Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イスラエル軍従軍を拒否するドゥルーズ派の若者への支援

イスラエル軍従軍を拒否するドゥルーズ派の若者への支援

パレスチナのドゥルーズ派の若者たちが、ある物議を醸す法律により、イスラエル軍への従軍を余儀なくされている。(AFP)
パレスチナのドゥルーズ派の若者たちが、ある物議を醸す法律により、イスラエル軍への従軍を余儀なくされている。(AFP)
Short Url:
03 Dec 2022 02:12:28 GMT9
03 Dec 2022 02:12:28 GMT9

ジェニンでの死亡事故に端を発したイスラエル国籍のパレスチナ人の遺体奪取という悲しい事件が、若者たちが強制的に徴兵されるコミュニティの報道されない実態を露呈している。

15万人弱のパレスチナ人ドゥルーズ派の若者たちが、1956年にさかのぼる物議を醸す法律により、イスラエル軍への従軍を余儀なくされている。1956年以降、何百人ものドゥルーズ派の兵士が戦死している。

11月23日、ティラン・フェロ氏は友人と車でジェニン市に向かい、そこで死亡事故に巻き込まれた。フェロ氏の遺体は地元の病院に運ばれたが、イスラム聖戦運動の覆面をしたパレスチナ人に奪われた。彼らはフェロ氏の遺体とイスラエルが拘束している17人のパレスチナ人の遺体とを交換しようとしたのである。パレスチナの反政府主義者たちは、この17歳の青年をイスラエル軍の兵士だと誤解していた。イスラエルでは徴兵制は18歳からとなっている。パレスチナ人は圧力をかけられて遺体を引き渡したが、イスラエルは数十人のパレスチナ人の遺体を収容し続けている。

しかし、この事件で報道されていないのは、宗教を学ぶ学生を除きドゥルーズ派の男性には兵役が義務づけられているにもかかわらず、数百人もの人が兵役を拒否しているという事実である。

地域組織の活用と、最も影響を受ける人々の活用に重点を置く非政府組織アヘルの支援を受け、ドゥルーズ派の若い男女のグループが、義務的な兵役を拒否するメンバーを支援・奨励するための運動を主導している。

「拒否しよう - あなたの仲間があなたを守る」と名付けられたこのキャンペーンは、イスラエル軍への従軍を拒否したいと考える18歳の人たちを総合的に支援するものである。キャンペーンの指導者たちは、情報、法的支援、仲間のパレスチナ人を占領する軍隊への従軍から逃れる方法についてアイデアを提供している。

イスラエル市民であるパレスチナ人弁護士は、兵役拒否の初日から若者たちに寄り添う。彼らは若者たちに心構えをさせ、指導し、さまざまな戦略を共に考えている。この運動では、毎年100人のドゥルーズ派徴集兵の兵役拒否の支援を目標としている。このキャンペーンの活動家は、母親たちが家族からの圧力に耐えられるように、さらには親族を説得できるよう、特に母親たちと緊密に連携している。

キャンペーンは村から村へと広がり、勇気を出して一歩を踏み出す若者が増えている。

ダオウド・クタブ

軍隊に出頭しないドゥルーズ派の徴集兵は、不特定の期間、通常は1カ月程度、何回も収監される。キャンペーンの主催者たちは、彼らを支援するためにいくつかのアイデアを思いついた。一つは、活動家が拘束されている刑務所の外に集まり、歌を歌うというものだ。徴兵拒否者の人々は、後にこの歌が大きな励みになったと話した。

持続的な解決策を見出すために、より長期的な戦略も導入されている。賢いアイデアの一つは、徴兵を拒否した高卒者にヨルダン川西岸地区の大学への進学を支援することである。例えば、ビルツァイト大学では、奨学金で入学している徴兵拒否者もいる。

こうした支援と現実的な解決策によって、キャンペーンは村から村へと広がり、兵役拒否という勇気ある一歩を踏み出す若者がますます増えている。

また、イスラエルの弾圧が占領地で続いていることも、徴兵拒否者の数を増やす要因となっている。シェイク・ジャラー事件とガザ空爆は、ドゥルーズ派共同体が憤慨した2大事件として報じられている。特にイスラエルはシェイク・ジャラーなどの現場でドゥルーズ派の兵士を頻繁に起用し、結果として現場の実態に直面させられ、多くの兵士が兵役から脱退することになったからである。

イスラエルが2018年にユダヤ人国家基本法を成立させたことは、他の非ユダヤ人市民と同様に、イスラエルのユダヤ人の市民に与えられる利益や法的優位性から排除されているドゥルーズ派共同体のメンバーにも大きな影響を及ぼした。イスラエル国家への忠誠を促してきたドゥルーズ派の年配の家族のメンバーは、非ユダヤ人すべてを法的に差別するこのような法律の正当性を、若者たちに説明することができない。

アラビア語を話す多数のドゥルーズ派の徴集兵に依存するイスラエル占領軍の行動と、基本法の成立によって、コミュニティで従軍を拒否する18歳の若者が増えているのだ。弁護士や活動家の支援グループの存在が、占領軍への参加を勇敢に拒否する人々が圧力に屈して心変わりしてしまうのを防ぐのに大きな役割を果たしている。

極右の新政権が発足し、人種差別主義者のイタマル・ベン・グヴィル氏が警察大臣に就任し、大部分のドゥルーズ派が入隊している国境警備部隊を統括することが決まっており、パレスチナのドゥルーズ派共同体とイスラエル国家の衝突はエスカレートする一方である。イスラエル国防軍という偽りの名を冠した占領軍への従軍を拒否するドゥルーズ派の若者がますます増えている。

  • ダオウド・クタブ氏はパレスチナ出身のジャーナリストで、プリンストン大学の元フェリス・ジャーナリズム教授である。ツイッター:@daoudkuttab
特に人気
オススメ

return to top