Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 「隠された」王国への扉を開くサウジの洞窟ガイド

「隠された」王国への扉を開くサウジの洞窟ガイド

ツアーガイドはモハメッド氏の人生だ。ガイドとして王国の洞窟とそれらの地質構造を専門分野とする彼は、海外やサウジ国内からの旅行者相手に案内役を務めている。(提供)
ツアーガイドはモハメッド氏の人生だ。ガイドとして王国の洞窟とそれらの地質構造を専門分野とする彼は、海外やサウジ国内からの旅行者相手に案内役を務めている。(提供)
Short Url:
21 Feb 2021 09:02:34 GMT9
21 Feb 2021 09:02:34 GMT9
  • 火山性溶岩によって長いトンネルになっているこの洞窟は、溶岩の表面が固まり始めた時、地下では高温のために溶岩が液状のまま残ってできたものだ

タレク・アルタガフィ

メッカ:メディナの洞窟ツアー専門家であるタレク・モハメッド氏は、サウジアラビアでジオツーリズムの新しい世界へ扉を開こうとしている。

ツアーガイドはモハメッド氏の人生だ。ガイドとして王国の洞窟とそれらの地質構造を専門分野とする彼は、海外やサウジ国内からの旅行者相手に案内役を務めている。

「ジオツーリズムについて話す時、まず思い浮かべるのはビーチや森、砂漠、山、地下井戸、温泉、そして旧火山地帯です。しかしサウジアラビアには、たくさんの遺跡や洞窟もあります。」と、モハメッド氏はアラブニュースへ語った。

ジオツーリズムは、王国で人気を再燃し始めている。あらゆる年齢の旅行者が、安全に冒険を楽しめる場所として洞窟を訪れるようになっているのだ。

ガイドのモハメッド氏によれば、サウジアラビア内の洞窟は地質区分によって5つの基本タイプに分けられる。寒い地域で氷によって形成される氷洞。波や海、あるいは川が巨大な岩や山に流れ込み、何千年もの間に大きな空洞を作る海食洞。火山性洞窟として知られる玄武岩洞窟。鍾乳洞。そして、砂山の中に形成される砂洞窟だ。

「玄武岩洞窟の一例が、メイカー・アルシャイヒーン洞窟です。全長およそ3,700メートルのそこは、中東最大の玄武岩洞窟に分類されています。」と彼は述べた。

火山性溶岩によって長いトンネルになっているこの洞窟は、溶岩の表面が固まり始めた時、地下では高温のために溶岩が液状のまま残ってできたものだ。

「溶岩は、チューブの終わりに到達するまで流れ続けます。洞窟の大きさは、幅4〜12メートル、高さ1.5〜12メートルと変化します。」彼は語った。メイカー・アルシャイヒーン洞窟は王国西部、メディナ地域のシャラットカイバルに位置している。

東部のアルカラ山にある砂洞窟は、この種の洞窟の素晴らしい例である、とモハメッド氏は述べた。

鍾乳洞は、地表より下に形成される。何百万年もの間に、酸性の地下水あるいは地下河川が石灰岩を浸食し、時が経つにつれ大きくなる空洞を残すのだ。

「アルムラバ(四角の)洞窟とタハレブ(藻)洞窟は、鍾乳洞の例です。タハレブ(藻)洞窟は湿気があることが特徴で、入り口に数種類の藻が見つかります。そのため、この名前が付けられました。」と彼は語った。

「様々な鍾乳石や石筍などの異なる構成と形という観点で、これらは最も美しい洞窟だと思います。」

モハメッド氏によれば、これらの種類の洞窟が見つかるのは王国の中央部だ。

こういった空洞は、「洞窟(cave)」あるいはそれとほぼ同じ意味を持つ「デール(dehl)」と呼ばれる、と彼は説明した。しかし1つ異なるのは、洞窟の入り口が水平に開いた空洞であるのに対し、デールの入り口は縦に開いた空洞であるという点だ。

洞窟の温度は朝夕それに冬も夏も24〜26度で一定に保たれているため、洞窟ツーリズムは年中利用することができる、とモハメッド氏は述べた。

洞窟を訪れる場合には、その特性を解説することのできる専門ガイドを伴うべきである、と彼は語った。

特に人気
オススメ

return to top