Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビア、コロナ新種株発生のため、アフリカ7ヶ国からの発着便を停止

サウジアラビア、コロナ新種株発生のため、アフリカ7ヶ国からの発着便を停止

駐在員はサウジアラビアに到着する14日前以内に記載された国のいずれかに滞在していた場合、入国を拒否される。(File/AFP)
駐在員はサウジアラビアに到着する14日前以内に記載された国のいずれかに滞在していた場合、入国を拒否される。(File/AFP)
Short Url:
28 Nov 2021 11:11:45 GMT9
28 Nov 2021 11:11:45 GMT9

アラブニュース

ロンドン: サウジアラビアは日曜日、新たに確認されたコロナウイルスの変異種、オミクロン株が発生したため、アフリカ7ヶ国からの発着便を一時的に停止すると発表した。

7ヶ国はマラウイ、ザンビア、マダガスカル、アンゴラ、セーシェル、モーリシャス、コモロであると、内務省の関係者はサウジアラビアの国営通信社SPAに語った。

駐在員はサウジアラビアに到着する14日前以内に記載された国のいずれかに滞在していた場合、入国を拒否される。

入国を許可された国民や外国人は、ワクチン接種済みの人も含め、5日間の隔離が必要となる。

内務省は、11月1日以降、入国禁止リストに載っている国に渡航した後にサウジアラビアに入国した人に、PCR検査を受けるよう呼びかけた。

特に人気
オススメ

return to top