Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビア、IAEA委員会議長に選出

サウジアラビア、IAEA委員会議長に選出

(Shutterstock)
(Shutterstock)
Short Url:
25 Sep 2020 04:09:32 GMT9
25 Sep 2020 04:09:32 GMT9

Hibshi AlShammari 

リヤド:現在ウィーンで開かれている国際原子力機関(IAEA)の第64回総会で、イランに代わりサウジアラビアがIAEAの主要委員会の議長に選出された。

112か国中70か国がサウジアラビアに投票し、37か国は棄権した。

イランは物議を醸している核開発計画をめぐる意見の相違から、委員会の議長の座を奪われた。議長は、月曜日に開幕した1週間にわたるIAEA総会の前に出された決定事項を検討する責任を負っている。

イランはまた、アラブ首長国連邦(UAE)とIAEA理事会の座をめぐって争っている。理事会は、南アジアおよび中東地域を対象としたIAEAの基本方針の作成を担当する。

サルマン国王はニューヨークで開かれた第75回国連総会のビデオ演説で、サウジアラビアは過去数十年にわたりイランに対して積極的かつオープンな態度で平和的に手を差し伸べてきたが、無駄だったと述べた。

経済専門家のFadhel Albuainain氏はアラブニュースに対し、「イランは、原子力分野での違反と国際社会全般に敵意を向けているため、この委員会またはその他のあらゆる委員会の議長から除外することが重要です。私はサウジアラビアがイランからこの役割を奪い、イランを除外することに成功したと信じています」と語った。

同氏は、IAEA委員会の議長を務めることは、IAEA総会で提出されたプロジェクトの観点から重要だと述べた。サウジアラビアはこの点において、特に、同機関の最善の利益を達成するための加盟国との調整という観点から極めて重要な役割を果たすことができる。一方、サウジアラビアは民間の原子力を活用する準備を進めており、委員会の議長を務めることは、同機関内での立場を強めることになる。

同氏は、サウジアラビアが原子力の平和利用で極めて重要な役割を果たしており、石油依存に代わるエネルギー源の多様化のために使用される原子炉を建設しようとしていると述べた。

Albuainain氏によれば、アブドラ国王原子力・再生可能エネルギー都市(KACARE)は、原子エネルギーを生産する国家計画の実施に取り組んでいる。これは、国家開発の要件を満たし、エネルギー分野でのサウジアラビアの地位を固めるのを助けるものだ。

同氏はまた、サウジアラビアは平和的な目的で原子力技術を使用し、国のエネルギーミックスを多様化するために原子力を活用することを望んでいると付け加えた。これはサウジアラビアが宣言した目標であり、原子力機関とのパートナーシップを通じて達成に取り組んでいる

特に人気
オススメ

return to top