Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビア初の女性プロ・スカイダイバーチームの挑戦

サウジアラビア初の女性プロ・スカイダイバーチームの挑戦

3人の女性がキングアブドラ・エコノミックシティーでトレーニングを受け、米国パラシュート協会からプロライセンスを取得した。(提供)
3人の女性がキングアブドラ・エコノミックシティーでトレーニングを受け、米国パラシュート協会からプロライセンスを取得した。(提供)
3人の女性がキングアブドラ・エコノミックシティーでトレーニングを受け、米国パラシュート協会からプロライセンスを取得した。(提供)
3人の女性がキングアブドラ・エコノミックシティーでトレーニングを受け、米国パラシュート協会からプロライセンスを取得した。(提供)
3人の女性がキングアブドラ・エコノミックシティーでトレーニングを受け、米国パラシュート協会からプロライセンスを取得した。(提供)
3人の女性がキングアブドラ・エコノミックシティーでトレーニングを受け、米国パラシュート協会からプロライセンスを取得した。(提供)
3人の女性がキングアブドラ・エコノミックシティーでトレーニングを受け、米国パラシュート協会からプロライセンスを取得した。(提供)
3人の女性がキングアブドラ・エコノミックシティーでトレーニングを受け、米国パラシュート協会からプロライセンスを取得した。(提供)
Short Url:
30 Sep 2021 02:09:00 GMT9
30 Sep 2021 02:09:00 GMT9
  • アラー・ダファー、マラム・アル・イード、ラザン・アル・グファイリの3人は、高さ12,000フィートのブラックホークヘリコプターからジャンプ、公式デビューを果たした

サーレハ・ファリード

ジェッダ:彼女たちの空に限界はない。サウジアラビアの女性3人が、プロのスカイダイバーとしての資格を取得

アラー・ダファー、マラム・アル・イード、ラザン・アル・グファイリの3人は、サウジアラビア・エクストリームスポーツ連盟(SAESF)初の女性スカイダイバーチームとして、高さ12,000フィートのブラックホークヘリコプターからジャンプ、公式デビューを果たした。

この3人はキングアブドラ・エコノミックシティーで開催された、第3回スカイダイビング・キャンプに参加した。SAESFのエグゼクティブ・ディレクターであるアブドルマジード・アル・ムタイリ氏はアラブニュースに語る。「このエクストリームなスポーツに女性の要素が加わったことは『単に男性のパートナーとして』スポーツに参加している、王国の全ての女性に向けたメッセージとなるでしょう」

「私たちは、ここサウジアラビアでトレーニングを受けた最初の女性たちの卒業を喜んでいます。彼女たちはトレーニングプログラムを順調に修了し、ついにスカイダイビングのライセンスを取得、サウジアラビア国内でトレーニングを受けた初の女性スカイダイバーとなりました」と述べた。

彼女たちは、世界的なパラシュート競技の団体である米国パラシュート協会からプロライセンスを授与された。

リヤドでフリーランスのパーソナルトレーナーやスケートのコーチをしているアル・イード氏はアラブニュースにこう語っている。「自分を冒険家と呼べるかどうかはわかりませんが、私は恐怖に立ち向かい、自分の限界に挑戦することを愛する人間です」

「もちろん、安全対策は考慮しなければなりませんが、私がこのスポーツを選んだのは、昔から翼や、空を飛ぶことが好きだったからです。文字通り自由に空を飛べることを無視して生きるなんて考えられませんでした」

「でも正直に言うと、最初はとても興奮したと同時に、怖かったです。しかし、3回目のジャンプの後には恐怖心はなくなり、経験したことのない感覚を味わうことができました。もうやめることは考えられませんね」

27歳の彼女は、来年のサウジ・ナショナルデーでスカイダイビングのフォーメーションチームと共演することを希望している。「私はまだコースに合格したばかりなので、今年のショーには参加しませんでしたが、私たちの女性としての目標は、来年こそはスカイダイビングのチームを作り、参加することです」

メッカ出身のダファー氏は語る。「スカイダイビングは、他のどんなものにも代えがたい経験です。それは特別なものであり、私の心から離れません。子供の頃から空を飛ぶことを夢見ていましたが、今回その夢が叶い、今でも信じられません」

「王国初の女性スカイダイバーの一人となったこと、それはこの偉大な国にとっての偉業であり、私もチームメイトもとても誇りに思っています。母は私の一番のファンであり、挑戦が必要なときはいつも力になってくれました」

そして、他の女性にも挑戦してほしいと語る。「スカイダイビングはとても楽しいものです。もしあなたが魅力を感じて、やってみたいと思うなら、ぜひ挑戦してください」

アル・グファイリ氏は、スカイダイビングは自分の人生観を変えたと語る。「空から飛び降りることだけが私の望みであり、自分の技術を磨いていくつもりです。それはとても素晴らしい感覚で、新しい経験が私の中の様々なものを変えてくれました。スカイダイビングは私に、もっと飛びたい、最高のレベルに届くまで、もっとトレーニングしたいというモチベーションを与えてくれました」

彼女は、冒険家であることは素晴らしいだが、簡単ではないと指摘している。「恐怖に直面したときには、常に心の中で葛藤し、挑戦する必要があります」と付け加えました。

アル・ムタイリ氏は、3人の女性の決意と勇気に感銘を受けたと語る。

「彼女たちのジャンプへの情熱が、彼女たちを今いる場所へと導きました。今度は彼女たちが、若者、少女たちにインスピレーションを与える存在になることを願っています」

「軍やいくつかの市民団体と密接に関連しているスカイダイビングは、王国のスポーツ活動として取り入れるには近寄りがたい存在であったことは否定できません」

「連盟が主催するイベントのたびに、参加希望者が増えていることを実感しています。しかし、パラシュートの養成には、それを前提としたクラブの存在が必要です。それを連盟は求めています」

アル・ムタイリ氏は「今のところ連盟の活動は、空挺部隊のスキルを向上させ、クラブが活動やトレーニングを行うための規則や仕組みを制定することに限られています」と付け加えた。

特に人気
オススメ

return to top