Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • ロシアとウクライナの紛争が現在の石油需給バランスに及ぼす影響

ロシアとウクライナの紛争が現在の石油需給バランスに及ぼす影響

2022年4月11日月曜日、ウクライナのキーウに近いアンドリイフカ村で、ロシアからの不発弾の横を通る少年。(AP通信)
2022年4月11日月曜日、ウクライナのキーウに近いアンドリイフカ村で、ロシアからの不発弾の横を通る少年。(AP通信)
Short Url:
13 Apr 2022 03:04:53 GMT9
13 Apr 2022 03:04:53 GMT9

我々は、原油産出量と消費量に関して、今月のデータが豊富な時期に差し掛かり、石油の需給バランスについてのさまざまな見解があるため、その方程式の主要な部分を詳しく検討する価値がある。すべての需給要因は、結局のところ石油備蓄に関連しているため、まずはそれに焦点を当てる。

経済協力開発機構の太平洋・北米地域における石油在庫は、世界の備蓄量の70 %を占める。この2つの地域では、今年の第1四半期に1日あたり約100万バレルの集団的削減を行ったと推定される。この削減は、我々の予測の範囲内であり通常よりもはるかに大きいが、それは重要ではない。重要なのは、コンセンサス予想は在庫の増加を示していたことだ。

世界の石油在庫の残りは欧州で保有されている。今週、3月末レベルの評価を行う予定であり、我々の予測は第1四半期の在庫量は季節外れの減少が見られたことを示す。ロシアの石油供給における混乱は、備蓄需要を増大させる可能性があり、世界の在庫増加に関するコンセンサス予想をさらに逸脱させることになる。

世界の石油在庫が今四半期に放出された主な理由は、世界の石油需要が予測よりも高まっていることだ。上海などの都市ではロックダウンが実施されているにもかかわらず、中国の石油需要はこれまでのところ予測を上回る水準で推移している。これは、今年の世界の石油使用量がコンセンサス予想よりも1日あたり約100万バレル高くなっていることを示す、我々独自の予測に反映されている。

石油輸出国機構以外の国々の石油供給については、今週後半には3月のデータのトランシェも含まれる予定である。年初来、OPEC以外の生産は我々の予測値に近く、またはわずかに下回っているように見えるが、この数値はコンセンサス予想よりも低くなっている。

とはいえ、一部の製油業者による自主的な禁輸措置と、ウクライナとの戦争の結果としてのロシアに対する制裁のため、ロシアの生産に関しては大きな謎が市場に残る。我々の感覚では、生産における3月のデータは、そうした影響の良いバロメーターとはならないだろう。4月の読みははるかに分かりやすいと予測される。

OECD加盟国は、今後6ヶ月間に3億2,200万バレルの備蓄原油(そのほとんどが米国産)を売却することに合意したが、これらのバレルが予測されるロシアからの不足分を補えるかどうかはまだ分からない。

国際エネルギー機関は、ロシアの石油生産量は4月から1日あたり300万バレル減少し、この減少はおそらく年末まで続くと予測する。その数字がどれほど正確かは不明である。先週、ロシアの石油関係者は、4月の石油生産量はわずか5%のみ減少すると示唆したが、これはIEAが予測した約30%の急落よりも大幅に少ない。

議論上の仮定としては、ロシアからの1日あたり300万バレルの縮小があり、8億2,500万バレルの供給を失うことになるはずである。これは、OECD加盟国が予定している緊急備蓄の合計販売額の2倍半に相当する規模である。結果として生じる原油価格の上昇圧力は極めて大きくなり、これまで予測していたよりもはるかに厳しい需給バランスにつながるだろう。

topics
特に人気
オススメ

return to top