Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 「ペスト」の日本語版の発行部数が増加

「ペスト」の日本語版の発行部数が増加

08 Apr 2020
アルベール・カミュの小説「ペスト」の日本語版。
アルベール・カミュの小説「ペスト」の日本語版。
Short Url:
Updated 08 Apr 2020
08 Apr 2020

アルベール・カミュの「ペスト」の日本語版の発行部数が累計100万部を突破し、2月以降7回にわたり15万4,000部が増刷されている。

コロナウイルスのパンデミックが直撃して以降、人々はこの本を次々と手に取り、書店チェーンは本の買い占めを抑制するため、1購入者につき1冊に購入を制限した。

「この本は、このような非常事態に全ての人々が直面した時に、我々が人生をどのように生きなければならないのかという根源的な問いに関する見識を人々にもたらしています」と、版元の新潮社の広報担当者のマミヤ・モリトが水曜日、語った。

1947年に当初フランス語で出版され、1969年に日本語で出版されたこの小説は、北アフリカの都市でペストが蔓延する中、人間存在のジレンマを描いている。通常の年なら、この古典は約5,000部が日本で売れているが、現在は日本の主要な書店で文学としては第1位の売れ行きとなっている。

通信

topics
Most Popular
Recommended

return to top