Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 警告が顧みられず気候変動に赤信号

警告が顧みられず気候変動に赤信号

ギリシャで発生した山火事は、気候変動との関連が指摘されている(ロイター)
ギリシャで発生した山火事は、気候変動との関連が指摘されている(ロイター)
Short Url:
14 Aug 2021 07:08:50 GMT9
14 Aug 2021 07:08:50 GMT9

ランヴィル・S・ナイヤー

ギリシャのキリアコス・ミツタキス首相が、1カ月近く続いている森林火災を抑えられなかったことを国民に謝罪したその日、シベリアの火災による煙が北極に到達するというニュースが飛び込んできた。同じ日、アテネやモスクワからそう遠くない場所で、25年以上にわたって気候変動を追跡してきた科学者の世界的な組織である気候変動に関する政府間パネル (IPCC)が、これまでで最も厳しい最新の報告書を発表した。

地球温暖化は発生しているだけでなく、気候変動と同様に急速に加速している。この報告書はまた、世界のリーダーたちが何度も行ってきた野心的な計画や発表のいくつかを、無かったものとしてしまった。最も有名なのは、2015年のパリ協定で、世界の気温上昇を1.5℃以下に抑え、2℃以上には絶対にしないことを高らかに宣言した。しかしいつものように、大きな声明や野望が掲げられた一方で、国も消費者も絶え間なく地球を略奪し続け、気候変動に対して行われたことは、どちらかと言えばほとんどなかった。

IPCCがこれまでの被害状況を説明する中で、世界経済がほとんど傾いていた年であったにかかわらず、二酸化炭素の排出量は大きく減少せず、今年は新たな記録に達する可能性があることが明らかになった。

IPCCの予測は、破滅的といってもいい。それによると、気温の上昇はあと10年余りで1.5℃の大台に乗り、現在の傾向通りなら100年以内に2℃の上昇が起こるとしており、地球温暖化の副作用がより広範囲に及び被害が拡大する中で、世界に破滅を告げるものとなっている。IPCCは、現在の地球が過去12万5000年間のどの時期よりも高温であると警告している。

現在の傾向では、最良のケースでも、今世紀末までに気温が3℃上昇するとIPCCは指摘している。この上昇により、長期的な干ばつや深刻な熱波などの未曾有の気候現象が、これまでの50年や100年に一度の頻度ではなく、2~3年に一度の頻度で起こるようになるだろう。また、地球温暖化によって海面が急激に上昇し、何億人もの人々に影響を与え、鉄砲水、森林火災、地滑りなどで数千億ドルの損害をもたらす。

確かにIPCCは、気候変動との戦いの結果や地球の運命について、これほど悲観的な見方をしたことはなかった。しかし、IPCCが世界の指導者たちに、人類が数十年にわたって歩んできた道を早急に変えるよう警告したのは、今回が初めてではない。

残念ながら、このような警告は毎回、同じ反応を呼び起こす。数日から数週間の間、世界のリーダーや企業は、警告に対して深い懸念と警戒心を示し、厳しい行動を取ることを約束する。数年ごとに、政財界のリーダーたちは新しいマントラを作り、自分たちが真剣に道を正そうとしていることを誇示する。

残念ながら、マントラも約束も長くは記憶されず、世界は確実に破滅への道を歩み続けているのだ。

過去数十年間に各国が行った公約を見ると、年々実現との誤差が小さくなり、失敗した公約の代償が増え続けているにもかかわらず、世界がいかにひどい目標を達成できていないかがわかる。

例えば、2015年に開催されたパリ気候サミットで、すべての国が行った最新の主要な約束を見てみよう。この会議では、ほぼすべての国の指導者が、二酸化炭素の総排出量の削減を直ちに開始するか、少なくともその目標に向けた明確な道筋を示すことを約束した。「ネットゼロ」という言葉が飛び交い、各国は世界を救う道を歩むことを約束した。しかし、6年が経過した今、ほとんどすべての約束が守られない可能性がある。これは、過去に国際社会が設定した二酸化炭素排出量削減の目標がほとんどすべて達成されなかったのと同じ様相だ。また、インドをはじめとする大規模排出国の中には、ネットゼロ・エミッションを達成するための期限をまだ設定していない国も数多くある。

しかし問題は、宣言や、2050年、2065年、あるいは今世紀後半までにネットゼロの目標を達成することではない。世界が直面している最大の課題は、ネットゼロというマントラが、環境に優しくてとてもいい響きであるにもかかわらず、よく言えば蜃気楼、悪く言えば難解なものになりかねないということだ。

これまでのところ、EUをはじめとするいくつかの国やブロックは、地球を救うためにIPCCが発表したカットオフ年である2050年までに、ネットゼロ・エミッションを達成することを約束している。しかし、実際に二酸化炭素の排出量を削減することを約束した国はほとんどないことに注意する必要がある。EUでさえ、旧来の目標を達成するにはほど遠く、現在ではさらなる排出量削減の目標さえ設定していない。

IPCCがこれまでの被害状況を明らかにしたことで、世界経済がほとんど傾いていた年であったにかかわらず、炭素排出量は大きく減少しなかったことが明らかになった。

ランヴィル・S・ナイヤー

ネットゼロを達成するためには、各国が自由に、炭素回収や炭素クレジットなど、さまざまな手段を用いて、余剰の炭素排出量を外国に捨てることができる。将来、ネットゼロの約束を果たさなければならなくなったとき、これがどのように作用するかは疑う余地がない。アフリカやアジアの低開発国や貧困国は、富裕国に誘惑されて、富裕国の過剰排出を吸収するために自国の開発を遅らせるかもしれない。

もちろん、これは貧しい国の国民にとっては非常に不公平なことであり、彼らが発展し、快適さや安らぎを享受する権利を奪うことになる。また、各国が自国の排出量を他国に転嫁するなど、腐敗や不正行為を助長する可能性もある。

IPCCが長年呼びかけてきた解決策は、世界が欲を抑え、年間360億トンに迫る二酸化炭素の排出量を削減することだ。これを実現するには、豊かな国が消費型の社会をさらに強化し、実際に二酸化炭素の排出量を削減する必要がある。

世界のリーダーや企業は、すでに反発を恐れなくても可能であるほど気候変動問題に取り組んできたことを認識したほうがいいだろう。今、彼らにはもうレトリックや難読化の余地はない。行動が必要なのだ。今年の11月にグラスゴーで開催されるCOP26気候変動サミットは、彼らにとって最後のチャンスかもしれない。

  • ランヴィア・S・ナイヤーは、Media India Groupのマネージング・エディター。

 

特に人気
オススメ

return to top