Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 著名なサウジの実業家、サレー・カメル氏死去

著名なサウジの実業家、サレー・カメル氏死去

19 May 2020
サレー・アブドゥラ・カメル。(提供)
サレー・アブドゥラ・カメル。(提供)
Short Url:
Updated 19 May 2020
19 May 2020
  • カメル氏はイスラム協力機構参加国の著しい貿易拡大に取り組んだ

ジッダ—- 1941年生まれの著名なサウジの実業家、サレー・アブドゥラ・カメル氏が月曜日にジッダで死亡した。彼は中東の大規模なコングロマリット、ダラー・アルバラカ・グループの創設者で、取締役会長を務めた。

カメル氏はジッダ商工会議所およびイスラム商工会議所の会長だった(ジッダ商工会議所は2009年〜2011年)。

同氏は2012年8月の本誌のインタビューで、王国のイスラムザカートの総額を1兆サウジアラビア・リヤルと推定した。「これほど莫大な財源があれば、国内の多くの経済的問題や社会的問題の解決に使うことができるでしょう。」彼は、人々は売り出した不動産に関してザカートを支払うべきだと述べた。「私たちイスラム教徒は、この制度を支える経済的叡知を理解すべきです。ザカートを適切に回収して使用すれば、私たちは経済状況を大きく改善することができます。」

彼は「現代イスラム金融の父」と呼ばれており、2010年11月にマレーシアのイスラム金融に関するロイヤル・アワードを受賞した。

彼はイスラム協力機構参加国の著しい貿易拡大に取り組んだ。

彼は、ダラー・アルバラカ・グループの取締役会長としての能力で、サウジアラビアを地域経済の力として発展させるため、数多くのプロジェクトを牽引した。

topics
Most Popular
Recommended

return to top