Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 国連、2021年のレバノン法廷への資金提供を認める

国連、2021年のレバノン法廷への資金提供を認める

2005年のバレンタインデーにベイルートの海辺で起きたトラック爆弾テロによってハリリ元首相ら21人が死亡、226人が負傷し、シリアに対する大規模な抗議行動が引き起こされた。(AFP)
2005年のバレンタインデーにベイルートの海辺で起きたトラック爆弾テロによってハリリ元首相ら21人が死亡、226人が負傷し、シリアに対する大規模な抗議行動が引き起こされた。(AFP)
Short Url:
20 Feb 2021 06:02:54 GMT9
20 Feb 2021 06:02:54 GMT9
  • グテーレスは、同法廷のマンデートを3月1日から2年間延長する意向であると述べた
  • レバノンは法廷費用の49%を支払うことを義務付けられている

国連:国連安全保障理事会は、レバノンのラフィク・ハリリ元首相の2005年の暗殺事件の調査に関する法廷の運営への国連からの支援および資金提供を少なくとも年内は続けることを認めた。

国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、金曜日に配布された理事会への書簡の中で、レバノン特別法廷のイヴァナ・フドリチコヴァ裁判長より、2月28日のマンデート満了までに裁判を終えることができないと11月に伝えられたと述べている。

裁判官は「終了に向けて作業を大幅に前進させるために」2年間の延長を求めたとグテーレスは語る。

グテーレスは、3月1日から2年間、あるいは裁判が終了するか利用できる資金が枯渇するまで、同法廷のマンデートを延長する意向であると述べた。

レバノンは法廷の費用の49%を支払うことを義務付けられているが、法廷は深刻な資金不足に陥り、悲惨な財政状況に直面している。法廷の残りの51%の資金は、任意拠出金で賄われている。

グテーレスは、12月20日に国連加盟193カ国と国際社会に対し、法廷を支援するための緊急アピールを開始したが、「残念ながら、今回のアピールによって新たに資金を調達することはできなかった」と述べた。

追加の資金がなければ「2021年の第1四半期以降はマンデートを遂行できない可能性がある」との情報を国連は得たという。

「このような状況下で、現在進行中の特別法廷の司法手続きを突然終了させるという前例はない」とグテーレスは記す。「早すぎる終結は国際的な司法努力に大きな影響を与え、レバノンの人々と世界中のテロ被害者に否定的なメッセージを送るだろう」

グテーレスは、レバノン政府と安全保障理事会メンバーと協議した上で、2021年に予想されるレバノン政府とドナーからの資金の不足を補うため、「サブベンション」と呼ばれる約2500万ドルを総会に要請する意向であると述べた。これは法廷が追加資金を求める間の一時的なものになるだろうと、グテーレスは述べている。

イギリスのバーバラ・ウッドワード国連大使(現理事会議長)は事務総長への書簡で、同法廷のマンデートを延長し、2021年に向けて総会に約2500万ドルの資金を要求する意向をメンバーが承認したと述べた。

彼女は、これは法廷が受け取る任意拠出金から償還されることを理解した上でのことであり、法廷の任意拠出金の取り決めは変更されないとも述べている。

「評議会のメンバーは、レバノンからの拠出金はもちろん、ドナーからの拠出金も特別法廷の主要な資金源であり続けるべきであり、サブベンションへの依存を避けるためのさらなる努力をすべきだと強調している」とウッドワードは述べる。

2019年後半から始まったレバノンの経済・金融危機は、2020年には経済規模が19%縮小するなど、同国の経済・金融危機は近代史上最悪となっている。国内の数万人が職を失い、600万人以上という人口の半数近くが貧困の中で生活している。また、地域通貨の暴落によって3桁のインフレが引き起こされた。

世界銀行は12月初旬、レバノンの政治家が同国の回復を加速させるであろう改革の実施を拒んでいることから、同国の経済が「困難で長期化する不況」に直面していると述べた。

2005年のバレンタインデーにベイルートの海辺で起きたトラック爆弾テロによってハリリ元首相ら21人が死亡、226人が負傷し、シリアに対する大規模な抗議行動が引き起こされた。ダマスカスは関与を否定したが、29年ぶりにレバノンからの撤退を余儀なくされている。

国連によるハリリの暗殺調査は、その他14人のレバノン人の殺害にまで拡大された。

オランダの特別法廷は、ヒズボラ過激派組織のメンバーであるサリム・アヤシュに対し、本人不在の中、ハリリ暗殺に関与したとして12月に無期懲役の判決を下した。アヤシュはいまだ逮捕されていない。彼と一緒に裁判にかけられた他の3人のヒズボラメンバーは無罪となった。

要約:

国連安全保障理事会は、レバノンのラフィク・ハリリ元首相の2005年の暗殺事件の調査に関する法廷の運営への国連からの支援および資金提供を少なくとも年内は続けることを認めた。国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、金曜日に配布された理事会への書簡の中で、レバノン特別法廷の裁判長より、2月28日のマンデート満了までに裁判を終えることができないと11月に伝えられたと述べている。同議長は「終了に向けて」作業を大幅に前進させるため、2年間の延長を求めた。グテーレスは同法廷を2年間延長する意向だとしており、安保理事長によると、メンバーはマンデートの延長を承認したという。

AP

特に人気
オススメ

return to top