。例えば、変動しやすい石油価格や流動的な経済状況に鑑みて、目論見書は、アラムコの事業が「国際的な原油の供給と需要、原油を販売できる価格に著しい影響を受ける」と警告している。

同社の事業は「相当な割合の原油と精製品をアジアの顧客に向けて輸出しており、これらの国では、困難な経済・政治的展開が企業業績に影響を与えうる」。

世界の石油市場に押し寄せているアメリカのシェールガス輸出のブームに対して遠回しに言及する形で、目論見書は以下のように述べている:「弊社は非常に競争力のある環境で事業を展開しています。競争圧力は、原油やその他の製品を販売する価格に相当不利な影響を与える可能性があります」。

しかし、これらは、世界中の石油業界の幹部が付き合って、適応しなければならない要因だ。

地域により特有のリスクも存在する。「政治的・社会的な不安定性や混乱、中東や北アフリカ、その他の地域での現在または潜在的に起こり得る武力衝突は、企業業績に影響を与える可能性があります… テロや武力衝突は企業や株式の市場価格に相当の、不利な影響を与える可能性があります」と、目論見書は警告している。

この文書は、サウジの石油施設に対する最近の攻撃、特に、9月のアブカイクとフライスへの攻撃については触れていないものの、実質的には会社の財務状況に影響を与えなかったと結論付けている。

その他のリスク規定は、サウジアラビアに固有のものだ。「弊社が特定の炭化水素の国内販売に関して政府から受け取る均等化のための補償金の仕組みは変更される場合があります」と、目論見書はエネルギー助成金を廃止する公式な政策に触れ、述べている。

アラムコが伝統的に同王国で果たしてきたより幅広い社会的・開発上の役割を指摘する記述の中で、目論見書はこう警告している:「政府は弊社に対し、直接的な商業的目的や利益の最大化とは必ずしも一致しないような、弊社の基本事業の枠外のプロジェクトや取り組みを請け負ったり、その支援を提供したりするよう指示する場合があります」。

  • フランク・ケインは、ドバイに拠点を置き、受賞歴を有するビジネスジャーナリスト。ツイッター:@frankkanedubai
特に人気
オススメ

return to top