Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアからのフライトに「タワカルナ」の健康状況確認を義務付け

サウジアラビアからのフライトに「タワカルナ」の健康状況確認を義務付け

GACAは、非感染の証明は「タワカルナ」の健康状況記録のみで十分であり、補助書類は必要ないとしている。(SPA)
GACAは、非感染の証明は「タワカルナ」の健康状況記録のみで十分であり、補助書類は必要ないとしている。(SPA)
Short Url:
24 Apr 2021 08:04:18 GMT9
24 Apr 2021 08:04:18 GMT9
  • 保健省によれば、国内のサウジ国民と在サウジ外国人への新型コロナウイルスワクチン接種は続けられており、これまでに786万8232人が接種を受けた。

アラブニュース

ジッダ:サウジアラビアの民間航空総局(GACA)は、国内で操業する各航空会社に対して、乗客の「タワカルナ」アプリの健康状況が、「接種済み」あるいは「感染が確認されていない」と記録されている場合のみ搭乗券を発行するようにと通告した。

各航空会社とサウジ・データ人工知能局は、至急に乗客のデータをアプリにリンクさせるよう迅速に取り組むことを指示された。GACAは、非感染の証明は「タワカルナ」の健康状況記録のみで十分であり、補助書類は必要ないとしている。

GACAはまた、健康状況が要件を満たさない乗客に対して予約をキャンセルせざるを得ない旨をテキストメッセージで連絡する仕組みも提供するよう指示した。同局は、予約をキャンセルする際に乗客の権利を守ることの重要性を強調した。

一方で、国内のサウジ国民と在サウジ外国人へのワクチン接種は続けられており、これまでに786万8232人が接種を受けたと保健省が発表した。

保健省は金曜日、1098人の新たな感染を報告し、これにより国内の延べ感染者数は41万191人となった。9660人が現在も罹患中で、そのうち重症者は1205人となっている。

新たな感染者のうち454人がリヤド地域、244人がマッカ地域、171人が東部州、42人がマディナ地域だった。

その一方で、1205人が新たに回復し、延べ回復者数は39万3653人となった。

新型コロナウイルス関連の新たな死者は9人で、総死者数は6878人に増えた。

保健当局はこれまでに、過去24時間の6万3320件を含む1647万7359件のPCR検査を実施した。

検査拠点や治療施設として保健省が設置したサウジの診療所が、全国で数十万という人々を救ってきた。

そうした検査拠点の中に、「ターカド(確認)」センターや「テタマン(休息保証)」診療所がある。

「ターカド」センターは、無症状や軽度の症状を示す人々や、感染者と接触した自覚のある人々に検査を提供し、「テタマン」診療所は、発熱、味覚障害、嗅覚障害、呼吸困難などの感染症状のある人々に、治療や助言を提供する施設だ。

どちらのサービスも、保健省のSehhatyアプリから予約することができる。

特に人気
オススメ

return to top