Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • パンデミック下の「トラベルバブル」が崩壊しないことを願う

パンデミック下の「トラベルバブル」が崩壊しないことを願う

2021年7月1日、タイのプーケット国際空港に到着した際、医療従事者からCOVID-19の綿棒検査を受けた後に反応する国際線乗客。(AFP)
2021年7月1日、タイのプーケット国際空港に到着した際、医療従事者からCOVID-19の綿棒検査を受けた後に反応する国際線乗客。(AFP)
Short Url:
04 Oct 2021 09:10:49 GMT9

新型コロナウイルスが空の旅に与える影響はよく知られているとおりだ。昨年、国際定期便の運航が停止していた時期に、商業旅客サービスの再開を目的として、特定の国間の一時的な取り決めとして「トランスポートバブル」という協定が出現した。これらの「バブル」が今どのような状況にあるのか、そして商業やコネクティビティにどのような影響があるのかは、世界経済の回復を始める上で非常に重要である。

トラベルバブルとは、基本的には、2つ以上の国の間で、旅行者が到着時の検疫要件なしに自由に行き来できるようにする協定を指す。そのプロトコルは厳格なものになっているが、それを律儀に守る国もあれば、予防接種の書類さえ正確にチェックしないなど、ルールが意味をなさない国もまた存在する。虚偽の書類は、ウイルスの侵入からバブルを守る際の障壁となっている。

このエアー・トランスポート・バブル戦略はヨーロッパとアジアの一部の国家間で成功しているが、各国のパンデミックの状況は異なるため、このシステムには大きな問題があると言わざるを得ない。この戦略における「損失」は、劇的に変化することが予測される労働市場へ労働者を移動させることができない、という指標で測られている。そこには、突然の災害や中期的な影響は考慮されていない。

それにもかかわらず、フランス、ドイツ、アメリカ、そして後にはインドがトラベルバブルの導入に成功したことで、世界各国で旅行目的のバブルが次々と発生した。複数の国の間でトラベルバブルが成立し、その国の国民が到着時の強制検疫を受けなくても自由に旅行できるようになると、マイナスの影響が出ることも予測される。バブルの成立には、政府間の信頼関係、あるいは「信頼性の欠如」が大きく影響している。一部の欧州〜米国便は、政府当局の特定の動きに影響を受けている。英国の中東向けフライトは信頼性の欠如の一部と言える。航空や商業に大きな影響を与えるパンデミックの際に、各国政府がお互いを信頼できないというのは受け入れがたい。

虚偽の書類は、ウイルスの侵入からバブルを守る際の障壁となっている。

テオドール・カラシック博士

バブルの問題を「修正」するためには、超長距離フライト(ULH)が必要な解決策の一部となるだろう。ULHフライトは、最新の航空機を利用することで、従来のワンストップやハブアンドスポーク方式の旅程に比べ、時間的制約のある利用客の移動時間を何時間も短縮することが可能になる。ULHは特に企業の旅行者に好まれる選択肢となっており、それが世界各地の路線網を形成している。調査によると、国内の強力な空港拠点を利用したポイントトゥポイント(乗り換えを行わない輸送)のULHサービスは、新型コロナウイルスに対応するための調整が最小限で済むだけでなく、より高い座席利用率、ルートの柔軟性、人口密度の高いハブ空港を迂回できることによる感染リスクの回避というメリットが得られる。このように、病原体と共存しながら、新たな航空業界の基準や規約の制定を可能にするバブルモデリングが模索されている。

新型コロナウイルス感染症は、ワクチンを接種していない人の間で広がり、貿易の要所、特に港や空港に現れ、今後もバブルプロトコルに影響を与える可能性がある。人の移動は資本の発展には重要な要素だが、現在はサプライチェーンへの経済的影響も無視できない。人の移動とサプライチェーンの混在は、世界経済の回復のスピードと範囲に影響を与え、最終的には地政学にも影響を与える問題となる可能性がある。この状況の中、特定の国家間における信頼性の欠如から生まれる不安定さ、政治的な動きはそのまま世界各国の新たな亀裂の発生を助長する。

トラベルバブルは、人々が再び飛行機に乗ることができるという意味で、物事が「正常」であるという感覚を与えることは間違いない。しかしすべての航空会社は、国境を越えて病原体が伝播するリスクを低減するため、航空機内や出入国地点での厳格な予防措置を実施する責任を負わなければならない。

テオドール・カラシック博士はワシントンDCのGulf State Analyticsで上級顧問を務めている。ツイッター@tkarasik

特に人気
オススメ

return to top