Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • リヤドを10年以内に国際都市にするための挑戦

リヤドを10年以内に国際都市にするための挑戦

この都市の景観は数年のうちに大きく変化することが予想され、それに従い、国内外の人材のハブとなるような取り組みも行われるだろう。(シャッターストック)
この都市の景観は数年のうちに大きく変化することが予想され、それに従い、国内外の人材のハブとなるような取り組みも行われるだろう。(シャッターストック)
Short Url:
28 Dec 2021 06:12:17 GMT9
28 Dec 2021 06:12:17 GMT9

リヤドは、10年以内に世界のトップ10都市の仲間入りをすることを目指しているようだ。

この都市には政治的な意志があり、資金力があり、戦略的な計画が明確で、様々な分野で100以上のイニシアチブと700以上の先駆的なプロジェクトがある。

この都市の景観は数年のうちに大きく変化することが予想され、それに従い、国内外の人材のハブとなるような取り組みも行われるだろう。

サウジ人自身も、この都市の明るい未来の兆しにすでに気づいており、国内各地からリヤドに集まってきている。リヤドでは今、優秀な人材があらゆる政府機関のポストに就き、世界的なトップ企業は必要な人材を供給している。

近いうちに、経営者、会計士、弁護士、金融アナリスト、銀行員などが、地域拠点をリヤドに移すようになるだろう。

リヤドには余裕があり、明るい未来が待っている。では、そのミッションを成功させるためには、さらに何が必要なのだろうか?

リヤドにはグローバルな文化が必要だと考える。また、イノベーションセンターの開発に力を入れることも必要だろう。変化を受け入れる活気あるコミュニティも必要だ。リヤドは伝統的な社会として知られてきたが、今はそれも変わりつつある。しかし、リヤドにはリヤドのアイデンティティがあり、それは元々の入植者と新参者を区別している。

認められたいという気持ちは人間の本質の大きな部分を占めている。すべての人が、他人とは違う存在でありながら認められたいと日々努力していることほど、明白なものはない。

アラブ世界の多くの都市では、都市への流入は盛んに行われているが、多くの新規住民はその片隅に住むことになる。

リヤドはこれらの都市のように進化してはならない。才能と富が、その新旧を問わず、一部の地域に集中しないように、都市空間全体にイノベーションセンターを作らなければならないのだ。

現在の状況は社会的とはいえない。昔、外国人が一定のライフスタイルを享受するために作られた屋敷やゲーテッド・コミュニティが多く存在する。

これらのコミュニティには、富裕層や教育を受けたグローバルな人材が住んでいる。しかし、彼らは社会の他の部分との交流が限られている。

リヤドがグローバルな文化を受け入れようとするならば、このような状況を続けるべきではない。すべての人々がオープンに生活し、すべての住居ビルや近隣地域には、あらゆる宗派、宗教、国籍の人々がいなければならない。

街中にイノベーションセンターが存在することで、人々が融合してアイデアを交換し、経済や社会のシステムを進歩させることが確実になる。

政府の社会的な後押しもあり、人々は国際的な規範を受け入れ、クリスマスなどのイベントを祝うことに寛容になってきている。しかし、まだ上記で挙げたような状態には至っておらず、コミュニティを分断するガラスの壁はさらに低くならなければならない。

また、今後最も力を入れなければならないのが、大学や国際的な学校教育の分野である。どんなに美しい街でも、どんなに進んだインフラでも、人々は自分や自分の子供に最高の教育を受けさせたいと思うものだ。

インターナショナルスクールは、駐在員だけが子供を連れて行く場所ではなく、社会のすべての人が利用できる場所であるべきだ。

ここでは、グローバルな価値観が教えられ、受け入れられるべきである。また、多様で先進的な大学は、優秀な人材が文化的にも知識的にも成長する場所となるべきだ。

カイロ、ベイルート、ドバイ、シャルジャなどは、アメリカのトップ大学が存在する都市として知られており、多くの家族が子供の教育のために移住している。これらの子供たちは、都市や学友と強い絆を築き、それが彼らの将来を形作ることになる。

最後に、リヤドの競争はまだまだ激しい。リヤドがグローバルスタンダードに合わせてインフラを再構築しようとしているとき、他の都市もまた、同じことをしようとしている。

例えばスマートシティ計画「NEOM」は、日常生活に必要なものを7〜10分以内に入手できる徒歩可能なコミュニティを目指して、「LINE」を構築している。そしてリヤドはNEOMだけでなく、スウェーデンやパリにも対抗する必要がある。

2020年にパリのアンヌ・イダルゴ市長が広めた「15分の街」のコンセプトに触発され、スウェーデンでは一度に道の一部区間だけを見直す形で、近隣のデザインを再構築している。

「Street Moves」と呼ばれるこのプロジェクトは、1分都市を推進しており、地域コミュニティが自分たちの通りのレイアウトや都市空間のデザインに参加することを呼びかけている。

スウェーデンでは、首都ストックホルムでこの実験を行っており、2030年までに全国で実施する計画である。

今、リヤドは、スウェーデンの「1分間の都市」、パリの「15分の街」、NEOMの「10分間都市」に対抗しなければならない。

ボストンのケンダル・スクエアやシアトルのレイク・ユニオンのような世界的なイノベーションセンターは、このような、歩いて回れる小さなコミュニティが基盤となっている。そして、これらのコミュニティは、スタートアップ企業が繁栄し、大きなアイデアが生まれる場所でもある。

大企業を受け入れるだけでは不十分で、社会が融合することを実現する。それがリヤドの最大の課題である。ニューヨークに住めば「ニューヨーカー」である。それを同じようにリヤドのアイデンティティを構築することは、簡単な挑戦ではない。

一言で言えば、リヤドはイノベーションセンターの創設、都市設計における文化的障壁の排除、小さなコミュニティや近隣の設計、社会をまとめる教育システムの開発などに注力する必要がある。

それ以外の仕事は非常に簡単だろう。政府は都市をどのように変革するかについて明確な計画を持っていると見られる。

・ワエル・マフディ氏はアラブニュースのシニアビジネスエディターであり、「シェールオイルの世界におけるOPEC:次はどこか?」の共著者。Twitter: @waelmahdi

特に人気
オススメ

return to top