Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアはアフリカで「重要な役割」を担ってきた=EUエチオピア担当特使

サウジアラビアはアフリカで「重要な役割」を担ってきた=EUエチオピア担当特使

フィンランドの外交官ペッカ・ハーヴィストは、EU特使としての2回目の任務でエチオピアに行く前に、サウジアラビアとアラブ首長国連邦を訪問している(提供写真)
フィンランドの外交官ペッカ・ハーヴィストは、EU特使としての2回目の任務でエチオピアに行く前に、サウジアラビアとアラブ首長国連邦を訪問している(提供写真)
Short Url:
07 Apr 2021 04:04:41 GMT9
07 Apr 2021 04:04:41 GMT9
  • ペッカ・ハーヴィストは、EU特使としての2度目の任務でエチオピアに向かう途中、サウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)を訪問する
  • フィンランドの外交官は、サウジアラビア政府関係者と協議した問題の中にイエメンのラマダン期間中の平和があったと語る

ノーア・ヌガリ

リヤド: EUのエチオピア担当特使は、ティグライ地方の紛争を終結させるための国際協力の重要性を強調した。

フィンランドのペッカ・ハーヴィスト外相は、日曜日にリヤドで行われたアラブニュースとの幅広いインタビューの中で、サウジアラビアが「アフリカ全体のすべての当事者と良好な関係」を持っていることから、EUがサウジアラビアと協力することが重要であると述べた。

ハーヴィストまた、イエメン和平に向けたサウジアラビアの最新の提案を「非常に前向きなイニシアチブ」と評し、フーシ派によるイエメンとサウジアラビアの民間人への意図的な攻撃を改めて非難した。

ジョセップ・ボレルEU上級代表の委任を受けたハーヴィストは、EU特使として2回目の任務であるエチオピア訪問の前に、サウジアラビアとアラブ首長国連邦を訪問する。

「この問題における国際協力は非常に重要である」と彼は述べ、スーダンとエチオピアの緊張関係や、グランド・エチオピア・ルネッサンス・ダムの建設をめぐるエチオピア、エジプト、スーダンの意見の相違など、すでに紛争が多発しているこの地域で、新たな紛争が発生するリスクを挙げた。

「欧州連合(EU)は、エチオピアのティグライ地方で起きた対立に非常に早くから反応し、暴力の使用を非難しました」と彼は述べる。「もちろん、新たな難民の波が一部スーダン側に押し寄せていることにも大きな懸念を抱いています」

ハーヴィストは、12月と2月にエチオピアの指導者と会談したのに加え、2月上旬にスーダン側の難民キャンプを訪問した。当時、ティグライの事件にエリトリア軍が関与しているかどうか、民兵が混乱を引き起こしているかどうかは明らかではなかった。

「私たちはエチオピアの指導者たちに、ティグライ地方のすべての地域への完全な人道的アクセス、人権侵害の完全な調査、当事者間の対話、そして敵対行為の停止を求めてきました」と彼はアラブニュースに語る。

「これは、隣国のエリトリアに対しても同様のメッセージです。私たちは、エリトリア軍をティグライから撤退させることを求めています」

ハーヴィストによると、EUチームとサウジアラビア政府関係者は、会談の中で、より広い地域の状況について意見を交換し、今後も進展状況について意見を交換し、より緊密な協力関係の可能性を探ることで合意したという。

また、EUチームは、サウジアラビアの人道支援機関の関係者との会合も行ったという。「人道援助を必要としている人々の発展と評価のためには、アフリカ全体を前向きに捉えることも非常に重要です」と彼は述べる。「私たちはソマリアの状況にも触れましたが、これはアフリカに関する差し迫った問題でもあります」

ハーヴィストは、サウジアラビアとEUが協力する可能性は十分にあると考えている。「もちろん、エリトリアとエチオピアの和平合意においてサウジアラビアが重要な役割を果たしたことや、スーダンの移行プロセスにおいてサウジアラビアが継続的に支援を行っていることを賞賛しています。サウジアラビアは、アフリカ全体のすべての当事者と良好な関係を築いている国ですから、EUがサウジアラビアと協力することは重要なのです」

リヤドでの議論では、ラマダン中のイエメンでの停戦の可能性を探った。わずか2週間後に迫った聖なる月には、和平交渉が活発化する可能性があることを強調し、ハーヴィストは次のように述べた。「サウジアラビアの指導者は、来るべきラマダンの月に平和を実現することがいかに重要であるかを何度も述べており、誰もがそれを希求していると思います」

「私は、フーシ派を交渉のテーブルに着かせるために、国際社会から統一された共通のメッセージを発するべきだと思っています。私達はこれ以上の暴力を許容するべきではなく、特に民間人やイエメンの民間人の運命について考えるべきです」

3月7日、イエメンのフーシ派が運営する収容所で、40人以上のエチオピア人移民が焼死した。この残虐行為について、ハーヴィストは次のように述べている。「私達は、フーシ派による(イエメンの)民間人やサウジアラビアの罪のない民間人への攻撃と、他の地域への戦争の拡大をすべて非難しています。これは到底受け入れられません。

「私達は、この問題に関する米国の特使マーティン・グリフィスの活動と提案を支持しています。また、和平合意に向けたサウジアラビア政府の非常に前向きな取り組みにも注目しています」

「今こそ、これ以上の暴力や爆撃を自重し、交渉による解決策を見出すためにテーブルにつくことを、すべての側に要請すべきです。これはあまりにも長い間続いてきた戦争だと思います」。

また、EUとサウジアラビアの関係について、ハーアヴィスト氏は次のように述べています。「まず、EUはサウジアラビアにとって2番目に大きな貿易相手国であるということを指摘しておきましょう。つまり、私たちは民間部門で多くの共通点があり、そこに発展させるべき共通の利益があるのです」

「私達は、(サウジアラビアの)ビジョン2030(計画)、サウジアラビア社会の改革(特に女性の役割に関するもの)、人権の問題、労働法の改革の問題などを非常に注視しており、これらは将来に向けた前向きなステップとなっています」

「私達は、地域の問題について、より緊密な協力関係を求めています。紅海に関する問題で協力するための紅海協議会など、サウジアラビアの優れた取り組みを十分に理解しています。また、サウジアラビアの新しい『グリーン』イニシアティブについても非常に好意的に受け止めています」

「欧州連合EUでは、グラスゴーで開催されるCOP26気候会議に向けて準備を進めていますが、気候目標を達成することは非常に重要です。また、環境にやさしい新技術やエネルギー製品は、EUとサウジアラビアの双方が関心を持っているものです」

同氏は、EUとサウジアラビアの関係を「非常に良好」と評し、ボレルが近々サウジアラビアを訪問する意向であると述べた。「EUの機関とサウジアラビアの間にこのような個人的なつながりがあることは非常に重要です」と彼は述べた。

ハーヴィストは、コロナウイルスとの世界的な戦いについても言及し、隣人が予防接種を受けていない場合、個人が予防接種を受けるだけでは不十分であると述べた。

「私達は時々、ワクチンの連帯という言葉を使いますが、これは自分自身がワクチンを接種するだけでは不十分だということです」と彼はアラブニュースに語る。「隣人にも接種し、隣国にも接種し、最終的には全世界で接種しなければならないのです」

ハーヴィストは、パンデミック対策としてワクチン接種の重要性を訴える共通の情報キャンペーンが必要だと述べる。また、公衆衛生上の危機がコントロールされていない国で、コロナウイルスの新たな変異を増やす余裕はないと述べた。

「サウジアラビアでも同様の考えがあります。これは、現在の世界ではある意味、経済的な問題でもあるので、予防接種が効いた後に経済を正常に戻すために、条件を整えるべきだと考えています」と彼は語る。

同氏は、世界が完全にワクチンを接種しなければ、突然変異を食い止めることはできないと説明し、EUとサウジアラビアの両方が協力できると述べた。「ヨーロッパとサウジアラビアが協力できるのは、分野別の健康外交と健康安全保障です」

また、気候変動の影響を緩和するための方策について、同氏は次のように述べた。「水不足は、この地域にとって非常に非常に重要な問題です。数年前、イエメン内戦の前にサヌアを訪れたとき、多くの人が、この地域で水が完全に枯渇する最初の首都の一つになるかもしれないと言っていたことを覚えています」

「当時から、節水のための新しい方法や、太陽電池などの技術を使って環境にやさしい方法で飲料水を作ることが必要だと言われていたと思います」

Twitter: @NoorNugali

特に人気
オススメ

return to top