Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジ・プロジェクトがイエメンで171,731個の地雷を取り除く

サウジ・プロジェクトがイエメンで171,731個の地雷を取り除く

29 Jun 2020
画像/SPA
画像/SPA
Short Url:
Updated 29 Jun 2020
29 Jun 2020

Arab News

  • Masamは、イエメンの地雷を取り除き、民間人を保護し、緊急の人道的物資が安全に届けられることを目的としている。

ジッダ:地雷除去のためのサウジ・プロジェクト(Masam)は、イエメンで6月の第4週に、対人地雷25個、対戦車地雷363個、爆弾24個、および不発弾773個(計1,185個)を解体した。

このプロジェクトはサウジ部隊の幹部と国際的専門家によって実施され、イエメンの各地域、特にマリブ、アデン、サナア、タイズ地域でフーティ民兵によって埋められた地雷を取り除くために行われた。

プロジェクト開始以来、合計171,731個の地雷が除去された。紛争中にイランに支援されたフーティ民兵が110万以上の地雷を埋め込み、何百人もの民間人の命を奪った。

Masamはイエメンの地雷を解体し、民間人を保護し、緊急の人道的物資が安全に届けられることを目指している。フーティは対車両地雷を開発し、それらを対人爆発物に変えて、民間人を脅し恐怖に陥れてきた。

Masamプロジェクトは、イエメンの人々の苦しみを和らげるために、サルマン王の指示の下、サウジ王国が着手したいくつかの取り組みの1つである。

topics
Most Popular
Recommended

return to top