Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • DP Worldの上場廃止は湾岸諸国市場 の風向きを示す

DP Worldの上場廃止は湾岸諸国市場 の風向きを示す

Short Url:
19 Feb 2020 05:02:19 GMT9
フランク・ケーン
19 Feb 2020 05:02:19 GMT9

DP Worldの株式上場を廃止するというドバイ当局の決定は、きざしとして、地域の経済財政状況について多くを教えてくれる。しかし、それは回答と同じくらい多くの疑問を提起する。

DP Worldは、世界的舞台で成長した数少ない地域企業の1つである。海運港と陸上港の国際ネットワークは、工業地帯の増加とともに、2006年にドバイが買収した古いP&O企業から発展し、そのほとんどの期間にわたってUAE経済の人気株であった。

ドバイ経済の約25%は、ジェベル・アリとその関連工業地帯での活動によって生み出されていると推定される。成長著しいジェッダの港への大規模な投資計画により、サウジアラビアで成長する勢力である。

しかし、DP Worldの公開株式市場への参加は、政府系複合企業ドバイ・ワールドには決して容易に納得できるものではなかった。 2007年後半の同社の新規株式公開(IPO)は、グローバル金融システムにおける信用収縮の懸念が高まっているのと同様に、時機の悪さと適正価格からの乖離があった。

その後、2015年に終了したロンドン証券取引所への4年間の上場があり、DP Worldは取引量の低さへの不満の中でドバイに戻った。

先週、市場価格に対して30%のプレミアムで買収するという株主への申し出により、ナスダック・ドバイでの上場を取り消そうとしている。このようなプレミアムは、投資家が出口に殺到することが予測される。

上場廃止の公式理由は、株式市場がDP Worldを真に理解しておらず、それに値する評価を与えていなかったからで、株式投資家の短期的な優先事項は、DP Worldなどのインフラストラクチャ事業の長期的な資本要件と一致していなかった、と述べた。

それはある程度理解できるが、上場廃止の理由は間違いなく、株式の80%を所有する複合企業ドバイ・ワールドの継続的な金融負債だ。取引の一環として、DP Worldは80億ドルの追加債務を引き受け、その親会社が他の義務を果たすことができるようにする。将来、より多くの負債を引き受けることができる投資格付けが予期される。

DP Worldの決定から得られる最後の教訓は、湾岸諸国の投資の重心が容赦なくリヤドに移行しているということである。

フランク・ケイン

これは、ドバイの企業債務レベルに関する懸念を回避するための先制的な動きのようだ。ドバイ・ワールドや首長国の他の組織が負う債務の2011年の再編以来、一部の銀行家は「延長とふり(負債の返済期限を延長し、完全に返済できるふりをする)」と呼ぶ定期的なラウンドが行われた。

首長国連邦の企業および準企業の負債の全体的なレベルは、頑固なままに1000億ドルを超えている。

最近のドバイの金融界でのすべての話題は借金である。経済が不動産に起因しマンネリ化しているため、取引の再構築と再交渉が日常化している。ドバイ・ワールドの戦略家たちは、課題を早期に認識し、行動したことで称賛されるべきだ。

しかし、上場廃止の決定は、UAE金融システムの他の部分にも問題を提起する。圧倒的に重要な株式であり国際的に認知されている数少ない会社の1つをナスダック・ドバイから除外することになる。

確かに、UAE市場には、2017年のAdnoc DistributionのIPO実施は言うまでもなく、携帯電話会社のEtisalatやDu、およびいくつかの大手不動産開発業者といった大企業がある。しかし DP Worldの上場廃止により約110億ドルの時価総額がなくなることは、ナスダック・ドバイに大きな打撃を与える。

必然的に、その取引所をドバイ金融市場と、そしてアブダビ証券取引所とさえ統合して、汎UAE証券取引所を設立するという要請が既にある。これらの概念は何年もの間構想中のままである。

一方、サウジアラビアのタダウルとの対比は、これほど著しくはない。王国がサウジアラムコの上場で史上最大のIPOを実施してから数か月後、UAEはDP Worldの最も重要な上場の1つを放棄した。

DP Worldの決定から得られる最後の教訓は、湾岸諸国の投資の重心が容赦なくリヤドに移行しているということである。

  • フランク・ケインは、ドバイに拠点を置く受賞歴のあるビジネスジャーナリストである。 ツイッター:@frankkanedubai
特に人気
オススメ

return to top