Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • クアッド、イエメン停戦を頓挫させる攻撃であるとし、フーシ派の軍事強化を非難

クアッド、イエメン停戦を頓挫させる攻撃であるとし、フーシ派の軍事強化を非難

サウジアラビア、アラブ首長国連邦、英国、米国は、最近ホデイダで行われた、ホデイダ合意に違反するフーシ派の軍事パレードを非難した。(File/AFP)
サウジアラビア、アラブ首長国連邦、英国、米国は、最近ホデイダで行われた、ホデイダ合意に違反するフーシ派の軍事パレードを非難した。(File/AFP)
Short Url:
26 Sep 2022 01:09:53 GMT9
26 Sep 2022 01:09:53 GMT9
  • クアッド諸国が、タイズ周辺の主要道路を開放するようフーシ派に要請
  • イエメンの大統領指導者評議会への支持を再確認し、評議会の結束の重要性を強調

アラブニュース

ロンドン:サウジアラビア、アラブ首長国連邦、英国、米国の4か国が、イエメン停戦を頓挫させる恐れのあるフーシ派の大規模な軍事強化およびすべての攻撃を非難した。

クアッドと呼ばれるそれら4国が最近会合を開き、イエメン情勢について議論、フーシ派によるタイズへの最近の攻撃や、ホデイダ合意に違反して今月初めに軍事パレードをホデイダで行ったことを非難した。

クワッドは、4月2日に始まったイエメンでの停戦により、イエメン国民に有形の利益がもたらされたこと、および同国政府が信頼の醸成に向けた合意措置を継続的に実施していることを歓迎した。

4か国は、制度化された船舶の通関手続きがフーシ派の命令により遅れたにもかかわらず、ホデイダ港に燃料が到着し、サヌア空港を発着する便の運航が再開されたことを歓迎した。

各国は、フーシ派によるタイズ周辺の主要道路の開放や、公務員給与の支払いのための共同メカニズムに関する合意など未実施の措置の実施を求めた。

クアッドは、10月2日に更新期限を迎える停戦を延長・拡大する国連特使ハンス・グルンドベリ氏の取り組みを全面的に支持し、停戦の全条件が完全に実施されなければならないと述べた。

また、クアッド4か国の政府は、国連の支援の下での恒久的な停戦と、持続的な政治的安定がイエメンの政治プロセスの最終目標でなければならず、そうした目標が、合意された基準と関連する国連安保理決議に基づいて達成される必要があることでも合意した。

4か国はイエメンの大統領指導者評議会への支持を再確認し、評議会の結束の重要性を強調するとともに、紛争で疲弊した同国の基本的なサービスと経済の安定性を向上させる評議会の公約を歓迎した。

特に人気
オススメ

return to top