Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 中東がフランシスコ教皇の平和のメッセージに耳を傾けることを望もう

中東がフランシスコ教皇の平和のメッセージに耳を傾けることを望もう

フランシスコ教皇
フランシスコ教皇
Short Url:
04 Mar 2021 12:03:42 GMT9

イラクに良いニュースがあればいいのだが。新型コロナウイルスの感染率は1日4000人を超えている。ナシリヤや南部の他の場所で抗議者が殺され負傷している。政府は活動家を過去に殺害した逃亡中の暗殺者を裁判にかけることを約束している。バイデン政権はシリア国境のカタイブ・ヒズボラとカタイブ・サイード・アル・シュハダの陣地に対して空爆を開始した。彼らと他のシーア派民兵は、罰されることなく米国の標的を攻撃して脅し続けており(米国だけでなく、最近イルビル空港がロケット攻撃されている)、安っぽいマフィアの集団のように、彼らが守ると主張するイラク人を抑圧して殺している。トルコはクルド人を自由にいじめられると考えている(これまでのように)。一方、イランはいつものことをしている。他国を貶め、ウランを濃縮し、国際水域で公然と船舶を攻撃し、傲慢にもイラク政府に国内問題を管理する方法を教えているのだ。

私は、ほとんどのイラク人が、自分たちの国と呼んでいる国で隣人と平和に暮らしたいと願っていると確信している。彼らは、イラクの偉大な学者である故アリ・アル・ワルディがイラクの最も特徴的な特徴と見なした、並外れた共同体、告白、社会、民族のモザイクを誇りに思っている。

したがって、もし実現すれば(実現することを心から祈る)、フランシスコ教皇の今回の訪問は一筋の光となるだろう。それは確かにイラクのキリスト教徒だけでなく、おそらくこの地域の数百万人以上のあらゆる信仰を持つ人々にも希望と慰めを与えるだろう。それは彼らに、自分たちが忘れられていないことを教えてくれることだろう。何よりも、多くの苦しみの後に、今回の訪問は平和と和解のメッセージをもたらすだろう。私はそれを見るためにまだそこにいられたらよかったのにと思う。カトリック教徒である私は、それが未来への祝福であると同時に、記憶への呼びかけでもあると考えている。

11年前のある憂鬱な11月の日、私は頭を下げてバグダッドの救世の聖母シリア・カトリック教会に立ち、満員の信徒が礼拝者、司祭、警察、傍観者を追悼する中、2010年10月31日の日曜日のミサでイスラム国に冷酷に殺害された人々を悼んだ。死者の総数はおそらく60人、負傷者は80人ほどで、多くは重傷者だった。7つの棺はそれらすべてを表している。集会者の中には、他にも2、3人の大使や、イラク国内で最も権威のあるシーア派の2つの政治運動の一つであるイラク・イスラム最高評議会のリーダーであり、誇り高く共鳴した名前の持ち主であった著名で勇敢なサイード・アマル・アル・ハキムがいた。教会の周囲には厳重な警備が張り巡らされていた。屋根には狙撃手がいて、装甲車が通りを封鎖していて、警察や諜報員が巡回していた。私は、シモン・ペテロに対するキリストの警告を思い浮かべた。「剣によって生きる者は剣によって死ぬ」。これは、キリスト教会やキリスト教の指導者が常に守ってきた命令ではない。もう片方の頬を差し出すことは難しく、プライドという致命的な罪は誘惑的だ。しかし、それはキリスト教の福音の中心にある。

キリスト教は中東で生まれ、政治権力が衰退した後も、何世紀にもわたって最も広く実践されてきた宗教であった。1918年当時、キリスト教徒はまだ中東の人口の約4分の1を占めていた。現在では約20分の1にまで減少している。自信に満ちた全盛期のオスマントルコは、一般的には寛容だったが、ギリシャ人が問題を起こしていると考えると、家長の一人や二人を絞首刑にしていた。19世紀の長い衰退期には、ロシアからの圧力が高まり、バルカン半島の住民が抵抗を示すようになったため、オスマントルコはより軍事的に抑圧的になった。オスマン・トルコのキリスト教徒の殺害は1915年に始まったわけではない。著名なトルコの歴史家であるタネル・アクカムが幅広く記録しているように、そのルーツはもっと深いところにある。レバノン山では1860年に内戦が勃発し、主にドルーズ軍がキリスト教徒の大虐殺を行っていた。1876年のブルガリアの大虐殺はヨーロッパでも話題になった。

今回の訪問は、イラクのキリスト教徒だけでなく、それ以上の数百万人のあらゆる信仰を持つ人々にも希望と慰めを与えることは確かだ。

ジョン・ジェンキンス卿

もちろん、他のコミュニティも苦しんできた。ヤジディ、シャバク、ドルーズ、アラウィート、アマズィー、トゥアレグ、その他の人々も、しばしば恐ろしい被害を受けてきた。1918年当時、バグダッドのユダヤ人コミュニティは総人口の40%を占めていた。バスラにはユダヤ人、パルシー教徒、アルメニア人の人口が多かった。カイロ、アレクサンドリア、モスル、アレッポは世界の4大国際都市だった。悲しいことに、もはやそうではない。

しかし、ユダヤ人は今、国家を持っている。シーア派はイランのホメイニー主義政権の残忍な権威主義の下でも繁栄し、今ではイラク、レバノン、シリアで特権階級となっている。キリスト教徒はそれほど幸運ではなかった。コプト教徒が総人口の10分の1を占めるエジプトでは、長い間、移民の安定した小規模な移動があったが、2012年にムスリム同胞団が政権を握ったときには大移動となった。同胞団が打倒されたとき、その支持者は復讐のためにキリスト教徒の標的を攻撃した。支持者の部族ネットワークを持たないキリスト教徒は無防備である。キリストがかつて歩いたパレスチナの領土では、キリスト教徒は以前、総人口のおそらく3分の1を占めていた。今では20分の1以下になっている。家父長制の地であるイラクにも同じことが言える。それは悲しく、厄介な歴史だ。

そして、これは複雑な意味で重要なことだ。故ヤセル・アラファトは、聖地でのパレスチナ人キリスト教徒の継続的な存在は、彼にとって根本的に重要であると私に言っていた。彼らはパレスチナ社会の「カミーラ」と呼ばれるものであった。彼らがいなければ、平板で単文化的で極端な社会になる危険性があったのだ。同じ原理をイラクの少数民族社会にも当てはめることができる。アッシリア人がニネヴェ平原に戻り、ヤジディが少しずつシンジャーに戻りつつある仲、モスルのイスラム教徒が、自分たちのモスクだけでなく、イスラム国が破壊した教会の再建を熱心に奨励し、UAEがその資金を提供しているのは素晴らしいことだ。しかし、1915年に涙を流した哀れなアルメニア人に嫌がらせをしたのは、クルド人の非正規兵だった。1933年に近代イラクで最初のアッシリア人虐殺を実行したのは、バクル・シドキだった。イスラム国が現れたとき、シャバクの隣人たちは自分たちの土地を奪おうとした。そしてシーア派の民兵は、かつてヤジディやキリスト教の村があった場所に自分たちの支持者を定着させようとしている。多くのイラクのキリスト教徒はコプト教徒と同様に、絶望の中で移住した。まだまだ先は長い。

フランシスコという名前自体、ローマ法王が選出されたときに襲名したもので、アイユーブ朝のスルタン、アル・カミルの前で説教することや800年前の凄惨な第5回十字軍で同宗信徒のもとに危害を加えられずに戻ることを許されたサラーフッディーンの甥であるアッシジの聖フランシスコのシンプルさを思い起こさせる。教派や宗派の境界を越えて手を差し伸べようとする同様の意欲が、この教皇の特徴だ。そしてそれは、しばしば暴力的なアイデンティティ政治が私たちの共通の人間性の感覚を破壊する危険性がある世界では、今まで以上に必要とされているのだ。

フランシスコ教皇はバグダッドだけでなく、ナジャフを訪問し、そこで大アヤトラのアリ・アル・シスターニ(それ自体が私たち全員へのメッセージだ)を呼び、イルビル、モスル、カラコシュを訪問する。大統領、首相、イラクの未来のために働くその他の高官に会う。また、イスラム国によってもたらされた悲惨な破壊を目の当たりにし、イスラム国が迫害した人々の証言を聞く。カトリック信者のためのミサを祝う。アブラハムの町ナシリヤを自分の目で見て、ウルの平原で宗教間の会合を開く。誰もが彼の訪問を歓迎するわけではない。彼は自分たちの目的のために彼の存在を利用しようとする者たちに気をつけなければならない。彼はイラクとその周辺地域のすべてのコミュニティの苦しみの証人となる必要があるだろう。イラクの政治家たちに正義の必要性を率直に伝える必要がある。もちろん、聖フランシスコがそうではなかったような外交官であり、政治家であることは言うまでもない。だが、彼のメッセージは似たようなものだ。私たちは人間であり、神の子であり、お互いをよりよく知り、愛し合う必要があるのだ。このメッセージがバグダッドだけでなく、世界中で聞かれることを願っている。

  • ジョン・ジェンキンス卿は、ポリシーエクスチェンジのシニアフェローだ。2017年12月までバーレーンのマナマに拠点を置く国際戦略研究所(IISS)のコレスポンディング・ディレクター(中東)を務め、エール大学ジャクソン国際問題研究所のシニア・フェローを務めた。2015年1月まで駐サウジアラビア英国大使を務めた。
特に人気
オススメ

return to top