Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビア、民営化計画で550億ドル調達を目指す

サウジアラビア、民営化計画で550億ドル調達を目指す

サウジアラビアは最近、16産業にまたがる160件のプロジェクトを含む民営化計画を発表した、とサウジのムハンマド・ジャドアーン氏は述べた。(資料写真/AFP)
サウジアラビアは最近、16産業にまたがる160件のプロジェクトを含む民営化計画を発表した、とサウジのムハンマド・ジャドアーン氏は述べた。(資料写真/AFP)
Short Url:
04 Jun 2021 05:06:09 GMT9
04 Jun 2021 05:06:09 GMT9

アラブニュース

  • ジャドアーン氏はイタリアのダニエレ・フランコ財務相とともにG20のハイレベル会議を開催した
  • ジャドアーン財務相は、経済活動の促進にはインフラが重要な役割を果たすと述べた

リヤド:サウジアラビアは民営化計画で550億ドルの資金の調達を目指している。同国の財務相が3日に述べた。

サウジアラビアは最近、資産売却と官民連携を含む、16産業にまたがる160件のプロジェクトの民営化計画を発表した。ムハンマド・ジャドアーン氏が明らかにした。

「我々の目標は、民営化計画で約550億ドルを確保することだ。そのうち165億ドルは官民連携で確保されるだろう」

同氏はこう付け加えた。「我々が期待しているのは、こうしたパートナーシップを通じて、インフラ、医療サービス、都市交通網、学校建設、空港サービス、海水淡水化プラント、下水処理の運営管理や資金調達に、民間セクターを活用することだ。目的は、より良く、費用対効果がより高い、効率的な実践を確保し、材料やエネルギーの使用量を削減し、国民や世界全体のために、改善された製品やサービスを提供することだ」

ジャドアーン氏はイタリアのダニエレ・フランコ経済財務相とともに「2021 G20 インフラ投資家による意見交換:再建を目指す、持続可能なインフラへの資金提供」と題したハイレベルの会議を開催した。G20の財務相や国際・地方組織、民間セクターの代表や大型投資家、アセットマネージャーが出席した。

インフラは、経済活動の促進において重要な役割を果たし、生産性を根本的に支え、強固で包括的で持続可能な成長のための強固な基盤を提供する、とジャドアーン氏は述べた。

持続可能な開発と質の高いインフラへの資金提供はG20の関心事であり、インフラにおける資金調達ギャップを埋めるにはさらなる努力が必要だ、とジャドアーン氏は付け加えた。

サウジアラビアは昨年、G20の議長国を務めた。G20は経済協力開発機構(OECD)と連携し、インフラ分野の機関投資家やアセットマネージャーと協力してG20の報告書を作成した、とジャドアーン氏は述べた。

その報告者は、G20諸国の首脳や財務相、中央銀行総裁から評価された。

今回の会議は、G20が昨年得た肯定的な結果から利益を得ることを目的としている。昨年は、インフラ投資家が参加する討論会が多数開催された。

サウジアラビアはG20トロイカの一国だ。同国は、力強く、均衡が取れ、持続可能で包括的な経済成長の実現を目指したG20の取り組みを支援したいと考えている。

今回の会議は、変化をもたらすインフラに投資するための、投資家との話し合いに行動指向のアジェンダを提示する良い機会だ。アジェンダは10月に、G20財務大臣・中央銀行総裁会議で話し合われる予定であり、イタリアが議長国を務める。

特に人気
オススメ

return to top