Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジエネルギー省:ジッダの施設の運営はフーシの攻撃にもかかわらず通常通り

サウジエネルギー省:ジッダの施設の運営はフーシの攻撃にもかかわらず通常通り

サウジアラビアの紅海の都市ジッダにあるサウジアラムコの石油施設への攻撃の翌日、損害を負ったサイロを調べる記者たち。2020年11月24日撮影。(AFP)
サウジアラビアの紅海の都市ジッダにあるサウジアラムコの石油施設への攻撃の翌日、損害を負ったサイロを調べる記者たち。2020年11月24日撮影。(AFP)
Short Url:
25 Nov 2020 12:11:30 GMT9
25 Nov 2020 12:11:30 GMT9
  • この事件は結局、石油製品に何の損害も与えなかったと、同省のある職員は述べた

アラブニュース

リヤド: ジッダ近郊の燃料集配施設の運営は、イエメンのフーシ武装集団のミサイル攻撃後も通常通り続いていると、サウジエネルギー省が火曜に述べた。

この事件は結局、石油製品に何の損害も与えなかったと、同省のある職員はAIアラビアテレビに話した。

月曜、イエメンから「テロ発射体」が発射された結果、ジッダ北部の石油製品集配所の燃料タンクで火災が起こった。

イエメンでの正当性回復のため戦っているアラブ連合軍は、ミサイルがイランの支援するフーシによって発射された証拠をつかんでいることを認めた。

国際エネルギー機関(IEA)は火曜、世界の石油市場は前日起こったサウジの石油施設への攻撃の後も、引き続き十分な供給があると述べた。

特に人気
オススメ

return to top