Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 欧米メディアとアラムコ:2つのIPO物語

欧米メディアとアラムコ:2つのIPO物語

サウジアラビアは2兆ドルに対し現実的になる準備ができ、約1.7兆ドル程度まで引き下げた。(ロイター)
サウジアラビアは2兆ドルに対し現実的になる準備ができ、約1.7兆ドル程度まで引き下げた。(ロイター)
フランク・ケーン
28 Nov 2019 07:11:43 GMT9

サウジアラムコの新規株式公開(IPO)は2つあるのだろうか。欧米のメディアは私と同じIPOを扱っているのだろうか。たぶん私が見逃している同じ名前の別の記録破りの株式売却があるのかもしれない。このように語る理由は、グローバルなビジネスニュースの報道で毎日目にする、差し迫る破滅を暗示するものとして執拗に皮肉な報道をされているサウジアラムコのIPOは私が見るサウジアラムコのIPOとは異なっているからだ。

この物語によると、資金不足に陥ったサウジアラビアは、ほぼ4年間、IPOが絶望的なほど非現実的な評価に直面するのを免れるように奮闘してきた。止まらない原油価格の長期の下落に直面し、サウジアラビアはお金が不足しているため、2兆ドルの市場価格が必要であり、可能な限り高い価格で現金化する必要があるという。

精通した欧米の銀行家や投資家は、サウジアラビアにその価格でIPOを売るのは難しくなると警告し、頑固な抵抗の壁に直面したと言われた。サウジアラビアは少なくとも2兆ドルで受け入れるだろうという内容の物語だった。

もう一方の本物のアラムコIPOのパラレルワールドでは、上記の物語の事実上すべての要素は少なくとも議論の余地があり、一部は単純に誤りである。サウジアラビアは莫大な資金をため込んでいるので、IPOからの資金は必要ない。サウジアラビアの観点からすると、IPOは金融企業というよりも象徴的なものであった。

これはビジョン2030戦略の主力プロジェクトであり、民間部門に弾みをつけ、サウジの起業家を元気づけるためのサウジ王国の他の事業向けの「衝撃と畏怖」デモンストレーションだった。 

最終的な評価が示したように、サウジアラビアは2兆ドルに対し現実的になる準備ができ、約1.7兆ドル程度まで引き下げた。欧米のメディアはこれを「後退」または「Uターン」と描写したが、実際にサウジはここで双方に不利な状況に陥っていた。もし2兆ドルにとどまった場合、貪欲で非現実的だった。評価を下げたとしたら、それは降伏を意味した。いずれにしても否定的な見出しが並んでいただろう。

グローバルなビジネスニュースの報道で毎日目にする、差し迫る破滅を暗示するものとして執拗に皮肉な報道をされているサウジアラムコのIPOは私が見るサウジアラムコのIPOとは異なっているからだ。

フランク・ケイン

欧米のメディアを興奮させたもう1つの大きな進展は、サウジアラビアや他の湾岸金融センター以外ではIPOを販売しないという決定だった。その後に続いた怒りは、事前に語られた多くの物語の発生源であるロンドンとニューヨークの投資銀行家や投資家の手数料の損失に苦しむことになっていたであろう痛みを反映しているかぎり容易に理解できるものだった。

しかし、これはサウジアラビアの外国投資家に対する拒絶の表れだという何人かの著名な評論家たちの主張は単に間違っている。ほとんどのプロの外国人投資家たちは、サウジ証券取引所(タダウル)を介してIPOにアクセスできるからだ。

サウジから見ると、アラムコのアドバイザーの分析により、サウジ、地域、およびその他の投資家からの256億ドルの評価でIPO株式に対する十分な需要があると分かったので、外国のロードショーにすべての時間、努力、費用を費やすことはただ意味がないことだった。単に、欧米の金が差し迫って必要ではなかったのだ。

これは売り出しへの外国の関与の終わりを意味するものではない。IPOプロセスが終了する前に戦略的な外国投資家の開示がなければ、驚きだ。そして、ロックアップ期間が6か月で終了した後、アラムコがアジア、ロシアなどの投資家や貿易パートナーにさらに多くの株式を売却するのを止めることはない。また、将来のある段階で外国為替に上場するという選択肢もある。東京は今でも優良な市場として非常に人気がある。

したがって、アラムコは、約2年以内には、この世界記録を樹立したIPOとして、熱心な市民投資家の登録株式として、1、2の大きな貿易パートナーのアンカーとしてタダウルに名を連ね、そして世界最大の証券取引所の1つに外国企業として上場しているであろう。2016年に初めてIPOが提案されたときのすべてのチェックリストの内容が達成されたことになる。

その時、欧米の傲慢なビジネスメディアの物語はどうなっているのだろうか。彼らはどういう結果になるかを知っていたと私たちに言うと保証する。

フランク・ケインは、受賞歴のあるビジネスジャーナリストであり、ドバイを拠点に活動をしている。

ツイッター: @frankkanedubai

特に人気
オススメ

return to top