Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビア外相「湾岸諸国と中央アジア諸国は成長をもたらす大きな可能性秘める」

サウジアラビア外相「湾岸諸国と中央アジア諸国は成長をもたらす大きな可能性秘める」

リヤドで開催されたGCC諸国と中央アジア諸国との初の合同閣僚会議で発言するサウジアラビアのファイサル・ビン・ファルハーン外務大臣。(SPA)
リヤドで開催されたGCC諸国と中央アジア諸国との初の合同閣僚会議で発言するサウジアラビアのファイサル・ビン・ファルハーン外務大臣。(SPA)
リヤドで開催された、GCC諸国と中央アジア諸国との初の合同閣僚会議で発言するサウジアラビアのファイサル・ビン・ファルハーン外相。(SPA)
リヤドで開催された、GCC諸国と中央アジア諸国との初の合同閣僚会議で発言するサウジアラビアのファイサル・ビン・ファルハーン外相。(SPA)
水曜日、リヤドで開催されたGCC諸国と中央アジア諸国との初の合同閣僚会議。(SPA)
水曜日、リヤドで開催されたGCC諸国と中央アジア諸国との初の合同閣僚会議。(SPA)
Short Url:
08 Sep 2022 12:09:42 GMT9
08 Sep 2022 12:09:42 GMT9

アラブニュース

  • ファイサル王子は、湾岸諸国と中央アジア諸国は、貿易、投資、観光、エネルギーの分野で得られるチャンスについて議論することに意欲的であると述べた。

ジェッダ:湾岸協力会議(GCC)とカザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンの外相による戦略対話の初の合同閣僚会議が水曜日にリヤドで開かれ、世界経済回復に向けた取り組みを促進するための協力体制が主要な議題として取り上げられた。

議長は、サウジアラビアの外務大臣でGCC閣僚理事会の議長を務めるファイサル・ビン・ファルハーン皇太子が務めた。

ファイサル王子は、世界的な課題に鑑み、両地域の国々の共同協力を強化することの重要性を強く訴えた。

「私たちの間の協力分野は限りがなく、最終目標は我々の国の安定と繁栄を実現することです」と、ファイサル王子は述べた。

さらに「湾岸諸国と中央アジア諸国を結びつける多くの絆と長い歴史があります」と続けた。

また国際基準を尊重し、持続可能な経済回復を促進するための条件を整えながら、地域的・国際的な政治的緊張を緩和することを目的としたあらゆる取り組みを支援することの重要性を訴えた。

参加者は、UAEのハリファ・シャヒーン・アルマラー国務大臣、バーレーンのアブドゥラティフ・ビン・ラシッド・アル・ザヤニ外相、オマーンのサイード・バドル・アル・ブサイディ外相、カタールのシェイク・ムハンマド・ビン・アブドルラフマン・アール・サーニー外相、クウェートのアフマド・ナーセル・アル・ムハンマド・アル・サバーハ外相、GCC事務総長のネイフ・ファラ・ムバラク・アルハジャフ氏、ウズベキスタンのウラジミール・ノロフ外相代理、トルクメニスタンのラシッド・メレドフ外相、タジキスタンのシロジディン・ムリディン外相、カザフスタンのムフタル・ティルベルジ外相、キルギスのジエンベック・クルバエフ外相などだ。

ファイサル王子は、湾岸諸国と中央アジア諸国は、両地域の国と国民の共同協力、繁栄、成長を強化するための出発点として、貿易、投資、観光、エネルギーの分野で得られるチャンスについて熱心に議論していると述べた。

また、湾岸諸国と中央アジア諸国との継続的な協力の重要性について改めて強調した。

各国外相はこの会議の開催を歓迎し、共通の価値観と利益、各国民の間の深い歴史的関係、様々な分野における二国間及び多国間レベルの既存の協力に基づき、国家間で強力かつ野心的な将来のパートナーシップを確立することへのコミットメントについて強調した。

各国外相らは、多くの地域的及び国際的な問題について意見交換を行い、会談中に確立された戦略的対話メカニズムを通じて、それぞれの立場を調整することの重要性を訴えた。

特に、新型コロナウイルス感染症の流行による影響に対処するための協力、サプライチェーンの回復、物流・通信、食料安全保障、エネルギー安全保障及び水安全保障、グリーンエネルギー源及び技術の開発、環境課題及び気候変動、教育、あらゆる分野におけるベストプラクティス及び経験の共有、並びに適切な貿易・投資メカニズムを含むビジネス機会の創出及び投資支援に関する合意の必要性が挙げられた。

また、7月21日にキルギスのチョルポン=アタで中央アジア諸国の首脳が承認した多国間枠組みの一部である中央アジア諸国間の交流の原則、目標、優先順位と、これらの国々との協力強化に関するGCCの決定との関連性の重要性についても確認した。

これらの目標達成のために、2023年から2027年までのGCCと中央アジア諸国の戦略的対話と協力のための共同行動計画が承認された。この計画には、政治・安全保障対話、経済・投資協力、国民間のコミュニケーション強化、両地域の国々のビジネス部門間の効果的なパートナーシップの確立が含まれている。

各国外相は、二国間及び多国間レベルにおいて、計画の迅速かつ最大限の実施を確保するために必要なすべての措置を講じると述べた。

また、2023年6月にヌルスルタンで開催される第1回GCCおよび中央アジア諸国経済フォーラムの開催地としてカザフスタンが選ばれたこと、そして来年サマルカンドで開催される第2回戦略対話の閣僚会合にウズベキスタンが選ばれたことを歓迎した。

特に人気
オススメ

return to top