Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 私たちの目的は、9.11テロを触発したイデオロギーを根絶すること

私たちの目的は、9.11テロを触発したイデオロギーを根絶すること

(Supplied)
(Supplied)
Short Url:
14 Sep 2021 04:09:33 GMT9
14 Sep 2021 04:09:33 GMT9
  • Etidal(過激主義対策グローバルセンター)の事務局長であるマンスール・アル・シャンマリ博士がアラブニュースに語った。
  • 同氏は、サウジアラビアは9.11テロを正当化するために使われた醜いイデオロギーを暴くために真摯に取り組んでいると述べた

モハメド・アル・スラミ

ジェッダ:2001年9月11日のテロ攻撃の犯人は、信仰を捻じ曲げることで世界中のイスラム教徒に危害を加えたと「過激主義対策グローバルセンター(エティダル/Etidal)」の事務局長であるマンスール・アル・シャンマリ博士は語った。

リヤドで行われたアラブニュースの独占インタビューでアル・シャンマリ博士は、サウジアラビアは、致命的な攻撃のきっかけとなったイデオロギーと戦い、それを根絶するために断固とした行動をとったと述べた。

「ニューヨークとワシントンD.C.へのテロ攻撃から生じた多くの対策は、アルカイダの虚無的な(ニヒリズム)、恐ろしい暴力、教義の歪曲に立ち向かおうとするものでした」と氏は語っている。

アラビア語で「中庸」と訳されるEtidalは、2017年5月、リヤドで開催された「アラブ・イスラム・アメリカ・サミット」に出席したドナルド・トランプ米大統領(当時)ら首脳陣とともに、サルマン国王が発足させた。

この組織は、人々や政府が人類共通の敵に立ち向かい、過激なイデオロギーと戦い、寛容と節度を広め、世界平和の機会を促進することを目的としている。

「9月11日の同時多発テロを記念する今年の意義、それはニヒリズムに根ざした暴力が無益であり、それを止めるために必要な勇気は、暴力の行使に必要な勇気よりも大きく、崇高なものであるという事実を認識することにあります。宗教の教えの誤った解釈を抑制し、教義を適切な文脈で捉えることが、真の理解の始まりです」とアル・シャンマリ氏は述べている。

質問: 911日の同時多発テロから20周年を迎え、アフガニスタンに新たな危機が訪れています。この偶然の一致をどのように捉えていますか?

9月11日の事件は、約20億人のイスラム教徒の文明的価値観に対する痛烈な攻撃でした。テロリストたちは、イスラム教徒を含む何千人もの無実の人々の命を奪った凶悪な犯罪を正当化するために、彼らの神聖な宗教的文章にしがみつき、それを日和見的に利用しました。

現代では、9.11テロ以外にも過激な暴力事件が発生しています。テロリスト達は命を守るために戦っているわけではなく、通常は勝利のための戦略を持っていません。それどころか、彼らは自分たちの間でも他人との間でも、命を守る行為に対して戦いを仕掛けます。だからこそ、テロの加害者たちは、無意味な暴力行為で人生を棒に振り、時間とともに自身も無意味な存在になっていくのだと思います。

テロリストの暴力は、正規軍が戦場で目に見える勝利を求め、通常は合理的な損得勘定に基づいて行われる戦争の、言わば測定しやすい暴力とは異なります。

テロリストの、宗教の教えに対する誤った解釈は、イスラム教徒に対する歪んだ、ネガティブなイメージとなって世間に広まり、それが彼らの信仰に対する悪質な攻撃となったのです。

同時多発テロの後にとられた措置は、2つの新しい現象、「虚無的な暴力」と「信仰の曲解」に立ち向かう挑戦です。アフガニスタンはこの2つの現象の犠牲になっています。この国は、一方の側が決定的な勝利を収めなければ終わることのない、地獄のような戦争機械の実験台と化しています。過激な武装集団はアフガニスタンを、すべての人間が攻撃しあう、失われた戦場に変えてしまいました。

今年の9月11日の同時多発テロを記念することの重要性は、虚無的な暴力の無益さを認識することにあると言えます。それを止めるために必要な勇気は、暴力を実行するために必要なものよりも大きく、より崇高なものです。また、宗教の教義を定義し、現代的な文脈の中で適切に解釈することは、政治的な成熟を達成するための始まりでもあります。

もし、私たちが心ないニヒリズムを一掃し、逸脱した思想を否定することに成功すれば、9月11日の災害から生み出された、痛ましくも意義のある遺産を後世に残すことができるかもしれません。

質問: アルカイダによるニューヨークの世界貿易センタービルへの攻撃には、象徴的な意味があったのでしょうか?

まず第一に、9月11日の大惨事はどこからともなくやってきたわけではありません。第二次世界大戦後からずっと、世界中で緊張状態が続いていました。私たちは、アフガニスタンでの戦争が、このような継続的な緊張状態の一部であったことを知っています。宗教的なイデオロギーが戦闘員の動員に使われたように、マルクス主義的なイデオロギーが東アジアやラテンアメリカの多くの国で同時に同じ役割を果たしました。

しかし、ソ連崩壊後の世界秩序は、国際関係において一極集中へと移行しました。それは、多国籍企業を絶対的に優遇し、世界に一貫した、統一された発展モデルを押し付けようとするグローバル化した経済システムの枠組みの中でのことでした。アルカイダが世界貿易センタービルの2つのタワーを攻撃対象に選んだのは、このような背景があったからです。

自爆テロは、不安感を煽ることで貿易や観光業を混乱させることを目的としていました。このような変化は、意図的にせよそうでないにせよ、アルカイダのテロリストたちに無料でプロパガンダを提供し、彼らを最小限のコストで国際的な人物に変えてしまう衛星テレビチャンネルという形で、メディア業界に革命をもたらしました。

質問: 9.11から20年が経過した現在、テロをどのように捉えていますか?

地上でのテロリズムから「ネットワーク化されたテロリズム」へと移行しています。この変化は、過去20年間の組織の変革の歴史を反映しています。

私たちは、これらの変化を追跡することがいかに難しいかを具体的に認識しており、そのためにEtidalでは、これらの変化に基づいて戦略を更新しています。それは単なる形式的な違いではないと考えています。

そのため、私たちはデジタルテロリズムのさまざまな兆候に大きな関心を持ち、国際的なパートナーシップの構築を継続的に目指しています。ソーシャルメディアネットワークは、テロリストや過激派組織とそのシンパの間の物理的な境界線をなくしてしまいました。こういったデジタルへの移行は、局所的なテロリズムや過激主義の終焉を意味すると認識しています。

質問: Etidalはどのようなプロジェクトを行っているのですか?

私たちの認識は次のように成り立っています。あらゆる形態のテロリズムの起源は「過激なイデオロギー」であり、だからこそあらゆるテロリズムは必然的に過激派の形態である。しかし、すべての過激主義がテロリズムではありません。だから、私たちは、テロリズムではなく「過激なイデオロギー」に対抗することに重点を置いています。

私たちは、テロリストが過激派のプロパガンダを利用して共感者を集め、勧誘する方法を開発するのを防ぐために、積極的に行動することを目指しています。私たちの取り組みは、現地で過激派と直接衝突することなく、彼らと対峙することになります。私たちは、過激派が、騙されやすい共感者を獲得する前に、誤った宗教的基盤を監視し、フォローアップを行い、切り離すことで、洗脳の手段を破壊していると言えます。

物理的・思想的なテロ対策の専門家であるジョン・アビザイド駐サウジアラビア大使はかつて「軍事的には、橋やビルを破壊することは、思想を弱体化させることよりもはるかに容易である」と述べています。実際、私たちEtidalは、まさにこの「思想の戦争」に勝とうとしているのです。

しかし、私たちはその困難な課題の大きさも認識しています。9月11日の同時多発テロは痛ましい記憶となっていますが、人々の心に残っているのは、有名なタワーが壊滅的に崩壊し、テロリストの手によって何千人もの人々が亡くなったという大きな人的悲劇を伴ったイメージだけです。

サウジアラビアでは、9.11テロを正当化するために用いられたイデオロギーの醜さを明らかにし、そのような思想とあらゆる方法で闘うために、Etidalを通じて最大限の努力で取り組んでいます。

また、今後、同様のテロ行為が繰り返されないためには、テロリズムを支える過激なイデオロギーの正体を暴き、少なくともそれを抑制し、人々を誤解させたり惹きつけたりする力を弱める努力が成功するかどうかにかかっていると考えます。

特に人気
オススメ

return to top