Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • スポーツクラブ役員に立候補のサウジアラビア人女性

スポーツクラブ役員に立候補のサウジアラビア人女性

Awatef Al-Sahoo(写真にはいない)は、アラブニュースに、彼女のノミネートは女性の役割が社会において重要という彼女の信念に触発されたものであると語った。(AFP通信/ファイル)
Awatef Al-Sahoo(写真にはいない)は、アラブニュースに、彼女のノミネートは女性の役割が社会において重要という彼女の信念に触発されたものであると語った。(AFP通信/ファイル)
Short Url:
15 Sep 2020 08:09:25 GMT9
15 Sep 2020 08:09:25 GMT9
  • これは王国のスポーツシーンにとって初の動きであり、Vision 2030の目標に沿ったものである。

Deema Al-Khudair と Tareq Al-Thaqafi

マッカ州ジェッダ: サッカーを深く愛し、ファンであるだけでなく、男性ばかりのサウジアラビアのクラブの役員になるべく、Awatef Al-Sahoo氏はサウジアラビア人女性として初めてクラブの役員に立候補した。

この予期せぬ動きは、王国のスポーツシーンでは初となる。Al-Sahoo氏はサウジアラビア人女性として初めて、アル・ジャウフのアル・カラーFCの役員への立候補を表明した。

彼女は先週の木曜日に、リストに競争相手の名が連なる中、クラブの理事会の役員への立候補の書類を提出した。Al-Sahoo氏は、サウジアラビアでスポーツに仕えるための、女性のスポーツ評議会を設立することに焦点を当てた書類を提出したいと考えており、スポーツコミュニティに受け入れられることを望んでいる。

彼女はアラブニュースに対し、女性の役割が社会において、特に女性アスリートにとって重要であり、それがバランスと統合を生み出し、女性がその潜在能力を最大限に発揮する例となり得る、という彼女の信念から立候補に至ったと語った。

彼女の物語は、スポーツ界への足掛かりとなった、アスリートAhmed Al-Sahoo氏との結婚から始まり、立候補に際して夫や家族の支持を得た。彼女はスポー競技のため、アル・カラーFCの役員になることを熱望していると語った。

「私の家は、クラブとその業務の管理センターへと変わった。アル・カラーFCは第2の家となり、皆で全力で大切にサポートしていく」と彼女は話す。

Al-Sahoo氏は戦う決意を見せており、選挙に敗北することを恐れていない。「私の投票権を行使することで、成功と卓越性を示す最高の水準と最新の技術に則って、文化的、社会的、そして洗練された方法で社会を発展させることができるコミュニティスポーツ分野を確立することを目指す」と彼女は話す。

昨年、Kholoud Attar氏は女性として初めてサッカークラブの一員となった。 現在、彼女はマッカ州のアル・ワフダFCメディアセンター長を務めている。彼女はアラブニュースに対し、王国はスポーツの分野で女性が何を提供すべきかを考える時期に来ていると話した。

「私は常に、ジェンダーの問題を回避し、新しいことに自分の時間を捧げることだけに集中する女性を称賛する。とても勇敢であり、きっと彼女は素晴らしい仕事を成し遂げる」とAttar氏は語った。

「私は彼女の決断を全面的に支持する。それどころか、スポーツの分野で働き、アル・ワフダFCを管理することで、この国において、女性によってこの分野に素晴らしい仕事と機会がもたらされる時期に来ていると確信している。」

Al-Sahoo氏の大胆な決断は、統合システムの大きな出発点であると同時に、地域の女性の尊敬を獲得した。

多くの人々はソーシャルメディアで、彼女の立候補を「勇敢で影響力がある」と歓迎した。

Al-Sahoo氏は次のように述べた。「次の選挙での私の成功は、世界に対し自分が誰であるか、何を与えることができるかを示し、これらの歴史的な瞬間を達成するために戦ったすべての野心的なサウジアラビア人女性の成功だ。勇敢にどんな分野にも参入したサウジアラビア人女性の行進として、必ず記録に残るだろう。」

最近、アル・カラーFCの役員職を終えた夫のAhmed Al-Sahoo氏は、この任命は彼女が待ち望んでいた願いであると話す。

彼女はアル・ジャウフの住民の希望と野心を背負う重要人物であり、選挙での彼女の敗北は、彼女と同世代のすべての野心的な女性の敗北を意味すると彼は付け加えた。

彼は、スポーツ分野における女性の野心をサポートし励まし、成功を確実にすることが重要であると述べた。

特に人気
オススメ

return to top