Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビア、文化観光客を迎える準備万端

サウジアラビア、文化観光客を迎える準備万端

ユネスコ世界遺産に登録されているジェッダ旧市街の歴史あるアルバラドの路地で散策を楽しむ観光客。ラマダン中には、お祭り、食品屋台、文化活動によってより賑わう。(提供)
ユネスコ世界遺産に登録されているジェッダ旧市街の歴史あるアルバラドの路地で散策を楽しむ観光客。ラマダン中には、お祭り、食品屋台、文化活動によってより賑わう。(提供)
Short Url:
23 Apr 2022 06:04:48 GMT9
23 Apr 2022 06:04:48 GMT9
  • ラマダンの風景と音は多くの旅行者の来訪の序章だと、ガイドはいう
  • サウジアラビア政府は計画の調整のために全地域に業界団体を設立した

ナダ・ハミード

ジェッダ:2年ぶりにラマダンの風景と音が外国人観光客にサウジアラビアの豊かな文化の一端を見せており、予想されている同国の幅広い魅力を体験しようとする多くの旅行者の来訪にぴったりの序章となっている。

文化観光業界を支援するため、2019年に50か国以上の国民に観光ビザの発給が開始された。しかし、2020年の初めに新型コロナウイルス感染症のパンデミックが始まったため、国外旅行が全てなくなった。

今年のラマダンは、観光ビザを使用する旅行者を歓迎するチャンスとなっている。聖月(ラマダン)の間は営業時間が短くなったり変更になったりするが、サウジアラビアは外国人観光客がイスラム・サウジアラビア文化を経験できるようにいくつかのイベントを企画した。

アラブニュースは最近、ユネスコ世界遺産に登録されているジェッダの古い歴史地区でツアーガイドを務め、スペイン人観光客らをアルバラドの路地に案内してきたアブドゥラー・アシリ氏に話を聞いた。

「サウジアラビアは歴史と自然の魅力、ユニークな冒険に満ちあふれています。国内のひとつの空港から別の空港への移動が素晴らしく手軽で、(そのため)観光客は王国にいる間に複数の地域を訪れることができます」とアシリ氏は述べた。

サウジアラビアは歴史と自然の魅力、ユニークな冒険に満ちあふれています。国内のひとつの空港から別の空港への移動が素晴らしく手軽で、(そのため)観光客は王国にいる間に複数の地域を訪れることができます。

ツアーガイドのアブドゥラー・アシリ氏

リヤドのディルイーヤ、アスィールのRijal Almaなど、国内各地に観光客に解放されている史跡がある。観光客はNeomの砂漠、ジーザーンの釣り場、アブハーの山々、マディーナにあるアル・ウラーの古代都市を訪れることもできる。

文化観光のコンセプトは動き回る人々に大きく依存する。そのおかげで人々やその物語に触れ、地元料理を食べ、ダンスなどのさまざまな種類の芸術を体験できる。

サウディア航空の客室乗務員でもあるアシリ氏は、世界中を旅することで、新たな文化を体験することに情熱を燃やす人々がいることに気付いたため、ツアーガイドを務める決断をしたという。

同氏によると、サウジアラビアが渡航禁止を解除し、ビザの取得を容易にしたことをきっかけとして、アルバラドにかなり多くの観光客がやって来ているという。

「(規制解除の)後に会った旅行者の多くは、我々地元民が決して(やろうと)考えない王国の多くの観光地への訪問にどれほど興奮しているかを聞かせてくれました」

聖月の間の文化観光に関して、ラマダンの夜、アルバラドの見どころ、サウジアラビアの伝統料理が並ぶお祝いのイフタールとスフールの食事が、いかに外国人観光客によると「価値がある」かを、アシリ氏は説明してくれた。

「多くの活動が夜に始まるため、ラマダン中に王国を訪れるのがどれほど不安かを、グループのメンバーのひとりが教えてくれました。しかし、ひとたび素晴らしいラマダンの夜、テント、地元料理の売店を目にすると、彼女は考えを変え、夜間ツアーでのあらゆる経験や探検に感動していました」と同氏は述べた。

アシリ氏は外国人観光客に対し、午後にジェッダ・コーニッシュの夕日を体験し、博物館を訪れ、午後8時以降に夜のアルバラドを楽しめるようにすることを勧める。

20万年の人類居住の歴史を有し、世界最大の開放型博物館とうたわれるアル・ウラーも、訪れる価値のある場所だ。4月2日から5月7日まで、健康とウェルネスを愛する人々に向けた日中の野外アクティビティが開催されており、現在では文化、芸術、伝統が交わる場所となっている。

アル・ウラーのフェスティバルとイベントの公式アカウント @AlUlaMoments は4月20日に次のようにツイートした。

「今年の #RamadanInAlUla (アル・ウラーでのラマダン)で断食するにしろ、くつろぐにしろ、息をのむような #Hegra の #UNESCO 登録史跡を体験しましょう。自転車で冒険したり、ヴィンテージのランドローバーで周遊したり、ハンドクラフト・パビリオオンをチェックして、自分のペースでこの史跡を探検しましょう」

観光客はこの街の古代の風景や自然の美しさの中で聖月を祝い、アル・ウラーの最新レストランでイフタールやスフールを楽しむことできる。

サウジアラビア閣僚評議会は今月、政府機関の動きを調整するための観光開発評議会の支部を全地域に設立することで合意した。

観光評議会の目的は、国の観光政策の目標を達成し、観光地を開発し、おもてなしの施設をアップグレードし、投資を引きつけることだ。

特に人気
オススメ

return to top