Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジ当局が海上災害訓練を実施

サウジ当局が海上災害訓練を実施

この訓練は、150人の乗客を乗せたMD-90型機で全面的な救助・避難作戦を行う2時間の想定で行われた。(提供写真)
この訓練は、150人の乗客を乗せたMD-90型機で全面的な救助・避難作戦を行う2時間の想定で行われた。(提供写真)
この訓練は、150人の乗客を乗せたMD-90型機で全面的な救助・避難作戦を行う2時間の想定で行われた。(提供写真)
この訓練は、150人の乗客を乗せたMD-90型機で全面的な救助・避難作戦を行う2時間の想定で行われた。(提供写真)
この訓練は、150人の乗客を乗せたMD-90型機で全面的な救助・避難作戦を行う2時間の想定で行われた。(提供写真)
この訓練は、150人の乗客を乗せたMD-90型機で全面的な救助・避難作戦を行う2時間の想定で行われた。(提供写真)
Short Url:
23 Dec 2021 08:12:06 GMT9
23 Dec 2021 08:12:06 GMT9
  • 想定には燃料流出、火災、怪我をした乗客などに対する訓練が盛り込まれ、各機関が緊急事態対応の適切な手順を実演した

ナダ·ハミード

ラービグ:サウジ当局は、海上での緊急事態に備えるための実践演習を開催し、サウジの即応体制を強化し、海洋安全と環境保護を向上させた。

海難事故は、人的·物的損失、水質·大気汚染、環境破壊などを引き起こす可能性がある。事故を防止することは、海上災害管理に関する国家計画の重要な焦点となっている。

22日に、メッカ州のラービグ県の領海で、実践演習「捜索·救助43」が行われた。

この訓練は、サウジアラビア国境警備隊長官でサウジの地方水域の海上災害管理常設委員会委員長のモハマド·ビン·アブドゥラー·アル·シェフリ将軍を含む、国境警備隊幹部が監督した。

さらに、政府機関や非政府機関の31人も参加した。

これは、燃料の流出、溺死、火災、爆発、人命の損失につながる衝突事故や墜落などの海上災害に備えることが目的だった。

ジッダの北45マイルの紅海沿岸で行われたこの訓練は、客室乗務員を含む150人の乗客を乗せたマクドネル·ダグラスMD-90型機で全面的な救助·避難作戦を行う2時間の想定で行われた。

訓練は中でも特に国境警備隊、民間防衛局、サウジ赤新月社、旅券総局などが実施し、サウジの国内当局間の協力を実演した。

想定には、燃料流出、火災、怪我をした乗客などに対する訓練が盛り込まれ、各機関が緊急事態対応の適切な手順を実演した。

この演習により、事故や災害に直面した時の政府機関や非政府機関の共同での任務遂行力が高まった。

アル·シェフリ氏は次のように述べた。「今日我々が目にしたものは、国内当局間の素晴らしい協力と、その任務遂行や事態の収拾におけるプロフェッショナリズムを示している」

「このような演習を通して、我々は捜索·救助活動において世界最高レベルに達することを目指している。飛行機から避難する想定は、このような災害がめったに発生しないにも関わらず実施された。しかし、これは国際基準に従って実施されたものだ」

同氏は、想定の提案に関わったプリンス·スルタン航空科学アカデミーに感謝した。

アル·シェフリ氏は、実際の海上災害の収拾にはしばしば数日かかる可能性があるが、想定の演習や実践を通じて、対応や復旧の時間は短縮できると付け加えた。

「我々はさらなる進歩を楽しみにしている」と、アル·シェフリ氏は述べた。

訓練の全段階は、ジェッダ海上救助調整センターが管理·調整し、各当局の目標·目的の達成を後押しした。

この訓練は、海上災害の犠牲者を支援することを目的としたこれまでの会議や取り組みの延長として実現した。

特に人気
オススメ

return to top