Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 米国は、8月1日からサウジアラビア人のビザ有効期間を10年に延長する

米国は、8月1日からサウジアラビア人のビザ有効期間を10年に延長する

マルティナ・ストロング米国臨時代理大使。(米国大使館)
マルティナ・ストロング米国臨時代理大使。(米国大使館)
Short Url:
02 Aug 2022 04:08:39 GMT9
02 Aug 2022 04:08:39 GMT9
  • 米国臨時代理大使であるマルティナ・ストロング氏によると、8月1日より、ビジネスや観光で米国に渡航するサウジアラビア国民は、10年間のビザを取得することができるようになる
  • 在ジェッダ米国総領事のファリス・アサド氏は、ビザの有効期間が5年から10年に延長されたことは、両国の数十年にわたる強力なパートナーシップの賜物であると述べた

ラーシド・ハッサン

リヤド:米国は8月1日(月)より、サウジアラビア国民のビザの有効期間を5年から10年に延長する予定だ。

「米国とサウジアラビアの人々は、社会的にも商業的にも、長く続く誇るべき繋がりと交流の歴史を持っています。サウジアラビア国民の米国ビザの期間を延長することは、それぞれの国の人と人との関係を深め、両国の相互理解を深める最も確実な方法の1つです」と、米国大使館はツイッター上で述べている。

在サウジアラビア米国外交官のトップは、このビザが両国の関係をより深めると考えている。

マルティナ・ストロング米国臨時代理大使や、ファリス・アサド在ジェッダ米国総領事、デビッド・エジントン在ダーラン米国総領事は、31日にリヤドの米国大使館のツイッターアカウントから共同ビデオメッセージをツイートした。

ストロング氏は次のように述べた。「先日のバイデン大統領の訪問の間、両国はいくつかの重要な新構想を発表しました。そのうちの1つは、我々の重要な優先事項の1つである、それぞれの国の人と人とのつながりに直接関係するものです。我々は8月1日より、ビジネスや観光で米国を訪れるサウジアラビア国民が10年間のビザを取得できるようになることを発表しました」

「この朗報を皆様と共有し、今後数カ月、数年のうちに、多くのサウジアラビアの方々を米国でお迎えできることを大変うれしく思います」と、ストロング氏は付け加えた。

新しいビザの情報は、米国大使館のツイッターアカウントやウェブサイトで見ることができると彼女は説明した。

アサド氏は次のように述べた。「今回のビザ有効期間の5年から10年への延長は、数十年にわたる両国の強いパートナーシップの成果であり、両国間の互恵的なビジネスおよび観光旅行をさらに促進するものです」

エジントン氏は次のように述べた。「今回のビザ有効期間の延長は、それぞれの国の人と人とのつながりを強めることになります。米国国民も今後、サウジアラビアを訪問するための10年間のビザを取得できるようになります。その結果、両国の国民が互いに会い、互いの文化を知り、永続的なつながりを作る機会が増えるでしょう」

先月、米国はサウジアラビア国民の訪問ビザを5年から10年に延長することを発表した。この発表は、ジョー・バイデン米大統領が大統領に就任後初の中東歴訪の一環として、2日間の公式訪問のためサウジアラビアに到着し、サルマン国王や、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子、その他のサウジアラビア高官に会った翌日に行われた。

米国大使館は声明の中で、訪問ビザの有効期間の延長は、両国間の観光とビジネスを促進することを目的としていると述べた。

「旅行を促進することは、サウジアラビアと米国の経済の繁栄に貢献し、商業的パートナーシップを後押しし、米国国民とサウジアラビア国民の間の相互理解を高めます」と、声明で述べられた。

特に人気
オススメ

return to top