Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビア、オゾン層保護の世界的イニシアティブに参加

サウジアラビア、オゾン層保護の世界的イニシアティブに参加

Short Url:
16 Sep 2021 10:09:22 GMT9
16 Sep 2021 10:09:22 GMT9

ジェッダ: サウジアラビアがオゾン層保護のための世界的な取り組みに参加する。

国立環境コンプライアンスセンターが代表を務めるサウジアラビアは、木曜日に「オゾン層保護のための国際デー」を記念した式典に参加する。

 1987年9月16日、190カ国以上がモントリオール議定書に署名し、オゾン層破壊物質の段階的削減に向けた世界レベルでの対策を決定した。

オゾン層は、太陽からの紫外線の大部分を吸収する地球大気の薄い層ですが、オゾン層が破壊されると、より多くの紫外線が地表に到達し、人間や他の生物に害を及ぼす可能性がある。

NCECの広報担当者のアブドゥラー・アル・ムタイリ氏は次のように述べている。「国家環境戦略は、サウジアラビアが地域的にも国際的にも主導的な役割を果たしていることや、環境面、特にオゾン層の保護に関する面で顕著なリーダーシップを発揮していることを考慮しても、サウジアラビアを他国と区別する重要な柱となっている」

サウジアラビアは、オゾン層破壊物質やハイドロフルオロカーボン(HFC)に関する規制の実施をNCECに委ねることで、モントリオール議定書の採択に向けた積極的なパートナーシップと真剣さを確認した、と指摘した。

ハイドロフルオロカーボンは、大気最下層でも化学的に安定しているのが特徴で、塩素、臭素、またはその両方の原子を1つ以上含んでおり、高層大気の成層圏で順次相互作用を起こして、オゾン層を破壊をする。

アル・ムタイリ氏は、NCECが国連環境計画と継続的に連携・協力していることを指摘した

「王国の積極的なプレゼンスのおかげで、豊かな環境を維持・保全するために世界中の環境団体と協力するという法案ができ、指導プログラムの準備・実施、啓発資料の提供だけでなく、この重要な議定書の実施のために、会議やワークショップを開催し、環境保護活動の促進、技術向上に向けては政府や民間部門とのパートナーシップの支援がしてきた」と付け加えた。

また、同センターの広報担当者は、オゾン層の持続可能性に貢献する環境にやさしい技術を王国で提供するため、国際的なパートナーと情報や専門知識を交換し、民間団体と関連研究を積極的に行ってきたことを強調した。

同センターは関連当局と協力して、オゾン層に有害な物質の輸出入を規制し、オゾンの汚染や劣化を軽減するプログラムや活動を実施した、と述べた。

また、アル・ムタイリ氏は、NCECが環境保護活動に携わる技術者や実務者のスキルレベルを向上させるために、トレーニングプログラムを開催する役割も担っていた、と付け加えた。

SPA

特に人気
オススメ

return to top