Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • パレスチナ問題における国連関与の長所と短所とは

パレスチナ問題における国連関与の長所と短所とは

2020年6月5日、占領地ヨルダン川西岸の一部を併合するというイスラエルの計画に抗議するパレスチナ人(トゥルカーム近郊)。(ロイター)
2020年6月5日、占領地ヨルダン川西岸の一部を併合するというイスラエルの計画に抗議するパレスチナ人(トゥルカーム近郊)。(ロイター)
Short Url:
17 Sep 2021 10:09:24 GMT9
17 Sep 2021 10:09:24 GMT9

パレスチナ紛争は、世界のどの紛争よりも国連の時間とエネルギーを費やしている。これはパレスチナにとって良くも悪くもある。

第76回国連総会の審議が始まるにあたり、重要な疑問に対して率直に答える必要があるだろう。国連は、イスラエルによる軍事占領と違法な植民地化事業の下にある人々、特にパレスチナ人の生活に、今でも変化をもたらすことができるのだろうか。

支持者たちは、国連は依然として重要な会議であり、その決定は何が正しいかを示すものだと言っている。もし、国際社会がこの国際機関の決定を実現できないのであれば、問題は国連システムではなく、その国にあると。

国連の支持者は、この組織がイスラエルの入植地の違法性を繰り返し主張していること、イスラエルによる東エルサレムの一方的な併合をすべての国が認めていないこと、国連総会でパレスチナを非加盟国として承認することが圧倒的に多かったことなどを挙げている。この国家承認により、パレスチナはハーグの国際司法裁判所に、国際人道法の継続的な違反、ガザへの戦争、そして最近ではヨルダン渓谷でのイスラエルによる家屋の取り壊しなど、イスラエルの戦争犯罪の追及を要請することができるようになった。

パレスチナの国連職員や世界中の支援者たちは、できる限りの努力をしている。国連安保理に四半期ごとの会合を設け、国連高官にパレスチナ問題の進捗状況を報告する義務を課している。

当然のことながら、パレスチナ人にとっての最大の障害は、国連安保理常任理事国である米国が拒否権をほぼ一貫して行使しているため、国連決議が有名無実化しているという事実である。米国は他のどの国よりも拒否権を行使しているが、5つの常任理事国(米国、英国、フランス、中国、ロシア)はすべて、自分たちとその同盟国にとって関心のある分野で拒否権を行使している。

米国は、イスラエル保護の一環として、国連憲章第7章に基づく制裁やその他の懲罰的権限の行使を阻止している。第7章は、平和を維持するための国連安保理の権限を定めたものである。この章では、国連安保理が「平和に対する脅威、平和の破壊、侵略行為の存在を決定」し、「国際的な平和と安全を回復」するために軍事的および非軍事的な行動をとることを認めている。誰もが第7章に言及することを拒否しているワシントンは、この重要な機関を、世界の平和と安全のための機関というよりも、時には討論会のようにしてしまっている。

アメリカによるイスラエル擁護が国連安保理の手枷足枷となっている一方で、パレスチナ人は他の国際的な場面で成功を収めている。パレスチナの国連職員は、パレスチナ難民のための国連開発計画(UNDP)や、パレスチナの子どもたちを保護するユニセフの活動が成功していることに言及している。また、エルサレム、ヘブロン、ベツレヘムにあるパレスチナの重要な場所を、ユネスコの世界遺産プログラムで保護するよう求めていることにも言及。これらの活動により、該当地区に注目が集まりはしたが、イスラエルがこれらの保護された場所に対して定期的に違反行為を行っていることを実際に阻止することはほとんどできなかった。イスラエルは、ユネスコのチームがこれらの場所を訪れるのを禁止したこともあるが、このような反抗的な態度に対して、政治的な代償を払うこともなかった。

このような問題を克服するためには、世界の大国が参加する統一的な取り組みが必要となる。パレスチナはG77に中国を加えた連合の主要メンバーであり、ほとんどの国連加盟国から支持されているが、このネットワークを、アメリカがイスラエルに国連のルールとその決議を守るよう真剣な圧力をかけさせるような力に変換することは困難だった。

ドナルド・トランプ大統領の時代には、パレスチナがワシントンのイスラエルへの盲目的な支援に歯止めをかける能力は最低レベルだった。占領地の3分の1をイスラエルに吸収するというトランプ氏の構想を、国際社会がパレスチナと共に非難していたにもかかわらず、だ。

今年の国連総会は、ジョー・バイデン大統領時代に初めて開催され、パレスチナに対する世界の支援を取り戻すことが期待されている。バイデン政権は、バラク・オバマ大統領が2016年に国連安保理で画期的な反定住決議2334を可決したときの後を引き継ぐことを求められている。アメリカが拒否権を行使しなかったこの決議は、それ以来、現地での実施を試みる真剣な努力がなされないまま、テーブルの上に置かれている。

組織の決定は、その言葉に意味があり、その決議に行使可能な力がある限り、抑圧された人々の救世主となり得る。

ダオウド・クタブ

この問題はもはや国連の問題ではなく、国際社会の政治的意思が問われているといえる。その政治的意思とは、国連社会の意思に反してイスラエルに政治的代償を払わせるために、パレスチナの指導者がネットワークを作り、優先順位をつけることである。1948年に国連がイスラエルに出生証明書を与えて以来、イスラエルはその贈り物を受け取っただけでなく、国際法に違反して、パレスチナ国家のために確保された土地を奪い取り、その占領地に国民を移動させてきた。

国連とその決定は、その言葉に意味があり、その決議に行使可能な力がある限り、抑圧された人々の救世主となり得る。今のところ、国連はパレスチナ問題に関しては歯切れの悪い声明を出し続けているだけだ

  • パレスチナ人ジャーナリストのダウド・クッタブ氏は、プリンストン大学の元フェリス・ジャーナリズム教授である。 ツイッター:@daoudkuttab
特に人気
オススメ

return to top