Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • トルコ軍とクルド人武装組織、シリアのコバニで激しい砲撃の応酬

トルコ軍とクルド人武装組織、シリアのコバニで激しい砲撃の応酬

2015年に米国が支援するクルド人武装組織がダーイシュを追い出して以来、コバニでは比較的平穏な状況が続いていた。(AFPファイル写真)
2015年に米国が支援するクルド人武装組織がダーイシュを追い出して以来、コバニでは比較的平穏な状況が続いていた。(AFPファイル写真)
Short Url:
16 Aug 2022 08:08:59 GMT9
16 Aug 2022 08:08:59 GMT9
  • コバニとその周辺では砲撃が夜から始まり、日中にかけて激化した

ベイルート:火曜日、シリア北部の国境の町コバニにおいて、米国が支援するクルド人武装組織とトルコ軍が激しい砲撃を交わした。戦闘は激化し、民間人1人が死亡した。

コバニを統治している半自治の地元当局や住民の話によると、コバニとその周辺では砲撃が夜から始まり、日中にかけて激化した。

当局はオンライン声明で、砲撃により少なくとも1人の子供が死亡し、負傷者も出たことを明らかにした。
トルコ政府は、クルド人諸派が主導しシリア北部と東部を統治しているこの半自治体制を、国境における国家安全保障上の脅威と見なしている。

トルコのタイイップ・エルドアン大統領は、シリア北部に30キロメートルの安全地帯を作り、米国が支援するシリア民主軍(SDF)が掌握するコバニなどの町を奪取するために、新たな侵攻を行うことを宣言している。

2015年に米国が支援するクルド人武装組織がダーイシュを追い出して以来、コバニでは比較的平穏な状況が続いていた。
しかし、国境の町の多くで砲撃とドローン攻撃が激化している。先月には少なくとも3人のクルド人司令官が死亡したが、SDFはこれをトルコの攻撃によるものだとしている。

商店の店主で既婚の一児の母であるディルヴィンさんは、コバニで火曜日に砲撃が激化すると混乱状態が生じたと話した。

「あちこちで人や車が逃げ回って、友達や家族の行方を尋ねていました。その後、音が鳴り始め、そこら中が音で溢れました」と、彼女はロイターの取材に対しコバニから電話で語った。

「叫び声がたくさん聞こえました。とても怖かったです。今は皆家に閉じこもっています」とディルヴィンさん(身の安全を考えてファーストネームだけの公開を希望)は語った。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top