Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジの団体、国連の持続可能な生活に向けた政策立案を支援へ

サウジの団体、国連の持続可能な生活に向けた政策立案を支援へ

SGBFは、サウジアラビアならびにサウジアラビアから地域社会、利害関係者、政策立案者への、より良い未来のためにボランティア活動、擁護活動、持続可能な開発の原則に立脚しようという要請を代表している。(ロイター/資料写真)
SGBFは、サウジアラビアならびにサウジアラビアから地域社会、利害関係者、政策立案者への、より良い未来のためにボランティア活動、擁護活動、持続可能な開発の原則に立脚しようという要請を代表している。(ロイター/資料写真)
Short Url:
13 Aug 2020 08:08:10 GMT9
13 Aug 2020 08:08:10 GMT9
  • サウジ・グリーンビルディング・フォーラムが国連環境計画(UNEP)の運営組織のオブザーバーとして認定される

ラワン・ラドワン

リヤド:サウジアラビアの専門機関は、環境ニーズの重要性に対処する国連の運営組織で、政策決定において重要な役割を果たすだろう。

その献身と関与を慎重に評価・検討した結果、非営利団体であるサウジ・グリーンビルディング・フォーラム(SGBF)は国連環境計画(UNEP)の運営組織のオブザーバーとして認定された。SGBFは、UNEPおよびその補助機関の全ての公開会合とセッションにおいて、オブザーバーとしての役割を果たす。

SGBFの創設者であるファイサル・アル・ファドル氏はアラブニュースに対し、フォーラムの使命はここ10年間発展し続けており、今回の認定は、サウジアラビアの市民社会組織の役割を地域的・国際的に強化する重要な一歩とみなされると述べた。これは「ビジョン2030」と合致していた。「ビジョン2030」は、このNGOの使命に不可欠な役割を果たしただけでなく、サウジアラビアの人々が、高度で回復力の高い社会を構築するために一層の努力をするための道を開いた。

SGBFは2010年に始まり、2014年に設立された。2017年には、サウジアラビアでは初となる、国連の諮問資格を持つ専門機関となった。

「サウジ・フォーラムは、ギャップを埋めるための正直な声を持つ擁護団体でした。UNEPを通じて今、政策立案者になる手段を手にしました」とアル・ファドル氏は述べた。課題は、地域社会にコミットメントを実施するための適切なツールを提供することで解決できると、この団体の創設者は言う。

UNEPでの環境の枠組みの監視機関として、SGBFの役割には、そのコンセプトと目標を、変化する地域社会の中に反映させることを推し進めることが含まれる。変化が起こるためには、道徳的な行動規範を守ることを約束してきた、草の根レベルの地域社会の人々が、次の世代の未来を保証するために意識と行動を変える鍵だ、とアル・ファドル氏は述べた。

「オープンプラットフォームとしての私たちの役割は、ギャップを埋める、正直な声であることです。環境の悪化やパンデミックを伴う経済・社会的発展は、私たちの今後の発展と生存が依存するシステムそのものを危険にさらしています」と同氏は述べた。

SGBFは、サウジアラビアから地域社会、利害関係者、政策立案者への、ボランティア活動、擁護活動、持続可能な開発の原則に立脚しようという要請を代表している。

このNGOにとっての次のステップは、市民社会の関与を増やし、社会におけるボランティア統合問題の解決策を見つけ、女性や若者、高齢者のための社会的課題に優先順位を付けて取り組み、加盟国に対し、地球への悪影響を最小限にする習慣を構築・発展させる上で、自国の役割を強化するよう求めることだ。

アル・ファドル氏は、地球を守り、回復力を高めることは容易ではないと付け加えた。実施を促進するためにボランティアなどの現地の行動を強化しなければ、目標を達成し、成果が出るまでには時間が掛かるだろう、と同氏は述べた。

「国連加盟国は、人類が直面している、計り知れない規模の危機に立ち向かう責任があり、それは、世界中の都市や地域社会で隅に追いやられ、最も弱い立場に置かれている人々のためのサプライチェーンに、最も大きな犠牲を強いています」とアル・ファドル氏は述べた。

topics
特に人気
オススメ

return to top