Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • レバノンの危機は、人間性の最悪と最良を示す

レバノンの危機は、人間性の最悪と最良を示す

パンデミックとの戦いに加え、レバノンでは燃料が不足しているため、病院はCOVID-19の患者を救うという新たな課題に直面している。
パンデミックとの戦いに加え、レバノンでは燃料が不足しているため、病院はCOVID-19の患者を救うという新たな課題に直面している。
Short Url:
20 Aug 2021 03:08:40 GMT9
20 Aug 2021 03:08:40 GMT9

レバノンは歴史的に、商業、文化、伝統と結びついてきた。「中東のスイス」と呼ばれたこの国は、強力な金融部門と安定したガバナンスを備えた、美しい国だった。しかし今日の私は、自分の国を認めていない。レバノンの現状を一言で表現すると、「危機」となる。

その最たるものが、経済危機であり、国の生活のあらゆる側面に影響を与えている。世界銀行は、これを19世紀半ば以降の地球上で最悪の危機の一つと呼んでいる。消費者物価指数は208%以上、飲食費は670%も上昇しており、インフレにより日用品の価格が高騰している。一方、給料は日に日に無価値になっており、軍隊でさえも兵士に給料を支払うことができず、レバノンの最後の安定の柱が侵食されている。

私の国もまた、身近な公衆衛生上の危機に見舞われている。パンデミックとの戦いに加え、レバノンでは燃料が不足しているため、病院はCOVID-19の患者を救うという新たな課題に直面している。また、経済の落ち込みは、医療用品にも打撃を与えている。軍隊と同じように、医療従事者も給料の価値が下がり、国外に流出している。国民は、パンデミックの終息と予防接種を願っている。しかし、彼らが救いを待っている間に、エリートたちは順番を無視してワクチン注射の列に割り込んでいるのだ。

そして、政治的危機だ。レバノンでは1年以上も政府が機能せず、利己的な政治家たちが大統領官邸で争っている。国が飢えているなか、首相の指名は行ったり来たりという状態だ。

ヒズボラはイスラエルとの国境で戦争ゲームを行い、国民が完全に反対している紛争にこの国を巻き込むと脅している。戦争屋はイスラエルに向けてロケット弾を発射しているが、このような行為には何千ドルもの費用がかかる。これは社会の最も貧しい人々を支援するために使われるべきものだ。

そして、家族を引き裂く、しかも回避可能だった悲劇がある。2020年8月4日、ベイルート港で数百トンの硝酸アンモニウムが爆発し、罪のない218人が死亡した。

この爆発事故から一年を迎えた日、私はレバノンの「終わらない苦しみの連鎖」を嘆いた。そのわずか1週間後には、今度は北部のアッカーで起きた燃料タンクの爆発事故で亡くなった28人のために、再び追悼の意を表することになるとは思いもしなかった。今回もまた、過失と人為的な危機が招いた犠牲者である。

レバノンが直面している一連の危機について語るとき、受け入れがたい条件で生活している人々や、正当な報酬を得られる仕事がない人々、飢えている赤ん坊、貯蓄が消えてしまった高齢者などを思い、失望するのは簡単だ。危機を演出した人たち、つまり腐敗した役人、権力欲の強い政治家、盲目の狂信者たちに怒りを覚えるのも簡単だ、彼らは人間の最悪の部分である。

世界人道デーには、レバノンを諦めなかった人々を称えたい。

バハ・ハリーリー

しかし、世界人道デーには、レバノンをあきらめなかった人々、つまり人類の最高の姿を称えたいと思う。政府の責任である公共サービスが機能していない中で、レバノンの人々の強さと無私の心に慰めを感じることができる。コミュニティは気高く団結し、お互いに助け合っている。

レバノンのいたるところで、市井の人々が驚くべきことをしているという話を耳にする。ベイルート港で起きた爆発事故の恐怖の中でも、レバノン人は自分たちの本当の姿を世界に示した。犠牲者の中には、私たちの安全を守るために命を捧げた消防士も含まれていた。ナジーブ・ハティ、シャルベル・ハティ、ラルフ・マラヒ、シャルベル・カラム、ジョー・ヌーン、ラミ・カーキ、ジョー・ボウ・サーブ、エリー・クザミ、マサール・ハワ、そしてサハル・ファレス。彼ら10名の消防士の究極の犠牲は、決して忘れられることはないだろう。

ベイルートの一般市民は、家が破壊された隣人に避難所を提供したり、救急車を通すため、道路の瓦礫の撤去を行った。「サワ・ リ・ ルブナン (Sawa)」などの団体は、爆発事故や経済危機の影響を受けた地域への支援を続けている。ラマダン期間中、Sawaは200人のボランティアと協力して、経済的困難や食糧不足に直面している家族に10,000個以上の食料品を配布した。

国際社会におけるレバノンの友人たちもまた、私たちの味方であり続けている。最近開催された国際会議では、少なくとも3億7,000万ドルが寄付され、何十万ものワクチンが寄贈された。アッカールの悲劇の後、クウェートとヨルダンは、次の爆発が起こる可能性のプレッシャーの中、医療システムが崩壊しないよう、迅速に医療物資を空輸した。国連もその一翼を担っており、復興プログラムでは、レバノンの自治体が自治体警察を専門化し、地域社会に貢献できるよう支援した。

このような話は、汚職や怠慢の話題をしばし忘れさせてくれるかもしれないが、レバノン人が受け取ることのできる最高の人道的援助は、国を軌道に乗せるための新しい世代のリーダーたちだ。

そのため、Sawaは、食料品の提供から復興への道筋の提示へと事業を拡大してきた。彼らは、現在の体制に代わる明確な選択肢として、腐敗を根絶し、経済的な繁栄をもたらす非宗派的なシステムを構築しようと努めている。彼らは未来を見据え、衰退するレバノンを仕切っている政治的エリートにも怯まない。時間はかかるだろうが、レバノンの未来は現在よりも明るいと確信している。

一方、レバノンが緊急に必要としているのは、国際通貨基金(IMF)の支援を引き出し、経済の暴落にブレーキをかけることができる専門家による政府だ。完全に機能する政府は、最も暗い時代にレバノンの炎を燃やし続けてきた英雄や人道主義者からバトンを受け取ることができるだろう。

  • バハ・ハリーリーは、レバノンの元首相ラフィク・ハリーリーの長男。Twitter: @bahaa_hariri_
特に人気
オススメ

return to top