Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • オマーンのハイサム国王 サウジアラビア訪問は両国の絆の深化への出発点

オマーンのハイサム国王 サウジアラビア訪問は両国の絆の深化への出発点

2021年1月5日、アル・ウラーで開催された湾岸協力会議の第41回サミットに出席するためサウジアラビアに到着した、オマーンのファハド・ビン・マフムード・アール・サイード副首相を歓迎するサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子。(SPA)
2021年1月5日、アル・ウラーで開催された湾岸協力会議の第41回サミットに出席するためサウジアラビアに到着した、オマーンのファハド・ビン・マフムード・アール・サイード副首相を歓迎するサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子。(SPA)
Short Url:
11 Jul 2021 09:07:35 GMT9
11 Jul 2021 09:07:35 GMT9
  • 変化し続ける地域の状況は、両国の指導層が協力をさらに推進する要因となっている

リヤド:サウジアラビアとオマーン両国は、それぞれサルマン国王とハイサム国王のリーダーシップの下、協力と投資の領域を着実に広げることにより、国としての能力を高め、双方にさらなる繁栄をもたらし、国民の願いに応えている。

友好と結束の原則は、国家間の深く堅固な関係の基盤となる。こうした基盤は二国間協力の充実に役立ち、また安全と安定の実現への努力の中で、地域の他の国々やより広い世界との理解と対話の架け橋を築くための出発点として機能する。

過去半世紀にわたって、サウジアラビアとオマーン両国の政府同士の関係は、指導者たちの間の協力関係と相互尊重、および地域的および国際的な問題に関して見解を一にすることを特徴としてきた。一方、共有してきた歴史、本物のアラブの習慣と伝統、そして周知の文化遺産に囲まれて、両国の人々の間には長年の友好関係による深い結びつきがある。 

地域的には、両国は湾岸協力会議(GCC)の傘下で加盟国と協力し、共通のビジョンと戦略的目標に従って、さまざまな分野において加盟国間の調整と連携を実現している。こうした取り組みは、アラブ連盟とイスラム協力機構のメンバーシップ、および国連の一部として、平和と安全を支援する国際社会との協力によりさらに発展している。

変化し続ける湾岸地域の状況は、サウジアラビアとオマーンの指導層が、安全と安定を保証し、開発を後押ししようとする努力の一環として、二国間、アラビア湾岸、およびさらに広い地域の各レベルで協力をさらに推進する要因となっている。

オマーンのハイサム国王にとって、サルマン国王の招待による今週のサウジアラビア訪問は、昨年1月の即位以来初めての外国訪問である。このことは、オマーンにおける政治および人気のレベルでのサウジアラビアとその指導層の評価の高さを反映したものであり、そうした評価は、サウジアラビアの指導層と国民がオマーンとその指導層に対して抱いている感謝と尊敬の念と相似したものでもある。 

サウジアラビアとオマーンの指導者の会談は、地域の安定を含む両国の利益に役立つ問題についての協議と調整を主目的としており、最新の国内および国際的な状況の進展への対処する両国指導層の知恵と先見性を反映したものとなる。

ハイサム国王は、地域と世界の政治、経済、社会、そして健康に関する状況の進展と課題を考えると、歴史上の非常に重要な時期にオマーンで権力の座についたことになる。これらの課題は、確立されたオマーンの統治の伝統を守ることだけでなく、変化と近代化に向けた必要性と要件も考慮に入れて対処されなければならない。即位してすぐに、ハイサム国王は重要な政治、財政的、経済の改革政策を発表した。これには、オマーンの人々の希望と願いにより効果的に応え、国の安全と安定を維持するための国家機関・組織の構造開発が含まれている。

同時に、ハイサム国王はオマーンが外交政策で採用してきた伝統的なアプローチを継続することを約束した。これにより、他国の情勢に干渉しない、湾岸協力会議加盟国間の共同行動のプロセスを前進させる、という従来からの方針の堅持が確かめられた。

ハイサム国王は次から次に発生する課題に取り組み続けているが、彼には国王になる以前の長年にわたる外交および政府関係の豊富な業務経験という強みがある。特に、国の未来のためのプロジェクト「オマーン・ビジョン2040」を担当した中心的委員会の議長を務めていたことは大きな利点となっている。

サウジアラビアとオマーン両国の経済関係を強化に向けた共同活動の取り組みの中で、「サウジ・ビジョン2030」と「オマーン・ビジョン2040」は、貿易と投資の分野で共通したアプローチと機会を提供するもので、両国の収入と経済構造の多様化を支援する内容となっている。

サウジアラビア国営通信

topics
特に人気
オススメ

return to top