Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアとロシア、新たなCOVID-19治療で協議

サウジアラビアとロシア、新たなCOVID-19治療で協議

01 Jun 2020
ロシア直接投資基金(RDIF)は、多くの投資プロジェクトでサウジアラビア王国と協力している国の政府系ファンドで、新薬を発表する予定である。(File/Shutterstock)
ロシア直接投資基金(RDIF)は、多くの投資プロジェクトでサウジアラビア王国と協力している国の政府系ファンドで、新薬を発表する予定である。(File/Shutterstock)
Short Url:
Updated 01 Jun 2020
01 Jun 2020

Frank Kane

ドバイ:ロシアはコロナウイルスCOVID-19の有望な新しい治療法を開発し、サウジアラビアの保健専門家と協力して間もなく試験を行うことになった。

多くの投資プロジェクトでサウジアラビア王国と協力しているロシアの直接投資基金(RDIF)は、今日(月) モスクワの仮想記者会見で新薬、アビファビルを発表する予定です。

RDIF は「臨床試験でコロナウイルスを持つ患者の治療で高い有効性を示した」薬剤がロシアの保健省から登録証明書を受け取った語った。

RDIFの最高経営責任者であるキリル・ドミトリエフ氏がアラブニュースに語った。「我々はサウジアラビアへのアビファビルの供給の可能性についてサウジアラビアのパートナーと話し合っている。私たちは、ロシアでの臨床試験の良好な結果をサウジのパートナーと共有しました。私たちのパートナーは、サウジアラビア王国でアビファビルの臨床試験を開始することに興味を示してくれました」。

コロナウイルスの生殖機構を破壊するアビファビルは、臨床試験で有効性が証明されたロシア初の直接抗ウイルス薬である。日本では2014年から重症型インフルエンザに対して使用されているため、よく研究されているとRDIFは述べている。

ドミトリエフ氏は、「アビファビルは、ロシアでコロナウイルスに対して登録された最初の抗ウイルス薬であるだけでなく、おそらく世界で最も有望な抗COVID-19薬でもあります。この薬は、前例のないほど短期間でロシアで臨床試験が行われ、アビファビルがファビピラビルをベースにした世界初の登録薬となることを可能にしました」と付け加えた。

ファビピラビルは、中国では感染症治療薬として、ロシアでは臨床試験が行われており、効果が確認されています。現在、量産化に向けた準備が進められています。

アビファビルは、I.M.セチェノフ第一モスクワ州立医科大学、ロモノソフモスクワ州立大学などの医学・学術機関が参加した臨床試験において、高い効果が証明されたと付け加えている。

ロシア保健省の承認を得て、330人の患者を対象とした最終段階の試験が進行中だ。RDIFは、ロシアの医薬品研究開発グループであるChemrarと提携して開発した。

RDIFはパンデミックの発生以来、COVID対策に多大なリソースを投入し、日本のパートナーと共に高速検査キットを開発し、その他の診断・支援システムも開発してきました。

モスクワの情報筋によると、間もなく発表される、ウイルスに対するワクチンに取り組んでいると考えられている。

Most Popular
Recommended

return to top